2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 全日本フィギュアスケート選手権総括(男子) | トップページ | フィギュアスケート四大陸選手権 in Taipei »

2010年12月28日 (火)

全日本フィギュアスケート選手権総括(女子)

優勝 安藤美姫選手。
このところの彼女は本当に精神的に強くなった。
ジャンプも安定し、自分の演技にかなりの自信をもっていることが伺える。
今回は、かえたばかりのショートプログラムも無難にまとめ、フリーでも自分の最高の演技をすることができてGPフリーにつづいて力強いガッツポーズがでた。
点数をみると、技術点が浅田選手よりも9点以上、演技構成点も少しだけ上だった。
実際ジャンプはミスがなくエッジエラーも回転不足もなく、すべてにおいて加点がもらえていた。それに点数が1.1倍になるフリーの後半にジャンプを5つもってきたことも
好影響だったようだ。
本シーズンの安藤選手は強い・・・何をいわれても動じないしたたかさも感じる。
世戦で力を発揮できるか楽しみである。

2位 浅田真央選手。
彼女は本当に強い。あれだけ追い詰められて、ここまで演技をまとめてこられた精神力はすばらしいと思う。どのポーズをとっても美しく、休みなく動いている。それでいて疲れを感じさせない流れるような演技。
ジャンプこそ、まだまだ本来のレベルまでたっしていないが、本人なりに今できることを演技に出し切れたということで、あの素敵な笑顔をみられて本当によかった。
佐藤コーチ夫妻とハグする浅田選手を見て、彼女はとてもいい環境でがんばっているんだなぁと実感できてこちらもうれしかった。
世戦まで、どこまでレベルを上げられるかとついつい期待してしまうが、無理なく調整をすすめていって、またあの笑顔をみたいものだ。

3位 村上佳菜子選手 
ショートにミスがでたものの、今回フリーでくずれることなくミスなくすべりきった。彼女も一皮むけたように思う。自分に自信もついてきたのが伝わってくる。
ただ・・・今回ジュニアの選手、特に庄司理紗選手などと比べると、やはり姿勢が前かがみでジャンプが荒いこと、ルッツエッジのエラーが気になってしまう・・・今のジュニア選手が上にあがってくると、このままだとあっさり抜かれる可能性もあるのではないか。
ジャンプレベルがピークの今の時期をこえてからの彼女の成長を期待する。リズムのとりかたは間違いなくうまいと思うので・・・。
代表入りの発表のときに、拍手が少ないなぁと感じてしまったが、やはり過剰な売込みがかなりの人に反感をもたれてしまっているのではないか。特に今回は初めから世戦入りが決まっているかのような報道もされてしまい、こういうことは彼女にとってマイナスになってしまうように感じた。

4位 鈴木明子選手
ショートでのひとつのジャンプのちょっとしたミスが致命傷になってしまったようだ。そこで出遅れたことによってフリー滑走順が早くなり、点もでにくくなったし焦りからミスもちらほらでてしまった。本当に本人は無念だっただろう。
それにしても暫定順位世界2位だというのに世界選手権代表になれないというのはなんともかわいそうな気がする。

おまけで・・・庄司理紗選手。彼女は妖艶な雰囲気さえ感じられてとても14歳とは思えなかった。体系も容姿も演技構成点をもらいやすいタイプなのではと思う。
高難度ジャンプもこなし、姿勢もきれい。今後楽しみな選手だと感じた。

世界選手権は3月、東京代々木にて行われます。
日本選手が表彰台に何人のれるか楽しみです。

« 全日本フィギュアスケート選手権総括(男子) | トップページ | フィギュアスケート四大陸選手権 in Taipei »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/54162184

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本フィギュアスケート選手権総括(女子):

« 全日本フィギュアスケート選手権総括(男子) | トップページ | フィギュアスケート四大陸選手権 in Taipei »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!