2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2017年9月14日 (木)

久しぶりの秋葉原・・・「CHABARA」へ

一度行ってみたいと思っていた秋葉原の「CHABARA(ちゃばら)」に友達と行ってきました♪
あいにくの雨でしたが、秋葉原駅からは電気街口を出てすぐの高架下なのでさほど支障なし。

Img_8178
信号待ちで思い出したように撮ったなんだかわからない外見。
高架下ということはお分かりいただけるだろうか(笑)


JR東日本都市開発が関わって、かつての神田青果市場跡に2013年にオープン。
日本全国からいくつかアンテナショップが集結しているといったらいいのか、、、道の駅がいくつも集まったような雰囲気です。

まずは入ってすぐ正面にある、精進料理「こまきしょくどう」にてランチ。
Img_8187 Img_8182_r
店内でお店で使っている商品を販売。八丁味噌の顆粒状の調味料は初めて見た。
Img_8183 Img_8185
3種のおかず精進定食、980円。私の選んだのはメインが「揚げ出し豆腐」、おかずが「インド炒め」「切り干し大根煮」、右は友達の「車麩のフライ」、おかずが「インド炒め」と「マリネ」。見本があったら私も車麩のフライにしたかも(^◇^;)?!

メインを3種から1つ選び、おかずを4種から2つ選ぶのだが、両方選択肢が少ないなぁと。
それに量の割にちょっと高いかな。たくさん食べる人には足りないかと思う。
でもメインは揚げたてだし、おかずも味が濃すぎず薄すぎずなかなか美味しかったです。

その後ゆっくりと時間をかけて店内を見て回る。

Img_8188 Img_8190
千葉県がもっともスペースを割いていたかも(^^♪意外と地味?!な沖縄県


Img_8194_r Img_8195_r
普段見かけない試してみたいようなものがたくさんで結構目移りします。
この白いのはつぶしたくなるような(笑)・・・

Img_8197_r Img_8198_r
意外と品切れのものも多かったりする

その後、雨風もひどいのでさほど歩かなくていい近場でお茶を
Cafe MOCO
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13045716/

違う道に面した2か所から店内に入れるようになっていて、地下にはゆったりとしたソファー席も。おひとりさまにはカウンター席もあるし、なかなか雰囲気がいいです。

Img_8201_r

Img_8200_r Img_8204_r
コーヒーのカップがいろいろでおしゃれ(^^♪

ここはお茶よりも、軽食によさそう。パニーニとかサラダとかいろいろあるようでした。
でもあまり広くないのでランチにとあてにしていくと人数によっては入れないかも?!

お茶の間、ほとんどずっとハワイアンが流れていました。CDを持っている曲、踊ったことのある曲ばかりでなかなか懐かしかったです(^^♪

その後時間もあったし、ケーキが食べたいねということで、アトレ内の「パティスリーエ カフェ・ア・ラ・カンパーニュ」でケーキを。秋葉原駅のホームに並行している長細いお店。
この店、あちこちにチェーン店があるようだけど、ここのケーキを食べたのは初めて。

Img_8206_r Img_8211_r
イチジクのタルトを選びましたが甘さ程よくみずみずしかった。他のケーキもおいしそうであれこれ迷います(^^♪

さて。ちゃばらで買ったのは・・・

Img_8214_r Img_8215_r
千葉県と言えば落花生。ピーナッツの粉末はパンを焼くときに入れるといいかなと思ったんだけど意外と賞味期限が早い。酸化しないうちに使い切りたい(^◇^;)

Img_8216_r Img_8219_r
これも千葉県房総のひじきの炊き込み飯の素。当日の夕飯にさっそく頂きました。

Img_8213_r Img_8218_r
言葉巧みなセールストークと試飲に乗せられて?!思わず買ってしまった淡路島の甘い玉ねぎスープ。右は徳島(阿波)のういろう

それにしても秋葉原、一段と外人が多かったですね。中国人のみならず欧米人も。
駅をでたところで写真を撮っている人もたくさん。
「ちゃばら」だけで帰るのはもったいないのかしらんと思っちゃいました(^◇^;)
みなさん、どんな日本を求めてここにくるのでしょうか。
一種のオタク?!の街、秋葉原はどこへ行く(笑)??

2017年9月 2日 (土)

TAKIEY(テイキー)at 都立大学駅

夏はビールでしょ~ということで、先日ネット友達が企画してくれたオフに参加してきました。
この同年代の仲間でのオフ会は結構久しぶり。
σ(^_^)自身もだんだんそういった会にも出席しなくなってきたり、、、そもそもオフ会自体も主催がまれになってきている今日この頃。

久しぶりにお会いできた仲間と楽しい時を過ごすことが出来ました。
会話に花が咲きました(^^♪・・・まぁ年代相応の話題も多かったのですがf(^_^)

TAKIEY(テイキー) Craft Beer Diner
http://www.takiey.com/
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13053792/

83535666_9
東横線都立大学駅からすぐ。

全部で18名だったのですが、お店は貸し切り。キャパは大体20名ほどのようです。

樽酒ゆえか1種類につき数杯しかない品種もありましたが種類はかなりです。
みなそれぞれどれにするか迷ってしまったのと、注ぐのにも時間が結構かかっていたようで、みんなにいきわたり乾杯までで30分強かかっていました(^◇^;)

Img_7990 Img_7996
1杯目のクラフトビアー。量が半端ないです。ナチョス、タコス、ほうれん草のクリーム煮

1496135670_73 1496135670_80
1496135837_188 1496135837_224
バイキング形式で頂きました。大人数だといろいろトライできますよね(^_-)-☆

おいしかった!有機野菜サラダや野菜料理、、、チーズ掛けのナチョスやトルティーヤでピリ辛の鶏肉を包んだものもビールにとても合います。
そして焼き立てのジャークチキンが絶品!

