2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 全日本フィギュアスケート選手権大会開幕(女子) | トップページ | 全日本フィギュアスケート選手権総括(女子) »

2010年12月28日 (火)

全日本フィギュアスケート選手権総括(男子)

世界選手権よりもずっとレベルが高いといわれる(シングルにかぎる)全日本選手権が終わった。
結果は男子も女子も予想通りの面々が表彰台にのり、世界選手権の代表を勝ち取った。

日本の中だけの試合なんてと思う人が多いだろうが、選手にとって全日本のタイトルは特別なもののようだ。
客観的にみていてもGPシリーズなどよりもずっと緊張して試合に臨む選手が多かった。それゆえ上位陣にもちらほらとミスがみうけられ、本来の力を出し切れずに終わってしまった選手も多かった。

まず男子。

優勝は小塚崇彦選手。彼は本シーズン好調の波に乗り、点数もコンスタントにでるようになったことで自信もつき、この結果に繋がった。
全日本の点数は参考記録になっており国際大会のそれと単純に比較はできないのだが(全体的に技術点の加点や演技構成点が高め、反面回転不足・エッジエラーの取り方が厳しめ?!)、
今回は特に演技構成点評価はGPシリーズよりも高く、世界チャンピオンレベルのものとなっていた。
これは本人も手ごたえを感じるだろうし、うれしかっただろう。
だが、本人的にはミスがでたことでちょっと完全燃焼ではなかったようだ。
国際大会でこの程度のミスが出ても同じような演技構成点がもらえるようになってくれればと思う。

2位、織田信成選手。今回ショートもフリーも4回転転倒。彼の4回転の成功率は高いほうなのだが、ちょっとした心の揺れなどでミスもでて、そうなると彼にとって気持ち的に成功したいと強く思っている武器である4回転の失敗が足をひっぱってしまうことが多かった。
でも今回はその後大崩することなく3A転倒もあったがなんとかまとめて総合2位で逃げ切った。

3位高橋大輔選手。彼はやはりまだファイナルの衝突の影響が残っていたのではないかとちょっと思う。
ただここにきての彼の心配は技術点が下がってきていることだ。
ステップはすばらしいのだが、4回転の成功率もいまひとつ、また他のジャンプもちらほらミスがでたりスピンのレベルがとれていなかったりする。
最近ではその技術点のマイナスを演技構成点でカバーという傾向があり、このままでは演技構成点そのものにも下がったりする影響がでかねない。
まだ世戦まで約3ヶ月弱あるので、体調を管理しつつ、本来の力を発揮できるよう願っている。

4位羽生結弦選手。今回やはり残念ながらトップ3には届かなかった。
ショートはすばらしいできだった。が、フリーの4回転が3回転になり、最後少々スタミナ切れしてしまったのが惜しかった。
たとえば外国選手など、スロー部分でうまく休んでいるのをみるが、彼もプログラムにもう少し余裕をもたせつつ、少しずつ慣らしてレベルをあげていくのもいいのではないかと思った。
他の男子選手にはない柔軟性を生かした特徴的な演技、それにもましてジャンプも安定してくると近い将来トップを狙える選手に成長していくだろう、期待している。

« 全日本フィギュアスケート選手権大会開幕(女子) | トップページ | 全日本フィギュアスケート選手権総括(女子) »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/54162185

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本フィギュアスケート選手権総括(男子):

« 全日本フィギュアスケート選手権大会開幕(女子) | トップページ | 全日本フィギュアスケート選手権総括(女子) »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!