2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月20日 (木)

フィギュアスケート全日本選手権が明日より開催します

明日から24日までフィギュアスケート全日本選手権が北海道の真駒内アイスアリーナで開催されます。

テレビ放送はフジテレビにて。
21日 男子SP 夜7時~8時54分
22日 女子SP&男子フリー 夜7時~11時10分
23日 女子フリー  夜7時~9時45分
24日 All JAPAN メダリスト・オン・アイス 夜7時~9時


フジテレビでの放送はねぇ、あまり好きじゃないのです(^◇^;)・・・何かというとキムヨナを出すところが嫌なの。もう彼女の映像を出して比較するのはいい加減やめて欲しい。
先日も歴代最高点を出したとさわいでいたけど、あの試合は正規の記録として残らない試合(スポンサーが自国の有利になるジャッジを連れてくるとかいろいろあるレベルの試合)だし。

全日本選手権は、2月の4大陸選手権、3月の世界選手権の代表を決めるにあたっての重要な試合ですが、国内戦なので公式な点としては残りません。
そのシーズンによって多少違いますが、基本的にこの全日本選手権の上位選手が代表に内定。世界選手権各3名、四大陸各3名。

四大陸選手権はその昔はワンランク下の選手を派遣していたものでしたが、最近はヨーロッパ選手権に対抗できるよう試合の格をあげたいというISUの思惑もあり、トップクラスの選手が派遣されるようになっています。最近では世戦代表1位選手と2位、そして全日本4位の選手が入ることが多くなっています。

これからの日本のフィギュア界を占う全日本選手権。ジュニア上位の選手も出場するので見ごたえがあります。

男子。下手な海外試合よりもずっとレベルが高いです。有力選手は高橋大輔選手、羽生結弦選手、小塚崇彦選手、織田信成選手、町田樹選手、無良崇人選手
この6人で、でも実質織田選手までの4人が有力といっていいと思います。
4回転争いになりそう。
予想としては・・・高橋、羽生、小塚かなぁ・・・
高橋選手、小塚選手は4回転がちょっと不安なのでどうなるかしらん。
ジュニアの注目選手は宇野昌麻選手。

女子は浅田真央選手、鈴木明子選手、村上佳菜子選手でほぼ決まりかな。
真央ちゃんは3Aは回避するのかなぁ・・・
村上選手を押していた連盟としては、やはり今井遥選手よりも村上選手を選ぶでしょうね。
私としては、村上選手はジャンプが綺麗でないのでいまひとつなのですが。
安藤美姫選手が抜けている今シーズン(まだ引退決定ではないようです)はもめることなくすんなりこの3人に決まることと思います。
もし安藤選手がいたら、今シーズンなら村上選手より鈴木選手が上位にきて代表に選ばれていたことでしょうね。(村上選手デビューの年は鈴木選手は代表からもれて涙をのんでいます)

興味深いジュニア選手は宮原知子、庄司理紗、大場雅選手かな。
(ジュニアに関しては正確なアサインを知らないので出場するかわからない)
興味があったらみてみてくださいね♪

2012年12月16日 (日)

リヒテンシュタイン展、書展&六本木ヒルズのスカイドリームデッキ

ひょんなことからまたまた六本木詣となりました(^◇^;)

待ち合わせてまずは国立新美術館へ。

リヒテンシュタイン展
http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/


小さい国というのは一応知っていましたが、リヒテンシュタインって侯国なんですね。
オーストリアの西の隅のほうにあり、小豆島の大きさ、人口は約35000人ほど。

コレクションはリヒテンシュタイン侯爵家のまさに秘宝。日本人庶民の私たちには想像もつかない壮麗な世界です。
絵のみならず、工芸品や家具調度品も展示。
時におどろおどろしい(^◇^;)?!装飾がほどこされたり、中国から渡ってきた陶磁器にもわざわざ金やブロンズの枠飾りをつけたり。椅子や家具の足はそれだけでも芸術的風格かな。
これだけのものを集めて装飾し使用する・・・裕福だからこそできる由緒正しい身分の侯爵家。
コレクションの数々はわりと近年までずっと公開もされず収集保管されてきたそうです。

070
マルチクロス、マグネット、缶ミラーを購入
その後、友人が出品しているという書展へ。
すごい量でした。その中で友人はたいそうな賞を取っていてびっくり♪
(プライバシーもあるので割愛しますが、友人の活躍に感動です)

