2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月23日 (火)

最近気に入ってるもの(5月の日記より)

110523_194401_2 
コードレスイヤホン(ワイヤレスイヤホン)。
ipodとイヤホンを直接つなぐ必要がありません。
冬に使っていたときはコートを着ていてipodをコートのポケットに入れられるので、そのメリットもさほど感じませんでした。

が、今は服にポケットがなくてもipodをバックに入れたまま楽にイヤホンが使えるのでいいなぁと。
充電するのがちょっと面倒ですが、使い勝手はなかなかお勧めです。

2011年8月22日 (月)

時計を見ない(^-^)

ブログの更新もあまりしないので、ほかで書いた日記をちょこちょここちらにものせようかと思います(*^-^)・・・今月始めの日記から。

夜布団に入って、朝起きる時間になるまで目が一度も覚めずに
ぐっすり寝られますか?
私はだいたい夜中に1,2度目が覚めちゃいます。
そのあとすぐ寝られればいいけど、なかなか寝られないこともしばしば・・・

で、ちょっといいこと聞きました。
夜中に目が覚めたときって何時か知りたくてつい時計見ちゃうでしょ?!
それってしないほうがいいらしい。
なぜなら時間を確認しちゃうことによって、ストレスを感じてしまうから。
まぁ目が覚めて、大体何時頃かなぁって見当ついちゃうことはあるけど、
確認はあえてせずに・・・
時計を見ないほうがそのあとまた眠りにつきやすいそうです。

確かに、たとえばもし明け方に目が覚めたら「あと何時間で起きる時間になっちゃうからもうあまり寝られないなぁ」とか、 「もうすぐ起きる時間になるなぁ」とか考えちゃって、もうそれから全然 寝られなくなったりすることが多かったし。

で、ここのところちょっとそれを実践していたら結構いいみたいです。
事情が許す状況なら騙されたと思ってやってみてもいいかも(^o^)。

2011年8月19日 (金)

中国人観光客がどんどん増えてる。

最近どこにいっても中国人の団体旅行客、増えてるのを感じる。
夫がついこの間、次男とマレーシアのリゾートに行ってきたが、そこでの
話もひどいものだ。

そのリゾートの宿泊客は中国人団体客がたくさんいたそう。
彼らは団体で行動するがとにかく騒がしいの一言とか。
2人でも騒がしい、団体になるとものすごい喧騒。
なんと部屋備え付けのガウンで朝食を食べに来ている人も何人か
いたとかで目が点になったそうだ。 この話をしたら、ある友人はバイキングの飲み物を水筒にいれてるのをみたことがあるという。
夫たちは次の日から彼らがくる時間より早く朝食にいくことにしたとか。

食べ物をとるにも順番を守らず割り込むのは日常茶飯事。
ホテルのプールのウォータースライダーの列を割り込むわが子を
みながらまったく注意しない後ろの中国人の親。
ホーカーズの円卓に群がってワーワー立ち食い。
ビーチチェアーに夫が荷物を置いておいて、ひと泳ぎして戻ると、荷物が
どけられて占領されていて、そ知らぬ顔だったり。
せっかくのリゾート気分が中国人のせいでぶち壊しだったそうだ。

日本人も海外旅行客が増えた当時は団体旅行でカメラをもってお金を
使って・・・といろいろ揶揄されていた時代もあった。
でも中国人のようなマナーの悪さ、図太さ、騒がしさはなかった
だろうなぁ・・・おとなしいもん、日本人・・・

旅行行くところを選んでももうどこにでもいるから無駄かも・・・
せめてもうちょっとマナーを直して欲しい(;^_^A・・・

2011年8月 8日 (月)

フィンランド (洋服編)(;^_^A

「なんだ、デザインデザインといっていてたいしたもんじゃない、センス悪い」と思われそうで躊躇もあったんですが(^◇^;)・・・ 一応UPしてみることにしました。

地味な様でいて着てみると結構派手だったりします(;^_^A
出来るだけ日本で着られそうなものを選んだつもりですが・・・

001
マリメッコのチュニック風ワンピース
裾が狭くなっていてポケットがポイント79ユーロ

002   004
ナンソのカットソー。               ナンソのチュニック風。着易い。45ユーロ
着てみると立体的なので意外と細身。
本当はこの柄で黒がよかったのだがなかったので・・・
着るんだろうか、こんな色(^◇^;)。51.50ユーロ

