2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« フィギュアスケートアーカイブ2008-2009シーズンその4 | トップページ | フィギュアスケートアーカイブ2009-2010シーズン(GP・ルールなど) »

2010年7月18日 (日)

フィギュアスケートアーカイブ2009-2010シーズンスタート

☆浅田真央選手のフリープログラム「鐘」  2009年10月10日
フィギュアスケートシーズン開幕、来週からいよいよグランプリシリーズが始まる。
真央ちゃんのフリープログラムはもう、ファンの間でも賛否両論のようだ。
σ(^_^)はやはりこの曲をつかうのは大きな賭けだなぁと思う。
でもどんな演技をするかは真央ちゃんが決めること。σ(^_^)は応援しますわーい(嬉しい顔)

「鐘」は短調の曲、厳粛でかつ重い
聞いた観客をのりのりにさせて見方につけるようなフィギュアにありがちな有名な曲でもなく、メリハリがある曲でもない。
はじめの3A(トリプルアクセル)を失敗すると、曲調が変わらぬゆえそれを後々までひきづってしまう危険性がある。
曲調が重いので、その曲の上で演技をすると、どうしてもスピード感が感じられにくくなる。
ゆっくりとした、ときに変則的になる4拍子なので、ステップなどでも観客は手拍子を入れにくい。

浅田選手の昨年の「仮面舞踏会」は超高難易度のプロだった。
難しい要素を詰め込んだこのプロで臨んだ昨シーズンの浅田選手の成績はやはり波があった。
だから、オリンピックシーズンでは冒険をしないと言っていたタラソワコーチの言葉からも、 誰しも今年のプロはメリハリのある観客がのりやすい曲を選び、難易度を下げた構成にすると思っていただろう。
σ(^_^)もその一人だった。
だから、曲が「鐘」に決定したときにその意外性にびっくりした。
そして今回ジャパンオープンで「鐘」の演技を初めてみて「う~ん・・・」と考えてしまった。

仮面よりも難易度が確実に上がっている・・・
ジャンプ構成の難易度もほとんどかわらない。
とまって休むところのない動きが連続したプログラム。
それどころか、つなぎの部分もより複雑になっている。
昨シーズン他の選手より時間の長かったステップの秒数もそのまま(苦労してもたいして得点UPにつながらないというのに)、難易度もレベルUPしている。
昨年の仮面の路線そのままで「鐘」に突入したのだ。

おそらく他選手はやった!!と思っているんではないかあせあせ(飛び散る汗)
・・・まともに戦ったら決して勝てないのに相手のミス次第で上位にあがれるチャンスがでてくるのだから。
たとえば本シーズンのヨナのショートプログラムは「007」のボンドガール。
おそらく観客がのりのりになる、くねくねしつつメリハリをつけた曲構成なんだろうなと予測がつく。
そしてジャッジの主観でどうにでもなるともいえる「演技構成点」は、本シーズンはいいと思ったらどんどんあげろということになったそうだ。
観客ののりも手伝って、彼女の演技構成点はまた天井知らずにあげられる可能性が高い気がする。
ますます演技構成点でかせぐ選手に有利になってしまった。

浅田選手が、観客うけ狙いの曲を使って演技で(あくまでも表現ではなく顔を含めた演技です(笑))ヨナの上にいこうとしても、今の評価ではむずかしいかもしれない。
だったら観客にこびないスケーティングで真の芸術性のある「鐘」で勝負することもいいのではないか。
「鐘」はひとつひとつのポジションがとても芸術性の高いプログラムであることは疑いないと 思う。
失敗したら技術点が大きく減ってしまう両刃の剣とも言えるプロ。
ジャンプが決まってきたらまさに究極のプロになるかもしれない。
☆フィギュアスケートグランプリシリーズ今週開幕  2009年10月15日
またまた独断と偏見の日記ですあせあせ

グランプリシリーズ・・・
「フランス」「ロシア」「中国」「日本」「アメリカ」「カナダ」の大会に各選手2大会出場し、順位をポイント化し、その成績の上位6人が「グランプリファイナル」に出場してそこでGPシリーズの世界一を決めるというものです。

σ(^_^)が応援する浅田真央選手は初戦のフランス・ロシアと2週続けて出場する予定。
うまくするとこの2戦でファイナル出場を決められるところです。

かねがね思っているのですが、グランプリシリーズはちょっと不公平。
出場する大会に上位選手が偏ってるんでは?と思うことがよくあるんですね。
強い選手にあたらない大会にでると有利だったりします。
たとえば今回のフランスの「エリックボンパール杯」、出場者が決まった時に「こんな組み合わせってあり?」とびっくりしたのでした。

