2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2017年7月15日 (土)

秋田3日目-2 (川原毛地獄、泥湯)

Img_6991_r Img_6986_r
朝風呂から出て少しして朝食。食後のコーヒーはロビーにてセルフサービス。

部屋から見える吊り橋で写真を撮ってからまた露天風呂(^^♪

Img_6981_r Img_7006_r
落ち着いてからチェックアウト。

近くで朝市をやっているというポスターを見たので行ってみるが・・・
たった3件の露店があるだけでなんとも拍子抜け。

川原毛地獄を目指して公道から山道へ。地図を見ると宿からはそう遠くないようにみえたが、カーブだらけのくねくねの山道でスピードもだせず意外となかなか距離が縮まらない。

Img_7027_r Img_7030_r
どんどん山の中に入っていく。

青森の恐山、富山の立山と並ぶ日本3大霊地の一つの川原毛地獄。
数年前には火山性の有毒ガスを吸って亡くなった人もいるとのこと。
やっと到着。

Img_7041_r Img_7048_r
山肌の遊歩道を歩くのはやめて、写真だけ撮る。すごい、山肌が白い。猛毒の白煙がもうもうとたつ箇所が見える。 白く濁った湯溜まり。

そのまま川原毛大湯滝に向かう。

Img_7052_r Img_7055_r
途中、これもまた秘湯の泥湯を通る。人も少ない。なんとなくさびれた雰囲気(^◇^;)

目指す川原毛大湯滝は泥湯からさらにあり、さきほどの川原毛地獄からはかなり離れている。
しかも向かう道は途中から片側1車線程度の狭い山道になり、対向車が来ると非常に面倒。
湯尻沢渓谷にある高さ20Mほどの湯滝は駐車場から遊歩道を約15分歩いたところにある。
夏は天然の露天風呂になっている(水着着用)。


Img_7062_r Img_7065_r
駐車場に到着するも、結局時間があまりなかったので遊歩道途中、滝の音がしてきたかなと思われる右の写真の場所あたりまで行って引き返す。
おそらく滝は木々の向こう側の下の方にあったのかも??

帰りは大曲まで行ってレンタカーを返さなければならず、時間もギリギリであまり余裕がなくなってしまったのはちょっと残念だったけど、天気にも恵まれ、目的地までの道のりも楽しめたとても気持ちのいいドライブでした。

秋田新幹線で東京へ・・・旅ができることに感謝(^^♪

2017年7月14日 (金)

秋田3日目-1(鷹の湯温泉ふたたび。露天風呂と野天風呂)

朝早めに目が覚め、朝食前にお風呂へ(^^♪
夫が野天風呂に行くというので見てみたいし誰もいなければ写真も撮ろうかなと、一緒に行く。
(私には入る勇気はない(笑))

Img_6954_r Img_6908_r
この右側の出入り口から外に出る

Img_6909_r Img_6911_r
途中、足湯がある

Img_6913_r Img_6948_r
殿方露天風呂の横、そして1段高いところにある婦人露天風呂の横を行く。

Img_6949_r Img_6947_r
この辺から川の近くに下がっていく。後ろを振り向いたときのアングル。

Img_6946_r Img_6952_r
Img_6916_r Img_6915_r_2
野天風呂到着。すぐ横に川が流れ、右側ちょっと奥には滝が見える。

Img_6936_r Img_6930_r
写真右は野天風呂付近から来た道を方向を臨む。

遠くに小さな滝が見えて、青空の下のお風呂はやっぱり気持ちがよさそう。
湯温も夜に冷えてちょうどよくなっている。
こういうお風呂は実質男性しか入れないんですよねぇ・・・仕方ないですが。
でも、ここの婦人露天風呂、負けずに素敵です(^^♪

また誰もいないので。


Img_6956_r Img_6960_r
川のせせらぎと鳥の声だけが聞こえる露天風呂、余計静けさを感じる。

日本の秘湯を守る会の温泉、私は北海道の支笏湖の温泉以来2つめでした。
ずっとあり続けてほしいものです。

2017年7月13日 (木)

秋田2日目-2(秋の宮温泉郷「鷹の湯温泉」)

角館を後にして本日のお宿のある秋の宮温泉郷へ。
ここは秋田と言ってもかなり南に位置していて山形・宮城・岩手の県境にも近い場所。
秋田県最古の温泉郷で、流れる役内川は「釣りキチ三平」のロケ地だそう。

