2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 洗濯機もやってきた♪ | トップページ | 三鷹の森ジブリ美術館 »

2013年10月 7日 (月)

フィギュアジャパンオープンを見に行ってきました(^-^)v

フィギュアスケートのオリンピックシーズンがいよいよスタート。
安藤選手、鈴木選手羽生選手、織田選手が海外の試合でしっかりメダルを取ったニュースも入ってきています。日本選手はだれもがトップクラスの実力だということを早証明しています。
(ペアの高橋成美・木原龍一選手は上位4位までのところ、おしくも5位。残念ながら単独でのオリンピック出場はなりませんでした。 しかしリード姉弟が五輪出場枠に滑り込んだので日本は団体戦の出場条件はクリア。後は国別の合計ポイント10位以内が条件となります)

さて、12日のジャパンオープン、見に行ってきました。
この試合、お遊びイベントなのですが、採点は国際スケート連盟のジャッジングなので、選手にとっては新しいプログラムの出来を試すのにちょうどいいのではと思います。
ヨーロッパ、北米、日本の3チームで戦うというあまり意味のない対抗戦。
しかも現役選手のみは日本だけ、ヨーロッパや北米はすでにプロに転向したイリーナ・スルツカヤジェフリー・バトル、今のところ競技から離れているジョアニー・ロシェットもエントリー(笑)。
結果は予想通り日本優勝でした。

男子。
ヨーロッパ代表ハビエル・フェルナンデス選手。彼のコーチはキムヨナのコーチだったブライアン・オーサー
羽生結弦選手と一緒にカナダで練習しています。
4回転を3度成功させ、細かいところまで行き届いた非常に完成度の高い内容でした。
彼はオリンピックでは間違いなく優勝にからんでくる気がします。

北米代表ジェレミー・アボット選手。コーチは佐藤有香さん。ジャンプこそあまりうまくいかなかったものの、心打つような優しい音楽にあわせたやわらかいスケーティングには引き込まれました。

小塚崇彦選手は昨シーズンの怪我から完全復活したようです。自信を持ったすべりでした。
おとなしい彼なりに、顔ではなく体全体を大きく使った表現はさすが。
スケーティングも丁寧で綺麗、エッジも深かったです。

高橋大輔選手。今シーズンは今までのカメレンゴの振り付けから初めてローリーニコル振り付けのナンバーになったので楽しみでした。ビートルズメドレー。ファンの間ではなんだか賛否両論のようですね・・・大輔らしくないとか曲がぷつぷつ切れてしまうとか。
σ(^_^)のお気に入りはバンクーバーオリンピックの「道」のようなストーリーを見事に表現したものや一昨年シーズンの「ブルース」のように曲そのものに体の動きをぴったり合わせて表現したもの。
それと比べるといまひとつ盛り上がりに欠けて物足りなさもあったかなぁ。でもまだこれから滑り込んで、みるほうも慣れてくるとそのよさがどんどんでてくることと思います。4回転はぜひ成功させてほしいですね。

女子。
ヨーロッパ代表のアデリナ・ソトニコア選手。ジュニア体型からうまく脱却できた感じ。トリプルルッツ-トリプルループの難易度の高い3-3にチャレンジ、一見綺麗に決まったように見えましたがループは案の定回転不足をとられました(あいかわらずセカンドループジャンプの採点は厳しすぎますね)。また他のジャンプにちょこちょこミスがでてしまったのと、スピンなどのレベルがしっかりとれていなかったことで点は伸び悩みました。今後オリンピックに向けて修正してくるでしょう。
ロシアのオリンピック代表枠は2枠ですが、地元ワイルドカードがあるかと思うので3枠かな?!日本同様有力選手がひしめくロシアは熾烈な代表争いになりそうです。

北米代表アシュリー・ワグナー選手。彼女も完成度が高い内容でした。彼女は昨シーズンからあまり大きな失敗がない。でも今回は思ったより点が伸びなかった。スピンなどのレベルの取りこぼしと、1部のジャンプの回転不足判定があったようです。
アメリカ女子のオリンピック枠は2人。アメリカは全米選手権一本勝負で代表を決めるのですが、このワグナー選手と、グレシー・ゴールド選手が有力なのではと思います。

村上佳菜子選手。う~ん・・・もうちょっとがんばって欲しいなぁ。相変わらずジャンプが雑に見えるしハイキックの癖が抜けていないような。ループジャンプは準備が長すぎる。
でもスピードから繰り出すジャンプは勢いがあってすばらしいのでそれをころさないようにキープしつつがんばってほしいです。

最後に浅田真央選手
集大成となる今シーズンに選んだ曲はラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。
その重厚な調べにのった力強い演技はバンクーバーの時の「鐘」を彷彿とさせます。
そして浅田選手もまた完成度が非常に高かった。
シーズン最初から3Aをいれ成功させ、プログラムもミスが少なく無難にまとめていました。ステップがすごく複雑。曲が重いのでともすると重たくなりがちなところを、機敏に、そして力強く。素晴らしかったです。
スピンなども全部しっかりとレベル4をとっていたところはさすが。
まぁ点はちょっとよすぎたかな(^◇^;)?!
今回予定通りに入らなかったジャンプが完璧になると点はもっとよくなるということで、のびしろはまだまだあり今後が楽しみです。

次回はグランプリシリーズ初戦、10月18日からのアメリカ大会。
日本選手では男子は高橋選手、小塚選手、町田樹選手、女子は浅田選手が出場を予定しています。
私にとってもまたまたスケート観戦の熱い冬が始まります。

« 洗濯機もやってきた♪ | トップページ | 三鷹の森ジブリ美術館 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/58341534

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアジャパンオープンを見に行ってきました(^-^)v:

« 洗濯機もやってきた♪ | トップページ | 三鷹の森ジブリ美術館 »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!