「フランス大会」でメダル有望な選手・・・

もちろん浅田選手るんるん・・・フリーは前に書いたとおりですが、今回ショートプログラムを初公開、昨年のフリー「仮面舞踏会が」どんなふうにSPにまとまっているのかが楽しみです。
SPでもトリプルアクセル(3A)を入れてくるとのこと、これがDG(ダウングレード)されず跳べればきっとその後も波に乗って高得点必至(笑)。

中野友加里選手・・・SPはメリハリのある「オペラ座の怪人」、フリーは「火の鳥」。
先日ジャパンオープンで3Aを跳んだ際、肩を脱臼したとか、その後大丈夫なんでしょうか。
彼女はジャンプの高さが低い方なので3Aは無理してやらない方がいいと思うんですが・・・。
とにかくミスせず無難に笑顔で滑ってくれれば、上位にいけるのではと思います。

カロリナ・コストナー選手(イタリア)・・・彼女は利き足が逆なのでジャンプもスピンもみなとは逆回りです。
キレのいい演技をしますし、トリプルートリプルトゥをきれいに跳べる選手です。
DGを気にせず3-3をいれてくるのか。
波がある選手ですが、σ(^_^)が応援している選手の一人です。

キム・ヨナ選手(韓国)・・・この人に関してはあまり話す気が起こらないのですが一応あせあせ(飛び散る汗)
冒頭スピードのあるところから高さと飛距離のある3-3を跳びますが、昨年はじめの3フリップに「注意」がつき、(エラーの手前の!マーク)、それが不満でコーチとクレームをつけていました。
で、今シーズンはそこを3ルッツとのコンビネーションに変えるようです。(なんと浅田選手の3A-2Tより3Lzー3Tの方が基礎点が上になる)
フリーは昔はだいたい後半スタミナ切れした演技になっていたのですが、昨シーズンのルール改正でスピンが減ったので、その空いた時間をくねくねお休み演技(失礼)に変えたのでなんとか持ちこたえられるようになってきましたね。

キャロライン・ジャン選手(アメリカ)・・・とても柔軟性がある選手です。
ビールマンスピンに入る前のパールスピンというのは彼女独特の演技できれいです。
その柔軟性故、トゥ系のジャンプでトゥをつくときに足をものすごく振り上げてしまうのでそこでジャンプの加点がつきにくいのではと言われています。
が、技術的には3-3もきれいに跳べるので、これで表現点があがってくると驚異の存在かと思います。
点がでたあと、不満などが結構顔にでる選手です(笑)。

あと、トリノオリンピック銀メダルのコーエン選手が現役復帰でこの大会にでるはずでしたが、ふくらはぎの故障からの調整不足で、今回は出場辞退になりました・・・とても残念。
それからエレーナ・ゲデちゃんは隠れた実力者で、できが良くても悪くてもとても明るい選手・・・結構胸まわりが豊かです(笑)。
フィンランドの2番手?!キーラ・コルピも地味ですがどうでしょうか。

男子は日本から織田選手、外国人ではジュベール(イケメンだし4回転上手(笑))、ベルネル選手がトップ有力かな。(簡単(爆))
σ(^_^)は今シーズン、男子は高橋大輔選手(フランス大会にはでません)期待しています。
好きでもなんともなかったんですが、先日のSPをみてびっくり。
なんども見たくなってしまうすばらしい演技でした。
オリンピックの金、真央ちゃんと大ちゃんで取れるといいなぁ。
☆痛烈批判  2009年10月17日
フランス大会のSP,もう脱力です。

フィギュアの採点はどうしてこんなになってしまったのか。
昨シーズンとこの傾向は変わるどころかエスカレートしている。
ジャッジに気に入られた人はジャンプが大成功なら点がものすごく伸びる。

今回のSP,ヨナが1位のできだったのは認める。
でもあれであんなに凄い点がでるなんて、もうあれでは他の選手が可哀想。
3Aも跳んでいない4回転も跳んでいない彼女の点が加点で男子の1位に近いほどの点になるんですね。
1位の彼女はカナダの練習でジャッジを呼んで、演技をみてもらっているとか。
だから自信をもって演技もできたんでしょうね。
もう真央ちゃんもバレエの練習もするなんてムダなのかもしれませんね。
高い点をもらうには、誰にでもわかるように「演技」を磨けばいいんですよね。
上半身を動かして、演劇のように表情つければ表現点は天井知らずですね。

あのくねくねした色気を振りまくようなフィギュアみたあとのコストナーの演技がとても美しく見えました・・・ジャンプは失敗していたし元気もなかったですが。
ああいう正統派の演技はもうこれから女子フィギュアスケートでは消えていくんでしょうね。
だれもが1位の人のようなああいう演技に走っていくんでしょうかね。
ようするにみてて面白ければ観客にも受ける、それで最高の演技。
今シーズンはそういった意味じゃ、日本選手では安藤美姫さんが有利になるかもしれないですね。