さて、その後またまた東京ミッドタウンへ移動。
この前によく見なかったツリーシャワーをじっくり見学(笑)
014 020
021 022
よくみると七福神も混じっているとか

今井屋茶寮にてランチ、Four leaves cafeでお茶♪
http://r.gnavi.co.jp/g398531/menu4.html

025 026
ふわとろの半熟卵掛けの親子丼、おいしかったです。ご飯の量もさほど多くなく、ダシも程よい薄味、鶏肉もちゃんと味がする鶏肉でした。

4時半ごろもうひとつの目的地、六本木ヒルズの森タワーに移動。
ウォルト・ディズニー生誕110周年記念「スカイ・ドリーム・ショップ&デッキ」
http://www.roppongihills.com/events/2012/04/tcv_skydream.html


030
スカイドリームツリー

ちょうどいい時間に合わせて展望台に上ったので日が沈んだあとの夕焼けが幻想的でとてもきれいでした。

027  040
 
046 049
遠くには富士山が。どんどん夜空に変わっていく ・・・

展望台にいる間にすっかり夜空になり・・・屋上のスカイドリームデッキへ。
寒かったけどなかなかきれいでした。ここはやっぱりカップルで行くところだなぁと思った次第(イルミネーションと同じ感想(^◇^;))
053 060
061 063

クリスマスまでやっています。よろしかったらカップルとかでもどうぞ♪

2012年12月 9日 (日)

祝GPF優勝!真央ちゃん、大ちゃん、おめでとう!

グランプリファイナル 男女シングルの結果です。

女子:
優勝 浅田真央、2位 アシュリーワグナー、3位 鈴木明子、
4位 キーラコルピ、5位 エリザベータ・トゥクタミシェワ、6位 クリスティーナ・ガオ


緊張した選手が多かったようで本来の力を発揮できなかった選手が多かった。
そのなか、トリプルジャンプがひとつダブルになったほかは大きなミスもなくスピンもステップも全部しっかりとレベル4を取り、きれいにまとめた浅田選手がSPの首位を守り優勝。
百戦錬磨、腰の調子も悪い中メンタル面でもプレシャーに打ち勝って崩れず滑りきったのはさすがです。
ワグナーと鈴木選手はジャンプの失敗がいつもより多く実力が出せなかった。
フリーだけだと2位はトゥクタミシュワでした。

男子:
優勝 高橋大輔、2位 羽生結弦、3位 パトリックチャン、
4位 ハビエルフェルナンデス、5位 小塚崇彦、6位 町田樹


日本男子1,2フィニッシュの快挙!男子はレベルの高い争いで見ごたえがあった。
6位の町田選手以外はジャンプひとつ2つで順位が入れ替わる僅差の戦い。

高橋選手はさすが。あの濃い感じのプログラムも今回はσ(^_^)のなかでもすんなり溶け込み、演技が盛り上がってからのこれでもかという激しいステップは本当に圧巻だった。
ひとつめの4回転転倒のあとの4-3のコンビ成功は「男!」といった佐野さんの解説にものすごく同意してしまった(笑)。
失敗しても失敗しても試合で4回転を入れて、成功率もどんどん上がってここぞと言うところで決める大ちゃんは男の中の男、すばらしい。
彼のジャンプは助走を感じさせず危なげなく軽々と成功させてしまうところもすごいと思う。

ちなみにフリーのみの1位はフェルナンデス、2位羽生選手、3位高橋選手、4位チャン、5位小塚選手。

フェルナンデス4回転を3つ入れてすべて成功、すばらしいことだ。それだけにそれ以外のジャンプに凡ミスがでてしまったのは惜しい。
チャップリンの演技も様になっていてなかなかよかった・・・かつての織田君のチャップリンより私は好きだなぁ(笑)。

羽生選手の4回転、成功すると流れもあってランディングも柔らかくてほんとにきれい。2つ目の4サルコーがダブルとなってしまったが、その他は大きなミスもなく、今回は最後のスタミナ切れも感じさせず、上出来だった。PCSもだいぶ高く出るようになってきて名実ともに日本男子の1,2番手に近づいてきた感じ。

3位のパトリックチャン
いつも多少失敗しても高いPCS(演技構成点)にも助けられて上位にきていたのになぜか点が低めと思ったら、コンビネーションジャンプを跳びすぎで最後の2A-2T(基礎点4.6)が無効になっていた。(始めに4回転(4T)を単独で2度跳んでしまったので2つ目がシークエンス扱いでコンビネーションとみなされたため)。これがカウントされていたら、加点も含めると総合では羽生選手の上にきていたかもしれない。

小塚選手、そう悪い出来ではなかったのだが・・・今回皆PCSが全般的に高めにでていたがPCSだけだと小塚選手は5位、技術点だと4位。PCSはチャン、高橋選手が90点台、羽生選手が85点台、フェルナンデスと小塚選手が82点台。彼としてはもうちょっとPCSが欲しいところだろう。

*********

昨夜の男子シングルライブ放送、ドキドキでした。
ソチ五輪だと時差は6時間だそうでライブ放送でみられることも多そう♪
なんだかこの会場、音が反響しすぎという気がしたけど・・・選手にはどう聞こえてたんだろう??