005    
知る人ぞ知る(らしい(笑))イヴァナヘルシンキのワンピース。   
とても着心地がよい。69ユーロ

全部一応試着して買いました。
でも同じものを日本で売っていたらちょっとこの値段でこれは買わないかも(^◇^;)・・・
これでもあまり高くない方で、桁違いの値札の服もたくさん売ってました(;^_^A

2011年8月 3日 (水)

フィンランド情報(ヌークシオ国立公園の行き方など)

森と湖の国フィンランド。

それをちょっとでも体験できるヌークシオ国立公園内のハイキング。

ヌークシオに行くツアーは少なく、あっても結構高額で桁違いだったりします。

そんなにお金を払わなくても自力で十分行けます。

・チケットは1dayチケット(ヘルシンキ近郊も含む)12ユーロ。

これでヘルシンキ⇔エスポー(列車)、エスポー⇔ヌークシオンパー(バス)の 両方使える。

     ヘルシンキ中央駅より S,U,L,E,の列車のどれかに乗車(向かって左端のホームが多いのかもしれない)、各駅停車だと約30分でESPO到着。列車は30分から1時間に1本程度。

     進行方向向かって左側におり、少しヘルシンキ側に数十メートルあるいたところにバス停あり。

     85番のバスに乗車。約30分でヌークシオンパーに到着。

バスは時間にもよるが、30分から1時間に1本程度。

     ヌークシオンパーのバス停から観光案内所(公園入り口)まで約2キロ、20分程度歩く。

     観光案内所でハイキングコースの説明や帰りのバスの時刻表をもらっておくといい。

・ 公園には売店などはないので、もしランチを食べるつもりなら事前に購入してもっていくとよい。ランチの場所は私たちの行った青コースではベンチや屋根つきは1箇所のみ、それも上ってすぐ(逆周りなら最後)。

途中は視界がひらけた岩場で座りやすいところが中ほどより少し手前のあたりと終わりに近いほう(どちら回りするかによって違うが)に2箇所あったようなのでそこにきたらランチを広げてゆっくり休もう(^-^)

意外とランチを食べられるような場所は少なかった。

フィンランド お土産編(*^-^*)

えぇっと~なんだかごちゃごちゃとたくさん買い物をしてきましたf(^_^)。
普段そんなに買い物しないんだけど(言い訳(笑))、旅に出るとたががはずれちゃうのよね(^◇^;)・・・ そのほんの一部を(^^;・・・

P7270544   P7270543
ベリーが森でたくさん取れるフィンランド   チョコレートは何種類か買いましたねぇ
ブルーベリーパイ、美味

P7300599  
左は世界一まずい飴「サルミアッキ」。子どものころに誰かに貰って1度食べてのぞけった記憶があります・・・また話の種に1つ買ってしまった、まだ食べてない(^^;
右はムーミンのドライフルーツ。箱が可愛いので(^◇^;)

P7270553
空港で買った夫にと買ったミニボトル各3ユーロ。
made inフィンランドの酒をさがしてたらなく、やっとみつけて買った。
が、あとで見たらそのうちのひとつが「サルミアッキ」の酒だった・・・
家でなめたら案の定ものすごいまずさf(^_^)

P7270549   P7270565
マフラー             X'masの飾り、各10ユーロぐらいだったかなぁ?!

P7270566
トナカイの形をしたビンオープナー。これも10か12ユーロ?!高いと思ったけどデザインに惹かれたので。後日お土産に買おうと思ったらもうお店がなかった

P7270555   P7270556
あぁ、これも値段を忘れた・・・メモが行方不明で(^◇^;)
木の手作り鍋しき、箱・・・いい値段だった記憶

P7270569   P7270570
お酒用のグラス。それぞれ25、29ユーロ。裏返すとグラスになる。

 P7290591_3  P7270558   
デパートで買った毛糸のコート、セールで69ユーロ     ムーミンの財布

P7270583
ペンダントチャーム・・・フィンランドの石でひとつひとつ違う色あい

P7290593   P7290596
郵便博物館で買ったクリスマス切手とムーミン切手。左は日本との共同発行らしい
P7270560   P7270561
P7270562
リサイクルしたもので作ったものを売ってるショップで買ったもの
フィンエアーのカーテンとシートベルトで作ったバック59ユーロ(高いのでちょっとまけてといったら53ユーロにしてくれた(笑))
パソコン基盤でつくったトカゲマグネット9.5ユーロ、
パソコンキーボードで作ったキーチェーン7ユーロ
ワインのビンをつぶして作った小物置き 10ユーロだったかな?!(これはマーケットで購入)

