2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月23日 (火)

羊毛フェルトでつくるリアルな「ニードルフェルトの猫」

妹の作品が展示されているというので行ってきました。

サンイデーの文化祭 西武渋谷店 A館7階サンイデー
http://www2.seibu.jp/wsc/020/N000052626/0/info_d

021 024_2

妹のやっているのはニードルフェルティングの手法で猫を作る「羊毛フェルトで作るリアル猫人形」
ニードルフェルティングとは羊毛にニードルを何度も突き刺すようにして堅めたり形を整えたりして人形を作っていく手法。  そのリアルさには驚かされます。


010
妹の作品・・・大きさは実物大ぐらい。すごくよく出来てると思う(身内褒め(^◇^;))

先生は佐藤法雪さんという男性の方。その繊細な技術には驚かされます。
自分の飼っている(飼っていた)ペットとそっくりに作って欲しいというニーズが多いそうです。
本も出していらっしゃるんですね。
以下、先生の作品。さすがですねぇ・・・
015 016
022 023
025 026

猫好きな人にはすごくいいかも(笑)

犬もいますよぉ・・・
019 020
ビーグルと柴犬。私は柴犬がいいなぁ(*^^*)

この階には北欧の雑貨、布のお店もありました。思わず見入っちゃった(*^^*)(すっかり北欧ファン)

29日までやっているようなので、興味のあるかた、面白いですよ♪
小さいコーナーなので、何かのついでに行ってもいいかもしれません。
他にアクセサリーやニットなどの手作り品のブースもあったようです。
ニードルフェルトは26日にはワークショップもやるそうです。

2012年10月21日 (日)

「大人の遠足」茨城の旅2日目

朝6時過ぎごろ、前日は時間の関係で行けなかった露天風呂へ(6時より)。
浴衣で来てしまい、朝の空気はひんやり冷たくて足早に入り口へ。
室内の廊下をちょっと下っていくと向かって左に男風呂、右に女風呂。

源泉掛け流しの湯船にはりんごが浮かんでいました。
顔を近づけると甘いいい香り・・・ゆったり♪
と、端の岩にタオルを置いてから気がついたんだけど、、、その端の岩の近くから客室がみえるじゃないのぉ(^◇^;)~その岩あたりにはりついてると丸見え状態(^◇^;)。

Pa140630_2
そのあと部屋に戻って確かめたら案の定(^◇^;)・・・

朝食はバイキング形式。

Pa140631_2
パンとヨーグルトがお勧めときいていたけどそのとおりで、パンは焼き立てで美味♪、豆腐や刺身こんにゃく、お粥など、ヘルシーな和食料理も食べ放題。もっと余裕を持ってゆっくり食べたらよかったかな。

8時40分、チェックアウトを済まして出発。仲居さんが火打石で送り出してくれる。
昨日とバスと運転手さんが交代。

さて、まずは日本3名瀑のひとつ、袋田の滝へ。

袋田の滝
http://www.town.daigo.ibaraki.jp/index.php?code=2

Pa140641 Pa140643_2
高さ120M幅73M,冬にはそれが凍結するといいます。凍った滝も見てみたいな♪
 

滝に向かうトンネル途中からすでに滝の落ちる音。まずは滝つぼの一番下の部分より滝を見上げる。

紅葉には少し早く、またこの日は水の量が少なめだったということで、前回来た3月よりも少し激しさも控えめでした。それでも間近で見られる滝は迫力。
エレベーターを上った観瀑台から滝の最上段を望むことができます。上から見下ろす滝も圧巻。周りの木々も相まってすばらしい景観です。

お次は地元名産のリンゴ園へ。

豊田りんご園

http://www.its-mo.com/c/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94%E5%9C%92/ZIDX_ZPOI,00000000000001943067/

Pa140654 Pa140653
赤いりんごがたわわに。思わずカメラを向けたくなる愛らしさ♪。入場料のかからないほうで各種りんごの試食ができます。20分ほどの時間しかなかったのでりんごをむいている時間もおしいくらい(^◇^;)。