1496135837_166
写真手前左がジャークチキン。
皮がパリッと香ばしく、肉もジューシーで柔らかい。

小さなお店ですが4,5人で、そしてふたりで、さらっと飲みに行くのにぴったりな落ち着いた隠れ家的お店だと思います。お勧め(^^♪

2017年8月13日 (日)

函館3日目(青函連絡船記念館摩周丸、鮨処 木はら)

最終日。
今度は二人で朝市を見物。
買おうと思っていた根ぼっけの干物の真空パックを購入。

Img_7825_r

ホテルをチェックアウト、荷物を預かってもらい、徒歩で函館湾の函館市青函連絡船記念館摩周丸へ。

Img_1779_r Img_1784_r
湾ではボートの競争イベントをやっていた

青森駅と函館駅を結んでいた青函連絡船は昭和40年6月に就航、昭和63年に終航。
貨物列車も運んでいたという連絡船は結構大きい。
2017_0730_100104_r 2017_0730_100307_r
2017_0730_100415_r 2017_0730_100442_r
当時のままの操舵室や通信室、そして歴史の展示パネルや模型も。
昭和29年、台風で洞爺丸をはじめとして、運行を中止し函館湾で錨をおろしていた4隻も含めて計5隻が沈没、犠牲者総数は1430人という事故もあった。

2017_0730_103528_r 2017_0730_103510_r
疲れたら当時のグリーンの座席に座って休んだり前方に休憩室があったり。おしゃれな「飾り毛布」、おもてなしの心

Img_1808_r Img_1810_r
1日目に泊まったホテルが見える。写真右、2日目のホテルも見える

見学後、荷物を受け取り、バスで、予約していた湯の川温泉のお寿司屋さんへ。

鮨処 木はら
http://www.hakodate-kihara.com/2016/

Img_7745_r

Img_7727_r Img_7726_r
後ろには刺身包丁が飾ってある

Img_7720_r Img_7730_r
お決まり握りの「木はら」にした。お通しは中落の山掛け。右はこれまた根ぼっけの握り。甘みが優しい

Img_7739_r Img_7742_r
ぼたん海老はぷりぷりです。最後は芽ネギ

ウニやトロなど、つぎつぎと新鮮なネタの鮨を頂いて、お汁は海老。
美味(^^♪ごちそうさまでした(*^^*)

湯の川温泉からシャトルバスにてすぐ近くの函館空港へ・・・

天気にも恵まれた楽しい旅でした(^-^)v 

2017年8月 6日 (日)

函館2日目-3(地物産品御料理処 根ぼっけ、箱根山からの夜景)

夕食は予約を入れていた駅近くのお店へ。
地物産品御料理処 根ぼっけ
https://www.nebokke.jp/

根ぼっけとはホッケの2種「縞ホッケ」「真ホッケ」のうちの、海底にすみ回遊せず育った真ホッケのことで、より脂がのっているとのこと。北海道の名産。
その名前を店名にしたお店。
根ぼっけの刺身はいまだに親の遺言で食べない漁師もいるくらい危険な刺身だそう。それを世界で初めて提供したお店だそうである。

2017_0729_182205_r 2017_0729_183742_r
片側が壁、片側が机にぴったりついたついたてのような壁になっている二人用席で、まるで個室のように非常に落ち着いている。

2017_0729_183626_r

2017_0729_183942_r 2017_0729_183939_r
根ぼっけの刺身と牡丹海老。海老さん、生きて動いてるぅ(^◇^;)・・・
刺身は淡泊で、真鯛に似た食感


2017_0729_184246_r 2017_0729_184657_r
2017_0729_184831_r 2017_0729_185611_r
根ぼっけのすり身揚げと根ぼっけのホイル焼き

2017_0729_191551_r 2017_0729_192318_r
根ぼっけのフライと根ぼっけの煮つけ。

2017_0729_194059_r
店長さんのサービスで根ぼっけのバッテラを頂いた。

もう根ぼっけ三昧(笑) ホッケって癖もないし脂がのっていて美味しい。

肌寒いので一度ホテルに戻り羽織りものをもって再び外へ。
十字街まで市電に乗り、十字街から徒歩でいよいよ函館山ロープウェイの山麓駅へ。

9時前頃だったか、乗るのはほとんど待ち時間なし(混雑時は5分ごとに運転)。
山頂に着くと、下山する方のロープウェイの列が確か45分待ちぐらいになっていたようだった。
頂上はかなりの観光客。
2017_0729_210921_r_2

2017_0729_211549_r
一段高くなった場所から見ると皆さんこんな感じ

2017_0729_210911_r 2017_0729_212447_r
函館港も美しい。写真右、右下にロープウェイ

天気はすっきりと晴れていて霧もなく、函館の夜景が本当に美しかった。
30分ぐらいいてたっぷり堪能。

帰りのロープウェイは10時まで。待ち時間はだんだん短くなっていたが、10時までに乗ってくださいという放送が入り、また段々と混みそうだったので9時半前頃山頂を後にする。ロープウェイの待ち時間20分弱ぐらいだったかな?

10時に間に合わなかった人ってどうやって下山するんだろう?
検索では明確な答えはなく、きっと声をかけて終了時間までに全員無理やり?!のせるんだろうなぁと思った。
実際あと10分ぐらいで下山終了のロープウェイで登ってきたのは数人だったので乗り切れるのだろう。

やっぱり函館ではこれを見ないとね(^_-)-☆
天気に恵まれて綺麗に見ることができて嬉しかったです(*^^*)

«エコール・クリオロのお勧めケーキ(^^♪

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!