2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

いよいよ浅田真央選手登場(*^^*)

http://www.asahi.com/sports/column/TKY201011240148.html

真央ちゃん、いよいよ今週末のGP最終戦フランス大会に出場します。
真央ちゃんのグランプリファイナル出場は、たとえ今回優勝しても今回のこの試合にでるシズニー、コルピ、ファヌフ、未来ちゃん、今井遥さんが上位に入ったらポイントを超えられてしまうのでまず無理。
村主さん、サラヘッケンあたりが2位、3位あたりにきてカナダ大会優勝のシズニーが9位以下になり、なんてことはほとんど奇跡なんで・・・でもGPファイナルなんてもうどうでもいいわ(^-^;~。

優勝なんてできなくてもいい。
でも真央ちゃんの口から「優勝が目標」と聞けただけでもうれしい。
ジャンプの修正もまだまだ途上かなとも思うのに、きっと手ごたえがだいぶつかめているんだなぁ・・・NHKからたった1ヶ月なのに、必死に練習をつみかさねてきたんだね。

私は真央ちゃんのペースで納得のいく演技ができたらそれでいいです。
大の真央ちゃん贔屓のキャンディロロさんもみているフランスで、演技後の真央ちゃんの
笑顔がみられたらいいなぁ。

☆GPフランス エリック・ボンパール杯 シングルの日本時間日程

男子ショート 27日(土)0:50~2:30
女子ショート 27日(土)2:45~4:20
男子フリー 27日(土)23:25~1:20
女子フリー 28日(日)2:25~4:15

☆テレビ放送予定

・テレ朝 

男女ショート 27日(土)19:00~20:51

男女フリー  28日(日)18:56~20:54

・BS朝日

男子ショート 27日(土)21:00~22:30 女子ショート 22:30~24:00 

男子フリー  28日(日)21:00~22:54 女子フリー 29日(月)18:00~19:54

2010年11月18日 (木)

村上佳菜子選手に思う

現在進行中のフィギュアスケートグランプリシリーズ。今シーズンシニアデビューの村上佳菜子選手が日本大会3位アメリカ大会1位の結果、上位6人で争うグランプリファイナルに駒を進めた。
日本男子も女子以上に有力選手がひしめき、次世代の選手も男女とも育ってきていてたのもしいことだと思う。

ただこのことにマスコミは有頂天になり気味の報道をしているように思う。
所詮不公平なグランプリシリーズ。スケート連盟が村上選手のグランプリシリーズへの出場を、始めは日本大会にだし知名度をあげ、2戦目は安藤選手などとぶつけずアメリカ大会にひとりで派遣させたことも吉と出たと思う。
たとえば鈴木選手は中国大会、そして次回のロシア大会とも安藤選手と一緒の派遣。
始めから絶好調の安藤選手の次の2位狙いとしか思えない扱いだ。

先日のアメリカ大会のテレ朝の放送、まったくひどかった。高橋大輔選手が優勝した男子。織田選手がまたコンビジャンプを跳び過ぎて規定にひっかかり(彼のこの手のミスは6度目らしい・・・まったく学習能力がないというか・・・)最後にとんだコンビネーションが0点となり、その結果高橋選手が辛くも優勝したその試合。
それをほとんど放送しなかった。男子フリーについてはその2人でさえ全部映さないひどさ。
なのに村上選手のフリーにいたっては試合と、そのあとの振り返りと(もう途中でみるのをやめた)2度にわたって演技を流し褒めちぎっていた。
村上選手のデビューを真央再来という機運を作っているようにも思うが、ちょっとまってほしいと思うのだ。

本シーズンはオリンピックの次の年で、特に女子のレベルは昨年に比べ総じてかなり低いように思う。韓国ではヨナが出ないからレベルが低くなったと報道しているらしいが、それはさておき、オリンピックが終わった後の年というのは調整期間などに入る選手も多く、浅田選手のようにジャンプの調整に入ったり、はたまたシーズン自体試合に出ず休む選手も多い。

浅田選手がシニアデビューした年はまさにオリンピックシーズンだった。あの荒川静香さんが金メダルをとったトリノオリンピックのシーズンで、ロシアのスルツカヤやアメリカのコーエンなど、みなオリンピックに向けての最終調整に入り、有力選手たちが本気の勝負の年だった。
そしてその中、オリンピック直前のグランプリファイナルで優勝してしまったのが浅田選手だった。
3Aを2回いれ(ファイナルでは1回にしていたが)3連続ジャンプを2回いれたそのジャンプ構成の難易度は単純に比較すると今年の村上選手の構成をかなり上回っており、しかも転倒やパンクがなかった。

村上選手の3-3は前にも書いたとおり、「トリプルトゥ+トリプルトゥ」で、安藤選手の「3ルッツ+3ループ」やキムヨナ選手の「3ルッツ+3トゥループ」よりも難易度が低い(なぜかそのことにほとんどマスコミは触れず、ただ絶賛)。
そして3ルッツのエッジが毎回完全にエラーをとられている(これは昔の浅田選手と同じ)。早く直さないとこの先ルッツジャンプで加点を得るのが難しくなる。
そしてすべりが前かがみになることが多い気がする・・・彼女の場合スピードをつけて滑ろうとするとこうなりやすいのか?(これは安藤選手にも言える)
また、ルッツ、フリップのジャンプ直前にフリーレッグがかなりまがるハイキックをしている。
ジュニアのころに比べて少し直ってきてはいるようだが、それでもジャンプの入りがあまりきれいにみえない。
たとえば中野ゆかりさんの巻き足ジャンプやかつてのキャロライン・ザン選手のジャンプに入るときの足があがる癖などはいままで確実に加点を抑えられてきた。
それがなぜか彼女のハイキックジャンプには今のところジャッジはマイナスをつけていない・・・が、どちらにせよ今後に向けると直したほうがいい気がする。

