2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

2017年12月11日 (月)

浜松への旅2日目-3、3日目(舘山寺温泉・時わすれ 開華亭)

舘山寺温泉観光協会が浜松駅から現地まで1日4本の無料の送迎シャトルバスを出していて、直通で約40分で着く(宿泊利用の人のみ。事前に要予約)。

舘山寺温泉はイメージ的には熱海のような感じかな?!
純和風の温泉旅館街というよりホテル系が多い印象で、源泉かけ流しの秘湯のような温泉とは違う。が、浜名湖が眼下に広がるロケーションに恵まれている。

時わすれ開華亭
http://www.kaikatei.com/

Img_0982 Img_0985
Img_0986 Img_0990
部屋からは浜名湖が一望できる

Img_1037 Img_1044
女湯はこんな感じ・・・朝早くの誰もいなかったときにささっと撮りました(^◇^;)
お湯は無色透明。女湯の景観は今一つだけど仕方ないかな。
 

Img_1006 Img_1013
夕食、朝食の上げ膳据え膳も満喫しました(^^♪ 

今回浜名湖ではまったく観光をせず、ただただ温泉でのんびり。

次の日はチェックアウト後、どこにも行かずに10時のシャトルバスで浜松駅へ。
購入していた新幹線の切符は12時11分。
時間が中途半端にあまるので、出発時刻を早いものに換えようと駅のみどりの窓口に並ぶものの、列もあまり進まないし途中でやめて予定時刻のひかりで帰宅しました。

浜松駅のみどりの窓口ってすごく並んでいます。そういえば前日も列を見かけて、なんであんなに混んでいるのかしらんと。
帰る時間を決めていない人が新幹線の切符を買うから??
浜松に行くなら、帰りの切符は事前購入必須です。

品川には1時33分、1時間22分で着いてしまう。近いですよね、浜松(^^♪
タイムリーに直虎もたくさん味わうことができて面白い旅でした(*^^*)

2017年12月10日 (日)

浜松への旅2日目-2(石松ぎょうざ、浜松城)

11時6分浜松着の新幹線に乗ってくる夫を迎えに駅へ。
無事合流、夫の荷物を私のホテルに預けてから駅に繋がるショッピングエリアの中の餃子屋さんへ。

石松ぎょうざ JR浜松駅店
http://www.ishimatsu-gyoza.co.jp/

Img_0907_r Img_0914_r
本店は老舗、浜松餃子の元祖。15分弱並んで入店。

Img_0910_r Img_0912_r
前日のむつぎくと比較すると皮は厚め(普通)、キャベツよりも肉の味が若干強め、普段よく食べる餃子の味に近いかな。個人的にはむつぎくのほうが好みだったけど、パリッとした皮からアツアツの具、餃子って本当に美味しい。

その後そう遠くないのでタクシーで浜松城へ向かう。
徳川家康は29才から45才までの17年間浜松城で過ごした。
天下統一への足掛かりとなった出世城
とのこと。

Img_0942_r Img_0931_r
Img_0932_r Img_0933_r
140年ぶりに復元されたという天守閣はこじんまりとしていてさほど広くない。
家康らしい?!のか派手さもない。規模的にも景色的にもさほど印象は強くない感じ(笑)


その後、時間があるのでお城の近くにあるという東照宮行ってみる。

Img_2683_r Img_0961_r
こちらも地味、他に訪れている人もいない。近所の神社風(笑)。

でも天気もいいし気持ちがいい。
そのまま徒歩で浜松駅へ戻る。
途中、駅近くの来年1月末までの期間限定のお店浜松出世の館に寄る。

Img_0966_r Img_0968_r
Img_0970_r Img_0976_r
直虎関係のお土産品の他、衣裳の展示も。テレビチャンピオンのジオラマ作者山田氏の作品もあった

そしてホテルへ荷物を受け取りに行ってから、駅3時発の送迎バスにて舘山寺温泉へ。

2017年12月 9日 (土)

浜松への旅2日目-1(浜松市楽器博物館)

浜松にはヤマハ、カワイ、ローランドなど楽器メーカーが多くあり、それがきっかけだったのか、日本初の公立楽器博物館がある。
夫との待ち合わせまでに時間があったので午前中に行ってみました。

浜松市楽器博物館
http://www.gakkihaku.jp/

Img_0765

ここはすばらしい!一見の価値ありです!