それにしてもなんであの人に技術点まであんなに甘いんだか理解に苦しみます。
3-3ジャンプの高さと飛距離は確かにすばらしい。
でもスピンの軸がぶれてもスパイラルが揺れてもなぜか技術最高レベルをもらい、減点どころか加点のしまくり。
あんなに点が高いほどのスピンやスパイラルやステップでしたかね。
もうσ(^_^)にはさっぱり採点基準がわからない。

あぁ~もうフィギュアスケートみてこうやって感想書くのがいやになってきました、バカらしいの一言です。

またいろいろいわれちゃうんだろうなぁ、真央ちゃん。
また昨年のグランプリファイナル後のように、心ない評論に傷ついて壊れなきゃいいけど・・・。

☆浅田真央選手の今後の予感  2009年10月19日
しつこく書いているとおり、σ(^_^)はフィギュアの採点にかなり失望してます。

☆今後考えられる最悪のシナリオ(あくまでも作り話です)・・・

***
いつものとおり、マスコミやテレビでなんやかんやいわれて真央ちゃんも精神的に追いつめられてしまう。
プログラムの内容に日本スケート連盟が口出しをし、タラソワさんとの間にさらに確執が。
それに挟まれている真央ちゃんは余計苦悩がつのる。

今週末のロシア杯はヨナもいないし、ジャンプが成功すればもしかしたら200点超えかそれにに近い点がでるかもしれない。
でもヨナと一緒に出る試合は2、3番手の位置づけになっているのでジャンプが失敗したら今回並かそれ以下、成功してもヨナの点に近いところまではだしてもらえてもそれを超える点は出してもらえないだろう。
ヨナがだれがみてもひどいというミスをおかさないかぎりは。

ヨナは、さほど難易度の高くないジャンプ構成(2Aを3回つかった偏ったともいえるジャンプ構成)でも「演技構成点」は高くでて、「技術点」も1度や2度ジャンプがすっぽ抜けても(今回1回ジャンプを抜かしている)、自分は他の要素それぞれで飛び抜けて加点されるということがわかり自信をもち、ますます気持ちに余裕が持てる。
その結果安定した失敗のない演技ができ、ますます演技がのびやかになっていく。
それを見ている人もさすがこの演技はすばらしい、だから点もそういうものなんだと納得させられていく。
かたや真央ちゃんはたったひとつもミスできない、一つでもミスをするともう高い点はもらえない。
しかもプログラム自体が難しいのでミスをしないで滑りきることができるかどうか。
プレッシャーもますます強くなり、ミスしまくりで台落ちもありうる。

そしてオリンピックはヨナが余裕で金メダル、銀はロシェット、銅はうまくすると真央ちゃんか他の選手か。
もうそんなシナリオができている気がしてならない泣き顔
***

σ(^_^)は一部の人がいうようなあからさまな不正はないだろうとは思っています。
ただやはりジャッジサイドにヨナを勝たせれば万事うまくいくといった空気があるのを少なからず感じています。
やはりコーチのブライアンオーサーの交友関係の影響やヨナ擁護の連盟への抗議の影響、もしくはジャッジサイドの上層部に強力にヨナが上と考える人物がいて(σ(^_^)が真央ちゃんが上と思うように)、それが全体に影響を及ぼしているとか、そういったぐらいはあるのではと思っています(あくまでもσ(^_^)の考えです)。
ヨナのジャンプは助走距離を長く取り、スピードにのり高く跳び滞空時間をかせぎ飛距離をだして跳ぶタイプ、真央ちゃんは助走スピードで回転速度をあげて竹とんぼのようにふわっと跳んできれいな回転軸でくるくるっと早く回転するタイプ。
そのジャンプのタイプの違いで、評価がヨナタイプを高評価するようになったのもそのひとつかと思っています。
確かに高さがあると見栄えがするので「こちらの方がすばらしい!」という傾向が決まってくるとやはりそちらに点はでるようになっていくんですよね。
その上ヨナの跳ぶ勢いにごまかされ、回転不足がきわめてとられにくくなっています。

☆なんとかうまくいく方の予測されるシナリオ・・・

***
ロシア杯は起死回生の演技でジャンプ成功、ダウングレードゼロで200点超え。
フランス杯2位、ロシア杯1位ということでグランプリファイナル出場。
グランプリファイナルで3Aはひとつ回転不足になるものの、見た目の印象もよい演技に仕上がり、ヨナに近い点で2位。
そしてオリンピックで誰の目にも納得のノーミスのすばらしい演技で、僅差でヨナを抜いて真央ちゃん金メダル。
***