欠点をたくさんいってしまったが、村上選手のいいところは元気をアピールできるところ。緊張していてもあの笑顔を作れるところはすごい。顔も含め演技できるところは今のルールではかなり有利。
それにスピードを生かしてジャンプに入っているので加点を得やすい。
高めの演技構成点からもわかるように、彼女の演技は今の風潮での高得点を得るタイプにぴったりはまっている。
だから現状のジャンプの欠点もこのまま押し通して加点で稼ぐのもひとつの手かもしれない。

まぁ私のようにいろいろ言う人も多いと思うが、村上選手も山田コーチもその辺のところはよくわかっているのではないかと思う。
この状況に慢心することなく謙虚な気持ちで行動していれば味方につく人も増えていく。
だからマスコミは真央再来などとあまり村上選手を持ち上げすぎないほうがいい。
そうするほど反感を持つ人も増えるしそれは決して村上選手にとっていいことではないと思う。
浅田選手は浅田選手、村上選手は村上選手、それぞれまったく別のよさがあるのだから。

フィギュアスケート 2010─2011シーズン オフィシャルガイドブック

浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011(DVD付)が安い!

Canon インクタンク BCI-321(BK/C/M/Y) BCI-320 マルチパック

新品価格
¥3,528から
(2010/10)

2010年11月 5日 (金)

セカンドトリプルループの判定が厳しすぎる!

現在GPシリーズの中国杯の真っ最中。
でも昨年のように見所などを書く気分にならなかった。
かわりによくいわれる3回転3回転の連続コンビネーションジャンプについて書きます。

連続ジャンプの点数は、単純に2つのジャンプの点の組み合わせできまる。
ひとくちに3回転3回転というが、そのジャンプの組み合わせによって難易度(点数)が違う。
単独ジャンプの難易度は一番簡単なものから並べて「トゥループ」、「サルコー」、「ループ」「フリップ」「ルッツ」「アクセル」で、それぞれ1回転から4回転まで点が決められている。
トゥループは踏み切るときに左足のトゥをついて回転するもので、右足でトゥをつくフリップやルッツにくらべて回転しやすいのは陸上でちょっとやってみるとわかると思う(ジャンプの着地は右足)。
で、そのうちセカンドジャンプに使えるものは(右足を氷についている状態からはじめるので)トゥループとループ、その他のジャンプはセカンドにもってくるのは不可能。

まずシニアに上がったばかりの村上選手やロシアのマカロア選手が入れている3-3。
あれはトリプルトゥループの2連続ジャンプで、3-3の中では一番難易度が低い。
そしてよく使われるのがトリプルフリップ+トリプルトゥループのコンビネーション。
3-3を跳ぶ選手はこれが多く、選手によってはフリップよりルッツが得意な選手がいるので(安藤選手(両方得意)やキム選手(フリップが苦手)など)ファーストにトリプルルッツを跳ぶ選手もいる。

問題はセカンドジャンプ。
安藤選手と浅田選手が得意だったセカンドにトリプルループを跳ぶ3-3。
着地した右足でそのままトゥをつかずに踏み切ってまわっているので、単独で跳ぶよりもセカンドにつけて跳ぶのはかなり難しいといわれている。
これが、昨シーズンからしつこいほど書いているが、オーサー(昔のキムのコーチ)とキムヨナの発言のせいで(キムのジャンプにエッジエラーがついたとき、「じゃぁ安藤選手のセカンドループは回転不足なんじゃないか」といいだしたやつ)あの事件以来、本当にセカンドループは3回転と認定されずにダウングレード判定ばかりになり、使えないジャンプになってしまった。

今、 中国杯の安藤選手のSPを見た。彼女の3-3はトリプルルッツ+トリプルループで2連続3回転のうちで一番難易度が高い(3A-3Tを除く)。一見してきれいに回っているセカンドループ(荒川さんもまわっているようにみえるといいかけた)だった。
が、点数は低かった。
セカンドループはダウングレードされたんだと思う(プロトコルはまだでていないが)。
だいたい勢いをつけないとまわれないジャンプなのだからセカンドジャンプでループを跳ぶと、物理的にああなってしまうのはしかたのないことなのではないか。今回の安藤選手のSPのセカンドループでDGがとられるならいったいどうやったら認定されるループになるのか。
これはもう、セカンドで完璧に認定されるトリプルループはほとんど不可能のような気すらする。

こうやって昨シーズンあたりから浅田選手と安藤選手はひとつの武器をうばわれている。
この判定、もうすこしなんとかならないものか。
あんなに美しいセカンドループがトリプルトゥの3-3よりもDGでずっと点が低くなってしまうことに納得できない。

補足(結果):安藤選手の「3ルッツ+3ループ」は2つ目の3ループが「回転不足」(アンダーローテ)を取られ、結果基礎点の7割の点だった。先シーズンまでは「回転不足=DG」だったが、本シーズンから回転不足判定はその範囲によって「アンダーローテ=基礎点の7割」、「ダウングレード=ひとつ下の回転数の基礎点にさがる」の2つに変わった。

昨年よりましとはいえ、回転不足をとられたことにかわりはなく、簡単に認定しないぞという事が伝わってくる。難しいのに報われないセカンドの3ループ。トゥループは高さもでるのは当たり前なのにもてはやされ、GOEなどで高い点ももらえたりる。これではセカンド3ループにトライする選手がますますいなくなるだろう。バカなルールとしかいいようがないと思う。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!