世界中の楽器3300点を収蔵していてそのうちの1300点が地域・種類・年代別に展示されていて写真撮影は自由(^^♪

Img_0767 Img_0769
Img_0777_r Img_0781_r
入館してすぐ左側の仕切りの無い広々としたフロアにはアジアの楽器が展示。
インドネシアのガムランなどが、人さえ集まれば演奏もすぐ可能なスペースをとって展示されていた。


それぞれの楽器を演奏しているところは映像でも見られるほか、各楽器の前にレシーバーがあり、ボタンを押すとその楽器が奏でられている曲を聴ける。
展示された楽器はさわれないが、そうやって音が確かめられる。

Img_0771 Img_0773_r
Img_0778_r Img_0789_r

Img_0796_r Img_0798_r
日本の楽器は時代背景の説明と共に別に展示されていた

Img_0811_r Img_0815_r
Img_0824_r Img_0826_r
Img_0816_r Img_0828_r
地階は欧米やアフリカ、オセアニアの楽器。ヨーロッパのおなじみの弦楽器、金管楽器も広くスペースをとって展示

Img_0814_r Img_0830_r
フラで使って私も持っているハワイの楽器も(^^♪。右は動物の部位を使った楽器

そして奥の展示ルームには19世紀のヨーロッパのピアノコレクションがありこれがまた圧巻!

Img_0839_r Img_0840_r
Img_0843_r Img_0845
昔の楽譜。ピアノの音の鳴る仕組みは数種あり、その方式によっての違いの説明もあり

Img_0851 Img_0852_r
ペダル部分がおしゃれ

Img_0859_r Img_0866_r

Img_0872_r Img_0877_r
Img_0879_r Img_0881_r
楽器を奏でている各国の人形のコレクションも可愛い

これほどの規模のコレクションはなかなかないと思う。
ここにない種類の楽器を見つけるのは至難の業なのでは??
時間が早かったせいもあるだろうけど来館者は少なく、たくさんの人が訪れてくれないともったいないなぁと思った。

Img_1131_r
ショップでこんなの買っちゃった♪
いろんな楽器があったけど、可愛くてきれいなのでチューバにしました(^^♪

たっぷり1時間みて、待ち合わせの時間もあって見学を切り上げましたが時間が足りないぐらいでした。
浜松駅のすぐ前にはイベントホールなどもあり、ちょっとした音楽の街ともいえる浜松の1面をみることができました。

White Christmas by Bing Crosby

ビングクロスビーのホワイトクリスマスクリスマス

Img_1174

実家にレコードがあって、子供の頃よく聴いていました(^_^*)。
これを聴かないとクリスマスって気分にならない(^-^)
彼の歌うホワイトクリスマスは誰しも聞いたことがあるのではないかなぁ。

前はテープやMDとかでも持っていたんですが、両方使わない媒体となり・・・他の曲も好きなので思い立ってCDを買ってしまいました(^-^)/
曲ごとにネットで買うよりもCDをPCに取り込んでiphoneに移そうかなと(^^♪

で、CD。聞きなれない曲が1曲入っていてみてみたら、昔聞いていた中で「赤鼻のトナカイ」が抜けていて、代わりに「Faith of our fathers」という曲が入っていました。
でもこの曲もなかなか素敵です。

ビングクロスビー、めちゃ歌がうまいっていうわけではないんだけど、声がもうクリスマスなんですよね(^^♪

«浜松への旅1日目-4(気賀関所跡、気賀駅)

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!