P7270576   P7270575
イッタラのセールだったマリメッコデザインのお皿、1枚5ユーロ
免税手続きすると右のように梱包してくれて、スーツケースには入れられなくなる(開封せずにtaxリファンドのときにみせなければならない)
001
定番、アアルトデザインの花瓶(別の使い方も可、色もいろいろあり)49ユーロ

P7270578   P7270573
かわいらしい雑貨を売ってる店「アーリッカ」の紅茶入れ。
網に紅茶をいれてティーカップの外側に人形をさげて使う。
アーリッカもそうだが、ギフトラッピングするかと聞かれ、するというとプレゼント包装してくれる・・・海外の店ではめずらしいと思った
真ん中の紐がついたラップは「IVANA helsinki」で服を買ったとき普通に包んでくれたもの(持ちやすいように手提げにした感じ)

P7270571   P7270585
マーケットで買った鍋つかみと鍋の柄に入れて使うもの   指人形

まぁ~~こういうものはみていて楽しいしキリなく欲しくなってしまいますが、服なんかもやはり北欧は物価も高め・・・日本円に直すと簡単に断念できました(笑)。

2011年8月 2日 (火)

フィンランド5日目(最終日)・・・ハカニエミマーケット、かもめ食堂、そして帰国

今日はもう帰国日。
ホテルチェックアウトは12時まで。
また早めの時間に・・・でもあいかわらずゆっくり朝食f(^_^)。

7時45分頃、ホテル前トラム駅よりトラムでハカニエミマーケットへ。

P7260471   P7260472
ハカニエミのトラム駅周辺

ここはかもめ食堂のロケでも使われたマーケット。
屋内のマーケットホールにはマリメッコのアウトレットがある。

ホールは8時からオープンでちょうど開いたところだった。1階は食料品、2階はお土産など雑貨売り場。目指すマリメッコは2階だったが、9時オープンとのことでしまっていた。それまで他のあいているお店をゆっくりと見物。

P7260489  
ハカニエミマーケットホール    
    
P7260492   P7260493
一階部分の食料品売り場。トナカイの肉もある
P7260490   P7260491_2
お菓子屋さんかな
P7260478   P7260497_2
                           毛糸の指人形。3つ子どもに買いました
値段はちょっと高めだが、かわいらしい雑貨や工夫のある日用品もある。

そして一度外に出て、野外マーケット見物。

P7260479   P7260481
P7260482   P7260484
野菜がなんかツボ・・玉ねぎ(笑)             
P7260485   P7260486
花がとても綺麗
P7260487
ベリーも量り売りで

ここのマーケットは店と店との感覚がゆったりしていた。
港のマーケットのような、ちょっとごちゃごちゃしているようなそんなせまい雰囲気はあまりなかった。
人もまだ少な目かな・・・観光客より地元の人が多いようだ。

さて、9時になるのでまたホールに戻るがマリメッコの店はまだあいていなかった・・・と、のんびりとお店の人がきて、もう完璧に9時はすぎているがゆっくりとしたペースでブースの鍵を順番に開け始める(^^;。
P7260495   P7260496
マリメッコ売り場はスペースも広い、通路の両側にあり他のお店の数件分

マリメッコは品数はそこそこで、確かにセール価格のものもほんのいくつかあったが、全体的にはあまり安くなっておらず、後で見たら空港と同じ価格のものがほとんどだったようだ。
まぁせっかくだからとワンピースを試着して1枚、そして安くなっていた小さなバックをひとつ、娘もポーチなどを買う。

さて、10時前にマーケットをでて地下鉄駅へ。
この街はトラムが発達しているので交通手段としては旅行者はさほど地下鉄をつかう必要もないようだ。
ここハカニエミからもトラムで戻れるし、寧ろその方がホテル前まで乗り換えなく帰れる路線もある。
でもせっかくだからと、話の種に帰りは乗ったことのない地下鉄で中央駅まで行ってみようと思い、乗ってみる。
P7260501   P7260502
オレンジの車体
P7260499  
2つ目が中央駅

中央駅からトラムでホテルに戻る。
テレビをつけ、ゆっくりと荷物のパッキング。スーツケースも重さ的には安心かなと思える重さに収まった。ただtaxリファンドの分は手荷物になり、これが結構かさばって結構じゃま(^_^;。

11時45分チェックアウト。荷物を預かってもらい、徒歩で前日閉まっていた近くのおもしろいリサイクル品のあるお店へ。

P7260512   P7260514
こんな感じの道をゆるゆると歩く

そこは期待したほどの品揃えではなかった。が、またせっかくだからとパソコンの基盤をつかって作ったトカゲのマグネットとフィンエアーのカーテンとシートベルトで作ったバック(店員に勧められて迷ったが結局買う(^◇^;))を購入。