りんご購入の友達に刺激されて、私も試食もそこそこに5個ばかり購入。
ついでにおいしかった刺身こんにゃくも。一気に荷物が重くなる(^◇^;)。
りんごジュースを購入、皆で飲む。おいしい!乾いたのどが潤う。

たくさん購入してリンゴ園を潤し、さぁ~っと去っていく私たち(^◇^;)・・・

茨城は隠れた名産が多いそうです(^-^)。
りんごができる最南、みかんがとれる最北、海では親潮と黒潮がぶつかる影響でおいしい魚がたくさんとれるそうで、何でもござれですね。
あとね、牛肉もおいしいんです、常陸牛。これはのちほどちょこっと食べます(笑)。

ランチの前に、もうひとつの名所、本州で最長のつり橋の竜神大吊橋へ。

竜神大吊橋

http://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp/

Pa140657 Pa140663
 
ここねぇ、確かに大きくて鉄橋と見まごうよう。橋長は375m、道幅3m。
でもまったく揺れないんですね(笑)。
だからなんだか鉄橋そのものを歩いているような感覚。
さほど怖くないです・・・
と思ったら、途中透明な板ばりの床があり、ここから覗くとかなりの高さに足がすくみます(高さ100mだとか(^◇^;))。
まぁその板が傷等で曇っていたのでいまひとつ下の湖面見えにくく救われましたが(笑)。

橋を渡った先の鐘。100円でお賽銭感覚ですが鐘を鳴らすことが出来、カードが出てきます(電子音。真下にいると大音響(^◇^;))

013
カードの色で選んだ「希望の鐘」を鳴らしてみました(笑)

お次はランチのお店へ。

木内酒造併設の蕎麦屋さん な嘉屋(那珂市)

http://nakaya.cc/index.html

Pa140669 Pa140670
 これがうわさの常陸牛!美味!!   かき揚げは厚く、具沢山(10種)。もうちょっと熱かったらもっとおいしかったかな

Pa140671 Pa140672
そばはおいしかった。茨城は蕎麦も隠れた名産だそうで。そばつゆも美味。ついでにそば湯も濃くてグッド(笑)。デザートは梅ゼリー

食後は酒蔵側の売店にておみやげに地酒2本と炭酸の梅酒「しゅわしゅわ梅酒」購入。

012
飲むのが楽しみです♪


さぁ、宿泊・滝の大子町、つり橋の常陸太田市、ランチの那珂市からかなり離れ、その後は茨城県の東側海沿いほぼ中央にあるひたちなか市の国営ひたち海浜公園へ。

国営ひたち海浜公園

http://www.hitachikaihin.go.jp/fair/aki/index.htm

4月末にここにきて一面のネモフィラを楽しんだんですが秋はそこが一面のコキアに。
(そのときの日記 http://amy2010.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-8ad4.html  )


コキアってよく知りませんでしたが、葉が紅葉するんですねf(^_^)。
http://yasashi.info/ko_00014.htm

ここはすばらしいです。園内はかなり広い。そして一面の**畑というのは本当に爽快で気持ちいいです。曇ってきて、ときおり小雨も降ってしまい、青空に映えるコキアにはちょっとなりませんでしたが。
Pa140680 Pa140684
そばの花                 コスモスも愛らしい
Pa140688 Pa140691
                                  コキアのアップ 
Pa140695 Pa140698
Pa140703 Pa140704_3
コキアはひとつひとつ、色が微妙にちがっているし、風の影響なのか傾いたりもしてたり。
赤色が濃いいくつかがかたまっていたり、赤の中にぽつんとひとつグリーンのままだったり。遠くには海も見えます


海を見晴らせる丘途中でここは海浜公園だということに気がついた友あり、丘をくだってるときにやっと海があることに気がついた友あり(^m^) ・・・ほんと、退屈しませんでした(^◇^;)。
秋の公園を満喫♪