はぁ~書いているともう、これはちょっと確率的に低いのではと思ってしまうなぁ。

☆グランプリシリーズ 第2戦ロシア(フィギュアスケート)2009年10月23日  
**今大会で審判として参加した李ジヒ大韓スケート競技連盟フィギュア副会長は、「多くの審判が新しい採点方式以前のやり方で減点したため、高い点数が出なかった。しかし、金妍兒の卓越な演技を見た後、加算点を十分に活用しようという雰囲気が作られた。それも金妍兒に限ってのことだ」と話した。  OCTOBER 19, 2009 東亜日報の記事より**

昨シーズンも試合が始まる前にジャッジミーティングであらかじめ打ち合わせをしている
発言したこの方(韓国のジャッジ)がまたこんな発言。
これっておかしいと思いませんか?彼女だけ採点基準が違うっていったようなものですよね?!
もしそうだとしたら、一所懸命頑張っている他の選手が気の毒というものです。
日本のマスコミもあの選手をほめちぎっていかに高得点が妥当かを説明するのではなくこういった話の問題提起、できないものなのでしょうか。
報道は日本選手を落ち込ませるのではなく、日本選手の力になってほしい。

それはさておき・・・第2戦ロシアの「ロステルコム杯」が今週末からスタート。

女子はずばり、優勝は浅田真央選手と安藤美姫選手が有力
二人ともミス無く演技すると、おそらく200点前後の点数がでるのではと・・・(あれだけ前回あの選手に点をだしてしまったので、ここらでつじつま合わせで出す可能性高し?!)
浅田選手・・・やはり3Aがポイントか。
  本来他の要素で十分点がでる選手 なのだが。
 でも本人も3Aは自分をアピールできるジャンプと思っていて是非とも入れたいとのこと。
 きれいに決めて加点をもらっておきたいところ。
 成功すればプロ全体も波にのれるので高得点も期待できる。
 その場合SPの仮面はどの程度の点がでるのかも今後のプロ変更有無にかかわってくるかと。
安藤選手・・・SPの曲を急遽変えたそうだ。
 その思い切りの良さはすごい・・・さすがモロゾフ(コーチ)かなと思う。
 今シーズン、表現を磨いたとの本人の言葉通り「演技構成点」をどれだけとってくるかに
 注目。
 浅田選手にとって、さらに強力なライバルになっている予感がする。

あとメダルにからんでくるとおもわれるのは
アレーナ・レオノワ選手(ロシア)・・・昨シーズンジュニア選手権1位。ロシア期待の選手。
アリッサ・シズニー選手(アメリカ)・・・昨年の全米チャンピオン。 柔軟性抜群で、スパイラル ポジションはすばらしい。
 しかしジャンプの失敗が多く、安心してみていられない感じ?!
 全部成功してくれば上に上がってくるかも。
アシュリー・ワグナー(アメリカ)・・・シニアにあがってきている が、昨年ジュニア選手権にも出ている(3位)。 
(余談・・・昨年のジュニア選手権、1位レオノワ、2位フランス杯にでたキャロライン・ジャン、3位ワグナー。日本ではシニアにあがってきていない選手を派遣したため、もうすでにシニア大会にバンバン出ているこれらの選手には勝てず、ジュニア選手権の枠は1枠になってしまった)
先週のフランス杯に比べるとやはりちょっとレベルは低めかな?!

男子
小塚崇彦・・・スケーティングやスピンが上手と言われている彼の今期 のプロは本人曰く、難しいそうだ。
 σ(^_^)の印象は、やはり彼はちょっと地味だなぁ・・・と(笑)。
 練習では成功が増えている4回転が入るかどうか。
エフゲニィ・プルシェンコ(ロシア)・・・前回オリンピック金メダリスト、ふたたびオリンピック金をめざすため現役復帰。
 4回転からのコンビネーションも相変わらず健在の彼だが、今のルールにのっとった、高得点に結びつく演技ができるのだろうか
 評価が注目される。
ジョニー・ウィアー(アメリカ)・・・昨シーズンの活躍が今ひとつだったよう。
 σ(^_^)もあまり演技は見ていません。
 日本では人気もあるが、なんかナヨっとしたイメージかな(ファンの方、ごめんなさい)?!

浅田選手は連戦で疲れていて不利なのかもしれませんが、グランプリファイナル出場は1位2位なら確実、3位なら他の選手の結果によるけどまぁまぁ大丈夫かな?!ってところなのでここは是非とも優勝してグランプリファイナルに確実に繋げていってほしいと思います。

« フィギュアスケートアーカイブ2008-2009シーズンその4 | トップページ | フィギュアスケートアーカイブ2009-2010シーズン(GP・ルールなど) »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/54162264

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケートアーカイブ2009-2010シーズンスタート:

« フィギュアスケートアーカイブ2008-2009シーズンその4 | トップページ | フィギュアスケートアーカイブ2009-2010シーズン(GP・ルールなど) »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!