2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 世界フィギュアスケート選手権2012in ニース、開催中 | トップページ | 日本人選手、活躍したけれど。 »

2012年3月27日 (火)

世界フィギュアスケート選手権2012(男子)

日本からは高橋大輔選手、小塚崇彦選手、羽生結弦選手の3人。

高橋大輔選手・・・もう彼の演技はすごいと思う。曲にのってあそこまで踊れる選手は他にいない。フィギュアの演技って、フィギュア好きな私でさえもみていてつまらないなぁと感じる選手もたくさんあるが、彼の演技は本当に見てて飽きない。メリハリのある動きには目を見張るものがある。

今期のルールでPCSに「音楽との調和」の項目が入った。それは高橋選手の演技をみて、曲にあっている演技というものをもっと評価していいのではというところから入った項目らしい。

あと彼の注目はジャンプの入り。助走がほとんどないんじゃないかと思うほど、簡単にぱっと跳んでいるように見える。そしてあがってから回転するので回転が速くきれい。
前はたまにレベルが取れなかったりしたスピンの出来も今シーズンはかなりいいと思う。

あえて難をいうとすれば上位選手の中では成功率の低い4回転。
4回転の精度は怪我から復帰してからはなかなか戻っていないようだ。かつてフリーに2度も入れて成功もしていた4回転、本人もぜひとも成功させたいのではと思う。

小塚崇彦選手・・・運動神経も抜群で非常にバランスの取れた選手。スケーティングの美しさには定評があり、高評価されている。
彼の性格にもよると思うが、やっぱりシャイなのか地味になりなかなか強くアピールする演技ができないのを本人も気にしているようだ。
努力はしていると思うので、ぜひともその成果をみたいと思う。

羽生結弦選手・・・初出場の若い選手。4回転の精度が日本選手ではピカ一。後半のスタミナ切れが心配だが、昨シーズンに比べてだいぶ体力的にももつようになってきているようだ。
気持ちをこめた力強い演技も初々しくてなかなかいい感じだと思う。

*外国の有力選手
パトリック・チャン(カナダ)・・・前々から評価されているスケーティングに加わり4回転の精度もあがり、決まるととてもきれい。PCSはかなり高くもらえるので、よっぽどのことがない限りは彼が優勝してしまうのではと思う。
だが・・・個人的には彼の演技にあまり魅力を感じないのはなぜだろう。

男子に関してはなんだかパトリック以外はどんぐりの背比べみたいな感じかな。
あとは同じくカナダの若手ケビン・レイノルズ(フリーが「クロノトリガー」らしい?!)、チェコのミハル・ブルジナトマシュ・ベルネル、スペインの急成長株ハビエル・フェルナンデス、フランスのフローラン・アモディオ、ブライアン・ジュベール(ちょっと上位は無理かな、でも応援したい選手(笑))、ロシアのアルトゥール・ガチンスキー、アメリカのジェレミー・アボット、アダム・リッポンあたりが注目の選手。

男子も3人の出場枠があるのは日本のみ。

« 世界フィギュアスケート選手権2012in ニース、開催中 | トップページ | 日本人選手、活躍したけれど。 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/54326488

この記事へのトラックバック一覧です: 世界フィギュアスケート選手権2012(男子):

« 世界フィギュアスケート選手権2012in ニース、開催中 | トップページ | 日本人選手、活躍したけれど。 »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!