次は12月20~24の全日本選手権、2月6~11の四大陸選手権、そして3月10~17の世界選手権と続きます。
世戦の女子は国内戦免除のあのKYさんも出てくるでしょう。今ドイツで開かれている大会にでて早速SP今期最高点だったとか・・・この人がでてくると平和が乱されて嫌(~_~;) 。

日本選手、このまま来シーズンにつなげていってオリンピックでの活躍を期待します♪

2012年12月 8日 (土)

フィンランドデザイン展と六本木ヒルズ&東京ミッドタウン

6日はmixiコミュの忘年会だったんですが、その前にいつものネット友達と六本木で遊んできました。
東京ミッドタウンガレリア「ツリーシャワー」で待ち合わせ。

まずは酢重ダイニング 六角にてランチ。
http://www.tokyo-midtown.com/jp/shop-restaurants/restaurant-bar/SOP0000059/index.html


028
ランチ限定メニュー「酢重風とろろと前菜の盛り合わせ」ゴマ風味の味噌、豆いりの味噌が美味。煮物もだいこん、おなすなどじんわりだしがきいていて絶品。量もちょうどよし

その後、フィンランドデザイン展へ(サントリー美術館)
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/future.html?fromid=leftnavi

旅行してから興味を持つようになったフィンランドの雑貨や食器。
デザイナーオリジナルの食器やオーナメントの数々を楽しみました。
泡がきれいに入っていたり美しいループの模様が入ったいたりの作品、どうやってつくってるんでしょう・・・わかりません(^◇^;)。

余談ですが、「地震が少ないから古いものも割れずに残ってるんだね・・・」などと友達といっていたけど昨日の地震では大丈夫だったかしらん。
まぁちゃんと対策してるんだろうけど。

437039_1843012320_15large 041 
042 437039_1843012315_242large
056 129
写真はOKなものだけ撮りましたがこんな感じ・・・空いてるのでのんびりまったり見学できました。最後は購入したはがきサイズのクリアファイル

東京ミッドタウンから六本木ヒルズに移動。
あちらこちらの素敵なクリスマスのオーナメントにクリスマス気分も盛り上がります。
途中、クリスマスの雑貨ワゴンやチーズのお店などにちょこちょこ寄りながら・・・でもなんでもなんとなく六本木価格のような(^◇^;)

六本木ヒルズのクリスマスマーケットへ♪
http://www.roppongihills.com/feature/christmas2012/03.html
437039_1843012271_50large 059 
064 068 
いやぁ、お店の数は少ないものの、ここ、かわいいです。ドイツのクリスマスのオーナメントや雑貨がところせましと並べてあったり吊り下げてあったり。クリスマスドームだけのお店やハンドメイドのガラス細工の置物のお店とか・・・見ていてあきません。

でもね、買うとなると「これは似たようなものが100均で売ってそう・・・」とか、お菓子とかも「カルディで売ってるかもね・・・」なんて貧乏根性が私たちをよぎります。
だってほんと、品物はかわいいけどお値段はかわいくないの(爆)

マーケットのあとはハーブスにてお茶。

082_3

久しぶりにケーキ1個食べました(笑)

暗くなるのも早くなるこの時期、結局せっかくだから何か買おうかと皆でまたクリスマスマーケットへ戻ります。暗くなってからだと先ほどと違った雰囲気。クリスマスはやっぱり夜が似合うよね。
127
ガラス細工をゲット(^◇^;)ミニツリーとビール飲んでるトナカイさん

その後けやき坂にでてイルミネーションの並木道を歩く。
088 099
遠くに東京タワーも見えます。

東京ミッドタウンに戻り、ミッドタウンの外のクリスマスイルミネーションも堪能。
117 437039_1843012227_163large
広々としたブルーの野原が点滅したり流れたり輝いていて幻想的でうっとりです。。
ここはカップルがお勧めかも(^◇^;)
あ、でも女性同士でももちろん素敵です(笑)