Img_6847_r
途中、道の駅「雁の里せんなん」道の駅「十文字」に立ち寄る。
十文字は結構広く、品ぞろえも豊富。野菜などは買っても持って帰れないのでお菓子のお土産をいくつか購入。

3時40分ごろ秋の宮温泉郷「鷹の湯温泉」到着。

Img_6854_r

車でないと行きにくい場所で、最寄りの湯沢駅から車で40分程かかる。
公道からそれてすぐ。森の中に入っていき気持ちがいい。川沿いに建つ。

Img_6861_r Img_6867_r
畳二間と窓際のカーペットのスペースがある広い部屋。洗面所などはこの写真では右奥。
建物は古いが快適。 窓を開けると目の前に役内川。

さっそく内風呂(大浴場は女性は6時まで、その後男性とチェンジ)と露天風呂へ。
そして落ち着いてから夕食。

Img_6883_r
ちょうどいい量だった。いぶりがっこ、とんぶり、じゅんさいが秋田の3大名物。
この食事には特になかったが(^◇^;)

夜、また露天風呂に行ってみた。宿泊者もそう多くないので誰もいなかったので写真を(^^♪
以下は帰り道なので逆方向の写真です~

Img_6904_r Img_6903_r
婦人露天風呂へ。結構遠い・・・長い廊下を進み・・・
Img_6902_r Img_6901_r
階段を登ってもまだ先が(笑)

Img_6900_r Img_6897_r
婦人露天風呂に通じる廊下。さらに階段を登る。

Img_6899_r
やっと到着(^^♪

Img_6893_r Img_6894_r
コの字型に長細い露天風呂。お湯は無色透明、硫黄臭はない。
昼間はお湯は熱めだったが夜はちょうどよかった。至福の時(*^^*)・・・

2017年7月12日 (水)

秋田2日目-1(角館(青柳家、石黒家、安藤醸造本店、食堂いなほ))

8時40分、チェックアウトして夫と合流(^-^)/ここからは二人旅です(^^♪

Img_6696_r Img_6699_r
レンタカーで9時前頃秋田市内から東南の角館目指して出発。

角館は市ではなく仙北市角館町。北側に武家屋敷がつづく緑の多いしっとりした町で内町、南側は町人の町で外町と呼ばれている。町が造られた当時の1620年には武家屋敷250戸、町家420戸。収めていた芦名氏断絶の後は佐竹北家が入部、秋田藩の所領としては一門筆頭の城下町だった。当時のままその面影が残っていて、今もその子孫等が住んでいる家も多い。

10時ちょっと前に角館到着。
Img_6703_r Img_6706_r
枝垂桜が多く趣がある街並み

Img_6701_r Img_6702_r
おばさん(ばば)がヘラを使って作るからババヘラアイスというとか(笑)
稲庭うどんの乾麺はあちらこちらに売っている。

Img_6776_r Img_6717_r
青柳家 400年の歴史がある名家。なんと3000坪。

Img_6718_r Img_6737_r
Img_6726_r Img_6731_r
貴重な文献や、寄贈されたレコードなど、が収蔵されている。

Img_6757_r_2 Img_6759_r
石黒家 佐竹北家に従えた財政担当の家柄。ここは座敷に上がって見学できる。
家の中について簡単に説明もしてくれる。

Img_6764_r Img_6775_r
亀の透かし彫り。日の光が差しこむと向こう側に影が写る。
樹齢300年を超えるもみの木。立派!

Img_6778_r Img_6786_r_2
Img_6803_r
しだれ桜やモミジが美しい。

Img_6807_r Img_6818_r
商家安藤醸造本店 みそ、しょうゆ等醸造。

Img_6819_r Img_7102_r
蔵の中が小さな喫茶風になっている。味噌やつゆなどの試飲ができる。
そばつゆと味噌を購入。

Img_6831_r Img_6825_r
ちょうどお昼時。ランチはいなほ にて。私は稲穂風稲庭うどん

Img_6829_r
夫はがっこ懐石・・・味はちょっと今一つだった模様(^◇^;)

4台ある駐車場は空いていなかったが、すぐ斜めの駐車スペースに停めていいという。
よその場所だと思うがいいのか(^◇^;)・・・もちつもたれつ?土地も余って?!いるかな。

さて、角館の後、田沢湖に行くかどうか迷ったが、やめてそのままその日の宿泊地秋の宮温泉郷へ向かいます・・・

«秋田1日目-2(秋田市民市場、比内地鶏「本家あべや」、竿燈)

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!