楽しかった思い出を胸に、一路東京駅へ。

が、これが予想外の渋滞。駅が近く徒歩で行ける「八潮PA」にて関西からきていた友達が下車、涙のお別れ(^^;。
でもその後は渋滞も落ち着き、無事東京駅到着。
あっという間の、感謝感謝の楽しい2日間でした。

2012年10月18日 (木)

「大人の遠足」茨城の旅 1日目

東京駅に9時集合。小型観光バスにて常磐道で茨城へ。
天気もよく気候も一番の観光日和。 

まずは七つ洞(ななつど)公園へ。ここは公園として作り始めたものの、途中頓挫のような朽ち果てた?!公園だったものがいろいろとロケで使われだし、最近では映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地となって一躍脚光を浴びた場所・・・って説明あってるかしらん(笑)。

七つ洞公園

http://www.mito-park.net/film/index.html

Pa130546 469827_1799956428_140large
マイナスイオンたくさんののどかな林の中をおしゃべりしながらのんびり3分ぐらい歩き、ロケで使われた井戸やお風呂のシーンで使われた場所など見学。どんぐりや栗もちらほら落ちていました。

続いて常陸国の室町時代の画家 雪村(せっそん)ゆかりの地に程近くにあるという広々した一軒家を使ったフレンチレストラン雪村庵へ。

オーナーの別荘をレストランにしたそうで、ゆったりとしたつくりの大邸宅。
お庭も広々と、、、池あり、林の山道風あり、趣があります。

雪村庵(せっそんあん)

http://www.seimiya.co.jp/sesson/news.htm

Pa130572 

Pa130561_3 Pa130564 
Pa130567 Pa130569
ランチは茨城産の豚のソテーがメイン、やわらかくておいしかった!
かぼちゃのスープも絶品。
野菜も卵も全部地元産。食器にも凝っており、大変おしゃれ。
このランチを東京で食べたらもっと高いだろうなぁ。


お食事後は敷地内のギャラリーへ。ちょっと登っていったところから見晴らす。踏み切りの音がして、ちょうど「水郡線」が走る。単線の3両編成。う~ん、のどか(*^^*)。
Pa130574 Pa130575 
ギャラリーにはその昔の家具や調度品、地元産の陶器などを展示・販売

おいしいランチの後は「おひさま」ロケ地の旧上岡小学校へ。

旧・上岡(うわおか)小学校

http://www.daigo-kanko.jp/?page_id=4440

http://www.town.daigo.ibaraki.jp/index.php?code=187 (音あり)

Pa130581_4 Pa130583 
Pa130587 Pa130588

Pa130603 Pa130608_21 
このちょうつがいのネジ、懐かしい人いませんかf(^_^)?!

ここ、とってもいい感じでした。
木造校舎入り口に昔の赤いポスト、子供たちが手入れした風の暖かな雰囲気の花壇。
そして昔懐かしい教室、廊下。広~い校庭にぶらんこや鉄棒。

ここで地元のりんごジュースをのみながらまったり。同窓会気分でした。
みんなでほのぼのと、、、その空気がとても心地よくて。

外にでて、鉄棒さかあがりにトライしていた面々もいたようだけど(笑)、どちらにせよ私はスカートだったのでした。

お転婆でしたから鉄棒好きでしたねぇ(*^^*)・・・足をかけてぐるぐる回ったり膝を抱え込んでまわったり・・・これって小学生の頃はスカートでもよくやっていたなぁ(^◇^;)。
ぶらんこも懐かしい。二人乗りなんて楽しかったなぁ。
遊びたい女子は「パンツ」(ズボンともいう(笑))で来ましょうf(^_^)。

宿に行く前にお土産屋に立ち寄りました。

麻呂宇土(まろうど)

http://www.maroudo.net/

常陸大黒(黒一色の花豆)のようかん、試食して甘さほどよく豆もほっくりしてておいしくて。

でも豆そのもののパックもこのようかんも買おうとしたら要冷蔵だということで断念、豆入りの御菓子を代わりに購入(考えてみたら真夏の炎天下でもなかったので買えばよかったかしらん、残念・・・あ、ネット購入で発送してくれるかな?!)。