その後お茶して暖まったところでぎりぎりに忘年会会場に。
そして・・・また二日酔いになってしまった私・・・

でも盛りだくさんでとても楽しい1日でした。

2012年12月 5日 (水)

フィギュアスケートグランプリファイナル12/7~9ロシアのソチで開催

シングルはGPシリーズでの上位選手男女各6人ずつが出場。
日本人選手は男子はなんと4人、女子2人が出場
GPシリーズ6戦での上位10人は男子は日本6人、カナダ・スペイン・アメリカ・フランスが各1名ずつ。女子はアメリカ4人、日本人3人、ロシア2人、フィンランド1人。
日本男子の躍進が目立ちます。アメリカ女子も近年停滞気味でしたが盛り返してきています。

さて、出場選手をポイント順に。
男子:パトリックチャン(カナダ)、羽生結弦、小塚崇彦、町田樹、高橋大輔、ハビエルフェルナンデス(スペイン)
女子:アシュリーワグナー(アメリカ)、浅田真央、キーラコルピ(フィンランド)、鈴木明子、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)、クリスティーナ・ガオ(アメリカ)
ユリアリプニツカヤは怪我のため欠場、代わりにクリスティーナ・ガオ出場

男子の優勝候補はやはりパトリックチャン選手かな。ただ今シーズンは羽生選手の成長がめざましく、演技構成点もかなり高めにでるようになっている。特にSPの得点は今シーズン最高の点を2度もたたき出している。

彼の課題はフリーのスタミナ。プログラム最後で息切れしてしまうことが多いので、そこをうまく乗り切ればかなりいいところまで追い上げられるのではないだろうか。4回転もショート1本、フリー2本を完璧に跳べれば強い。今までのGPシリーズの経験を生かし、修正していることを期待している。

高橋選手は昨シーズンに比べてプログラム的に(σ(^_^)の感想だけど)ちょっと濃すぎる感じがする。これぞ高橋選手という構成になりすぎていてしつこいというか(^◇^;)(ごめんね)。でもSP1度、フリー2度の4回転が成功してくれば、もともと演技構成点をもらえる選手なので優勝争いに加わっていくと思う。ステップは相変わらず圧巻

小塚選手・・・どうだったか、いまひとつ記憶が(^◇^;)・・・
丁寧な、氷に吸い付くようなスケーティング、ぶれないスピンをもつ彼は、彼自身もすべりで目がはなせない演技を心がけたいとのことだ。地味ながら実力派。

町田選手はこの中ではどうしても知名度で演技構成点が低めになると思うが、完璧な演技でしめくくってほしい。
フェルナンデスは4回転がすばらしい。プログラムの魅力がもうちょっとかなぁとは思うけど、でも感情をこめた演技が上達してきていると思う。

今回の男子は4回転の成功率争いになるかも。4回転を美しく跳べる選手が多くいるなか、4回転に関してちょっと心配な高橋選手、小塚選手、成功して波にのれますように。

女子はこのところ調子がものすごくよく失敗が少ないワグナー、そこに浅田選手と鈴木選手がどうからんでくるかが見どころ。トゥクタミシェワは昨年に比べてちょっと体型が若干大人びてきて太めになってしまったようで今シーズンはジャンプがいまひとつ。この大会に向けてどこまで持ち直しているか。キーラコルピは無難にまとめれば3位前後にはいれるかなぁという感じかしらん。他の選手が大失敗したら優勝するかなというレベルだと思う。

希望的観測を含めて順位予想(^◇^;)
男子:1位パトリックチャン、2位羽生選手、3位高橋選手か小塚選手かフェルナンデス(^◇^;)
女子:1位浅田真央選手、2位ワグナー、3位鈴木選手
う~ん・・・真央ちゃんはもしかしたら危ないかも。腰痛も少しあるらしい。
完璧な演技ならいいけど、NHK杯と同じようなフリーの出来だと難しいかと。
安定感のあるワグナーがひょっとすると優勝かもしれない。
鈴木選手もここぞというときに力がだせるのであなどれない。

女子も男子も選手の実力が肉薄していて予想が難しいです。男子は全員ミスなしならパトリックチャンが一歩リード、優勝濃厚。
あとの男子5人と、女子全員、ジャンプの出来如何で順位が簡単に入れ替わるかも。

以上、かなり独断と偏見の解説でした(^◇^;)。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!