2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« フィギュアスケートNHK杯感想(日本男子) | トップページ | 1年たつのが早い・・・ »

2011年11月15日 (火)

フィギュアスケートNHK杯感想(日本女子)

優勝の鈴木明子選手、2位の浅田真央選手とともに総合点が180点台にのり、3位以下に15点ほどの差がついた。
今シーズンのグランプリシリーズの中でもトップレベルだ(グランプリシリーズはその会場のコンディション、出場してともに争う選手、ジャッジの面子、そしてその場の雰囲気への採点の影響などがあるので不公平な大会だとつくづく思うが)

***
優勝の鈴木選手。
今回選曲も彼女にあっていたし、曲が明るく拍手に本人も助けられるし、元気よく演技ができる、彼女にとってのいいプロだと思う。
調子のいいときの彼女はステップの切れもよくてさすが。
SPで3T-3Tに挑戦し成功したのは本人も自信がついただろう。
彼女もベテランという歳で挑戦していくというのはすばらしい。
ジャンプする前のためがちょっと長いかなとは思うが許容範囲かな。

2位の浅田選手。
演技後の彼女の納得のいく笑顔がみられてよかった。できた!よかった!って思う彼女の純粋な笑顔には癒されます。

いつも思うが、彼女の演技はとまることなく切れ目なくずっと流れるような動きがあってどこをとっても美しく無駄がない
3Aこそ跳べなかったが、ジャンプの流れもよくなってきている。
そして「愛の夢」の笑顔はとってつけたようなものではなく、きれいな心からわきでるような、天使のような素敵な笑顔でした(相変わらずのこの褒め様(*^-^))。
佐藤夫妻にコーチになってもらって本当によかった。
精神的にも安定していてコーチを全面的に信頼しているのがわかります。

心配なのはどうしてもエッジエラーになってしまうルッツもそうだけど、ループジャンプ。
もともと彼女はループジャンプは得意だったし、特にセカンドにつける3Loは始めのジャンプからすばやく切れ目なく流れるような美しいジャンプで私は好きなのに、どうもアンダーローテをとられやすくなってきているようだ・・・自信をなくしたり無理して高く跳ぼうとして失敗が多くなったりしなければよいがと思う。

なにはともあれよかった。これからロシア戦、全日本と上り調子でいって欲しい。
***
ファイナル出場決定はいまのところコストナー鈴木選手。

残る4枠は前回優勝しているシズニートゥクタミシュア、2位の浅田選手、3位だったソトニコア、そしてあと1戦出場できるレオノア(コストナーとレオノアのみ3戦エントリーしている)が有力と思われる。
あとアメリカ大会で3位だったヘルゲソンがフランス大会にでるが、実力からいって彼女は上位には入らないかな。

次回のフランス大会コストナー、シズニー、トゥクタミシュアが出場予定。
この3人で優勝争いになると思う・・・もうファイナルが決まったコストナーはどんな演技をするか(笑)。

最後のロシア大会浅田選手とソトニコアがフリー「愛の夢」同士の戦い
そこにファイナル出場ぎりぎりラインのレオノアや、もうファイナルは無理だが上位にいく実力のあるコルピ、フラットが加わってどうなるか、最後まで見逃せない。

村上佳菜子選手はフランス大会、今井遙選手はロシア大会出場予定。がんばって上位に食い込んで欲しい。

« フィギュアスケートNHK杯感想(日本男子) | トップページ | 1年たつのが早い・・・ »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/54162071

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケートNHK杯感想(日本女子):

« フィギュアスケートNHK杯感想(日本男子) | トップページ | 1年たつのが早い・・・ »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!