さて、お泊りはここ。

思い出浪漫館(大子町・袋田温泉)

http://www.roman-kan.jp/?page_id=13

Pa140627 Pa140628
部屋の窓からガラス越しに。なんと遠くに露天女湯もちらっとみえますぜ(^◇^;)
Pa130610
食事は夕食は宴会席にて、メインは奥久慈シャモのすき焼き

宴会、盛り上がりましたねぇ。メンバーが気の置けない人たちだとこうも楽しいのね。 
お開きになってからまた温泉に入り、布団に入ったのはかなり遅かったかな。 

2日目へつづく・・・

2012年10月16日 (火)

茨城へ1泊してきました♪

10月13~14、ネット友達Tさんの仕事の茨城観光PRの一環として、彼女が行程を組んだ小旅行で1泊の茨城の旅に行ってきました。
団体名は「大人の遠足倶楽部」。
マイクロバスでの大変楽しいオフとなりました。

ほ~んと、心から楽しかったといえる笑いのたえない2日間でした。
みんなよく笑っていました。楽しかったね。
たった2日間だったのに家に帰ってきたとき、何日も家をあけてたみたいな別世界から戻ってきたような感覚でした(ちと大げさ?!いやいや(笑))

こういう「大人の遠足」って、童心にも返ったような気分もあるけど、それでいてみんなやっぱり大人だから、、、たとえば2日目の公園なんかも、それぞれ写真をとったりして自由に歩きつつもなんとなくその場の人と一緒に語り笑い・・・そんなどこかまったりとした、素敵な時間でした。 

こういう機会って私は自身はめったにないのでよけい感動してしまうのかもしれないけど、一生忘れない思い出となりました。
ご一緒したネット友達の面々に感謝です。
そしてこんな機会をつくってくれたTさんに大感謝。さすが、プロの気配りや彼女らしい心遣いが要所要所満載でした。

観光したところもいい味あるところ、素敵なレストラン、雄大な滝、広々としたコキアの公園などなど、計画は完璧。どこもすばらしかったです。
ホテルもきれいだし景色はいいし温泉も広々とのんびりしたし露天もあったし食事もおいしかった。時間がなくてお土産屋を覗けなかったのがちょっと残念だったかな。
でも観光で寄ってくれたところで、しっかり「さしみこんにゃく」「りんご」「地酒」をおみやげに買いましたよぉ~帰りの荷物の重いのなんの(^◇^;)

茨城、いいところです!東京からでも距離はそう遠くないのでつくばエクスプレスで行って泊まれば時間もいっぱい。たくさん楽しめますよぉ♪
詳しくはまたおいおい日記を書く予定です、よろしくね(^_-)☆。

2012年10月 8日 (月)

ジャパンオープン2012見てきました♪

もう2日前ですが・・・木下グループカップジャパンオープン2012を観てきました。
余興的な意味合いが強いこの大会ですが、シーズン最初の選手の演技が観られるということもあり、なかなか興味深い大会です。
男女2人ずつ、フリーの演技のみで競う団体戦。

019

まぁ演技に関しては、選手にとってはスタートしたばかりのお試しのようなところもあるのですが、高橋・小塚・浅田選手、外国勢ではアシュリーワグナー選手が完成に近い形のまとまった演技を披露できていたように思います。
プルシェンコ選手も本調子ではないようですが振り付けも結構様になっていて(笑)よかった。
アマチュアを引退しているジェフリーバトル選手は予想外にいい演技をみせてくれました。

浅田選手に関して・・・

今期のフリーは「白鳥の湖」(タチアナタラソワ)、ショートは「アイガッドリズム」(ローリーニコル)。
今回披露された「白鳥の湖」、彼女にとてもあっている曲。
線の美しさ、動きのやわらかさが出ていて優雅で素敵でした。