さて、そろそろどこかでランチをと思ったが、ふとかもめ食堂が方向的にはそう遠くないことに気がつき、行ってみることにした。徒歩数分、1度行っているのですんなりみつかる。回りはわりと人が少ないのにお店は結構人が入っていて、現地の人に混じって日本人らしき女性やカップルもいた。
P7260515   P7260517
カウンターの位置が左奥に変わっていた     ランチメニュー
P7260518   P7260519
店の左壁、鏡の上に日本の漢字の額        ドリンクはセルフで
P7260521   P7260522
入り口                        外にはテラス席ができていた                   
雰囲気には映画の面影が少しのこっていた。
店には「かもめ食堂」のポスターなども飾ってあった。
テーブルにも醤油があり、メニューも日本語メニューがある。

ランチメニューをオーダー。
ドリンクとメインのおかず、サラダバーでサラダとパンをセルフで。
それに食後のコーヒーか紅茶がついて、メインのおかずによって娘は13.10ユーロ、私は8.90ユーロ。
割とリーゾナブルな値段だ。味もよかった。

満足して店をでる。歩いてもよかったが、最寄のトラムストップからホテル前まで戻る。
P7260526   028
トラム停留所                  持ち歩いていたトラムの路線図

荷物を返してもらい、重いのでタクシーで中央駅へ。
空港までのバスはローカルバスとフィンエアーバスがありそれぞれの乗り場がまったく離れている。
フィンエアーバスのほうがちょっと高くて6.20ユーロだったが、荷物もあるのでそちらを使うことにし、タクシーも荷物を持って歩きたくないのでそっちの乗り場の横にぴったりつけてもらう。
10.50ユーロだった・・・話に聞いていたが、確かに距離を考えるとフィンランドのタクシーは高い。
1時50ごろバスは出発、2時20分ごろ空港着。
P7260528   P7260530
ちょっと早めのチェックイン、また空港内でショップめぐりの私でした。
ボーディングタイム4時半。ゲートは37で遠い遠い。大きい空港はゲートが思わぬ遠さだったりするので要注意、ここで乗り遅れてもしゃれにならない(;^_^A。

5時15分過ぎ離陸・・・今度は「Big」と「Diary of a wimpy kid」という映画を2本みてちょっとゲームをしてニュースをみて、ちょっとだけうつらうつらしたら帰りの9時間弱はすぐ(笑)。
P7270533   P7270535_2
食事は2回、2度目は軽食

日付かわり27日水曜日、成田9時に着陸。
ただいまぁ(*^-^*)~あっというまの4泊6日のフィンランド旅行でしたf(^_^)

2011年8月 1日 (月)

フィンランド4日目・・・オールドマーケット、スオメンリンナ島など

平日になり、朝食は6時半からオープン。
観光気分満々で6時半ちょっとすぎから朝食f(^_^)。
何を食べるか決まってきてるので試し食べもなくなったが、ゆったり45分かける。

さて、今日はまず港近くのオールドマーケットへ。
レンガ造りの建物の中に食料品が中心のお店がたくさん入っている。
朝早いのでまだあいていないお店もあったが、魚や肉、パンやお菓子、お茶など、ちょっと上品にレイアウトされた食品がところせましと並んでいてみているだけで楽しい。
P7250381   P7250373
P7250374   P7250375
P7250378   P7250379
P7250380

ゆっくり回った後はまた港のそばの屋外マーケットへ。
P7250383   P7250385
こちらは手作り品のコーナー(フリマみたいなものかな?!)

前回行ったところだが、またまたゆっくり眺めたりお土産を買ったり。
その日は港から出発のフェリーでスオメンリンナ島に行く予定だったので、その出港時間までゆったりとマーケットですごす。

9時20分前、フェリーにのる。中国人団体がいる、あとはほとんど西欧人旅行者かな。
天気も上々、日焼けしたくないけどやはり上の甲板席に座る(^-^)。
P7250387   P7250388
P7250389
これも例のツーリストチケットが使える・・・ほんとにお勧めです、ツーリストチケット(^-^)・・・トラム乗り放題といい、完璧に元をとってる(笑)。

スオメンリンナ島は世界遺産に登録されている4つの島からなる昔の海上要塞が残っているところ。1973年までフィンランド海軍の基地だったそう。
今は約900人が住んでいるとか。要塞の建物を利用した博物館やレストラン、工芸品を売っている店などがあり、ひとつの観光スポットになっている。