今回はスピンで同じパターンを繰り返したという判定になり2つ目が無効となってしまったり回転不足判定も多く点がさほど伸びませんでしたが、今後ジャンプを含めていろいろと修正していき、よくなっていくことでしょう。
スタートとしては上出来だったと思います。
あとはジャンプの難易度UPですね。3Aも3-3も練習では跳べているようなので、なんとかプログラムに入れられるレベルになるといいのですが・・・

それにしても「さいたまスーパーアリーナ」、広すぎて、、、
よっぽどいい席を取らないとよく見えない(^◇^;)・・・

2012年10月 5日 (金)

特撮博物館♪

いつものネット友達と先日、特撮博物館に行ってきました。

庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技
http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/137/

ここのところ美術館づいてる私・・・
やっぱり今回は客層が40代以上と思われる男性や、若い人だとカップルが多かったなぁ。
全体の7割がたは男性でしたね。年配の女性が多い絵の美術館とは熱気が違う感じ(^◇^;)

いやぁ~なかなか見どころ満載で面白かったです。
10時半に待ち合わせて、出たのが1時20分すぎていたのでたっぷり約3時間。

まずは円谷プロの時代に実際特撮に使った現物やら絵コンテやら設計図やら映画のポスターやらから始まる。
その時代に子どもだった私たちの世代、特に男の子はよくみていただろうから興味も深々だよねf(^_^)。
今でこそ特撮はCGを使えば簡単にできることを、その昔はいかに本物のように見せるか、実際の映像のように表現できるか、その苦労を垣間見ることができました。

で、この特撮の道のあとを継いで現代第一線で活躍中の面々が、今回CGを一切使わずに短編映画(東京が、世界が火の海となるなんとも逃げ場もない言葉も失う切ないお話)をこの展示で発表。

そのメイキングの映像もおもしろかった。アイディアを出し合い、トライし、アナログで表現しようと奮闘する様・・・なかなか困難でアナログゆえの苦労満載。
でも制作に携わってるスタッフは本当に楽しそうに仕事をしていたなぁ(*^-^*)。
出来上がった映画は迫力満点で秀逸。さすがの一言です。

Pa020495 Pa020505 
 
Pa020510 Pa020511 

Pa020512_2
館内は撮影禁止だったんですが、唯一ジオラマのコーナーだけは撮影OK。 

短編映画の中で使われた、ドールハウスのような独身男性のアパートの一室のコーナーは結構な列。
Pa020520 Pa020525
アパートのベランダと部屋

始めは正面から写真を撮るためにならんでたけど、なんだか遠慮のない人が多くて(~_~;) 、、、
写真撮影に1人あたり数分かかっていたようだったので、こりゃぁ順番がまわるまで1時間以上かかりそうということで断念。
この映像は横からちょこっととったやつ(^◇^;)


ラストはお土産品コーナー。
これもなかなか興味深かったなぁ。昔の塩化ビニール製のゴジラとかモスラとか、プレミアムがついて結構な値段で売っていました。持ってる人は捨てないで(笑)

Pa020537
バルタン星人のキーチェーンと大判のハンカチをゲット


さて、「特撮博物館」を後にし美術館内のレストラン「コントン」へ。

オーガニック野菜のプレートランチ。メインは魚(サーモン)、肉(ロールキャベツ(^◇^;))、野菜のソテーのなかから(サラダがついているのになぜかメインが野菜(^^;)ヘルシーな野菜をチョイス。

Pa020529
味はシンプルで塩に少し隠し味に醤油をたらした感じ?! いろんな野菜の素材そのものの味が感じられたけど・・・可も不可もなくかな(^◇^;)。
量の割にはなかなかの値段で1680円なり。お店の居心地は良かったんだけどね(笑)


その後、美術館の前にあるカフェに移動。お店はいまひとつの雰囲気でしたが、注文した「ヘーゼルナッツモカカフェ」は優しい甘さでなかなか美味でした。

博物館、興味のある方はぜひどうぞ!といいたいところですが、8日までです(^◇^;)・・・
まぁチャンスがあったら3連休中(激込みかも(^◇^;))にでもどうでしょうかということで(^-^)。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!