フェリーで15分ぐらいで到着。
P7250393   P7250394
P7250396   P7250397
順路の矢印の立て札にそって島内をゆっくり散歩。
要塞があちこちにあり平和とはほど遠い軍の基地だったところなのに、広々として不思議とのどかな雰囲気。

P7250399   P7250414
ところどころ大砲がそのままおいてある  ベンチが牛の足を模していてさすがデザインの国
P7250404   P7250409
かもめも砂浜で休んでいる
P7250411  P7250405
海からくる風もさわやかだしとても暮らしやすそうな気持ちいい場所だ。
大砲などが点在しているのにこの平和な雰囲気って(*^^*)。
海の近くに座ってぼっとする。風を感じてとてもリフレッシュする。

博物館がいくつかあるが、有料だし入るほどではないなぁと(笑)。
ひとつだけおもしろそうな「おもちゃ博物館」に入る。
昔の人形のおもちゃを中心に、ドールハウス風に展示されている。

P7250426   
おもちゃ博物館入り口にて   

12時10分ごろ、フェリーにのり戻る。
P7250432


港からホテルまでエスプラナーディ通り沿いの雑貨やさんなどに入って買い物をしながら歩く・・・幸せ(*^-^*)。
あと観光地では野外博物館やアラビア工場など行きたいとこもあったのだが、もう無理していかずにお店めぐりをゆっくりすることにした(笑)。

ホテルにもどり買い物したものを置き、ホテル近くのおしゃれな通り、Iso Roobertinkatuへ。ここはブティックやギャラリーや素敵なデザインの服やさんやアンティークショップがあってなかなか魅力。
ところどころ覗きながら商品の価格の高さに驚きながら(服など、換算するとまだまだユーロは高い・・・)オープンテラスの店で昼食にピザ。小さいサイズを2枚オーダーし、2人でシュアしようと思ったら結構な大きさf(^_^)。一枚6.90ユーロ、ドリンク2.50ユーロ。
でもおいしかった、なんとか食べきれた。
P7250434  P7250435  
                           ランチしたあたりの風景

その後またそのままエスプラナーディ通りへ。
行きたかった「ナンソ」で、服を試着して買う。
まだ行っていなかったところを中心にいろんなお店めぐりをしつつ、途中カール・ファッツェル・カフェにてケーキブレイク(*^-^*)。
チョコレートメーカーの直営のカフェで、オリジナルレシピで製造しているとか。
P7250440  
お盆をとり並び、ここから選んでのせてもらう形式
P7250442   P7250443
ここのケーキもおいしい。フィンランドのケーキって日本のケーキに近い感じ。
ハワイや北米みたいに甘すぎなくて上品な味でいい。
ケーキ6.10ユーロ、紅茶3ユーロ。

その後、またイッタラでプライスダウンしていた食器を数枚買い、7時過ぎにホテルに戻る。
ちょっと部屋でゆっくりしたあと、7時40分すぎにラストの夕食を食べにガイドブックにのっていて徒歩5分ほどでいけるお店「ユーリ」へ行ってみる。
が、満員で30分まちといわれ、迷ったがやめてホテルにもどり、ホテルの1階レストラン「toscanini」へ。ワインで乾杯。
P7260445   P7260447
で、トナカイでも食べようと思っていたら見つからず、オードブルのようなものを頼んだらちょっといまひとつ(^◇^;)・・・メニューもイタリアン系で、結局オードブルとパンとワインだけでご馳走様に。

口直しにまたさっきの店「ユーリ」にいってみることにした。今度はすんなり席もあったが、混んでいるので注文をもってくるのに時間かかるがいいかといわれる。
それでもいいと思い、入る。

ここは小さいサイズでちょっとずつ食べられるメニューがあり、そのなかから「reindeer heart=トナカイの心臓」「白身魚のなんとか」「ソーセージ」各4.30ユーロ、そして「プチデザート」7ユーロとσ(^_^)はカクテル9ユーロ、娘はコーラ4ユーロを頼む。全部で32.90ユーロ。
P7260453   P7260455_2  
手前がreindeer heart、右が白身魚
P7260457
チョコレート中心のささやかなデザート(笑)

そんなこんなで両方でかなり夕食に時間をとってゆっくりしてしまったが10時過ぎなのにまだ明るい。
P7260458
店をでた時間でこの明るさ

島ののどかさとお店めぐりに満足した4日目終了。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!