2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

海外現地オプショナルツアーならここがお勧め!私も何度か利用しました!

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日 (月)

フィギュア日本男子オリンピック出場予想その2

28113613_480x4801 9cf6d09cfa95e4b610bd9c9469e3637do1

Mura0041

さて、第二戦カナダ大会出場の 羽生結弦選手、織田信成選手、無良崇人選手。

羽生選手もちょっと初戦は空回りぎみで実力を発揮できなかった。
もともと4回転の安定度と美しさは日本選手の中でもピカ一、すがすがしい文句のつけようのない美しい4回転をきっちり跳べる選手。しかもトゥループとサルコーの2種類跳べる。
彼がいつも指摘されてしまうのは後半のスタミナだが、ペース配分も昔よりずいぶんよくなっていると思う。体をそらすイナバウアーやビールマンスピン体勢もとれたりする、男性のなかではトップクラスの柔軟性を誇る。
カナダ大会では他の選手のミスもあって2位に入り、GPファイナルの出場も濃厚な位置につけた。私は彼が今のところもっとも五輪代表に近い選手だと思う。

織田選手。ここのところ羽生選手の台頭でいろんな代表枠からはじき出されぎみだった彼。危機感をもっているせいかシーズン最初からプログラムの出来はいいようだ。
ただ彼の安定感はいまひとつ信用できないように思う。
調子いいと思ったらこけたり(転倒という意味ではなくて)、入れるジャンプの回数をミスって無効になることも1度や2度ではなく(^◇^;)・・・。
本番にポカをするタイプというかなんというか。
でも膝でうまくランディングの衝撃を吸収して、柔らかくそして流れがある美しいジャンプを跳べるし4回転も決まるとすばらしい出来。
(ジャンプの前の足の癖が、跳ぶぞ!みたいな感じでそれはあまり好きではないんだけどね(^◇^;))。

無良選手。かわいそうだけど、カナダ大会10人中10位じゃぁ今回の結果でひとり脱落した感がありますね。
実力もあり、昨年度も世界選手権の代表に入ったりして五輪代表にも第3の男としては一番有利な位置にいたのですが。
もともと得意なジャンプをアピールするタイプの選手だったので、今回のようにジャンプがぼろぼろに近いとそれにつられてPCSもすごくさがってしまう。
今後の活躍をみまもりたいところですがここからの挽回は正直きついと思う。ファイナル出場はもう100%無理。
第2戦の出来をよくしてアピールし、後は全日本に賭けるしかない。

男子は4回転を跳ばなければ勝てない時代に入っており、上位といえども安心はできない。
実力が肉薄している日本男子は、4回転を中心としたジャンプの出来不出来で簡単に順位が入れ替わります。

さて五輪代表の3人は?
一歩ぬきんでているのが羽生選手、次にジャンプがなんとかまとまりさえすればトップ通過になるであろう高橋選手かなぁ。
3人目はこのままでいくと町田選手が入るような気がします。
小塚・織田選手はGP第2戦が大きな鍵をにぎりそう。
最終的な代表は12月後半に行われる全日本選手権の結果とこれまでの実績などで決まります。

今後大きな怪我をしないことと、うまく五輪に照準を合わせてここぞというときに実力をフルに発揮できるようにすること。
どの国の選手よりも過酷な戦いを強いられる日本選手なので、せっかく代表をもぎ取ってもオリンピックでコケることのないように、努力が実を結ぶことを願っています。

フィギュア日本男子ソチ五輪出場予想その1

Daisuke00011 Tky2010022001411
20121105_8918281_2

グランプリシリーズが初戦、第二戦と終了しました。現時点の五輪有力候補6人が全員みずからの1戦目の出場を果たしたところでちょっと予想をしてみます。
まず第一戦アメリカ大会 高橋大輔選手、小塚崇彦選手、町田樹選手について。

高橋選手、初戦はまだプログラムを完成させる域まで達しておらず、ジャンプも課題だらけ、4回転もまだまだ不安定。でも相変わらず見るものを惹きつけてやまない魅力がある。
プログラム的に今後盛り上がるかという不安もありますが、でも大ちゃんならシーズン後半に間に合わせるべく、というか、今シーズンでおそらく最後かもしれないという気持ちもあいまってしっかり私達に完成形をみせてくれることと思う。
ショートもフリーも聴けば聴くほどなじんできて好きになれるプロになる気がします。

私としては大ちゃんには代表に入って欲しい(私的好みあり(笑))。
その昔、彼の肉声をあまりきかずにいたころ、彼は自分がかっこいいと思ってかっこつけてるやつなんだろうと思っていたときがありました。
でも実際は全然違った。他人に対する思いやりもあるし謙虚、そしてしっかり自分というものをもった素敵な男性だと思っていますf(^_^)。

小塚選手
正直、代表には青に近い黄色信号かも。今回、決して調子が悪かったわけではなかったようだがジャンプに失敗もでて出来はいまひとつだった。
それよりなにより、どうもPCS(演技構成点)が思ったほど伸びない。
実力はあってスケーティングも綺麗で、細かいところも頑張ってしっかりこなしているにもかかわらずいまひとつ評価されていないように感じる。
やっぱり地味なのかなぁ。これは私の素人目からだけど、彼の場合、体を使った動きにいまひとつ柔らかさがないように見えるときがある気がする。
柔軟性を男性にもとめることはできないしそういう問題でもないんですが・・・振り付けの問題かなぁ?!

町田選手
う~ん、頑張ってますねぇ。
シーズン初戦からプログラムはほぼ完成に近い出来。
彼の場合、どうしても実績面で劣ってしまうので、実質五輪選考会である全日本選手権の前にしっかり実力をアピールしよう!という意気込みがものすごく伝わってきました。
それと4回転が安定してきているのに正直驚きました。軸がぶれない、ダイナミックな、見栄えのいい4回転をしっかり跳んでいた。
今回のアメリカ大会優勝という結果もあって、本人はすごく自信をもったようです。
このまま失速しなければ、もしかしたら3人目の男、オリンピック代表枠に選ばれるかもしれない気がします。

その2に続きます。

2013年10月25日 (金)

三鷹の森ジブリ美術館

三鷹の森ジブリ美術館へ行ってきました。 
子どもがまだ小さいときに一緒に1度だけいったことがあったのですが、ほどよく忘れていて(笑)、そしてその後ジブリの新しい映画もふえていることもあり、新たな気持ちでラブリーなひとときを楽しむことができました。
途中小雨もぱらついたりしましたが、思ったほど天気も崩れずよかったです。

三鷹の森ジブリ美術館

http://www.ghibli-museum.jp/

チケットは予約制。外国人が多いことにちょっと驚きましたね。中国系のみならず、ヨーロッパからと思われる方々も。ジブリも世界的にも知る人ぞ知る存在になってきてるのでしょうか。

032
入場券はフィルム入りのカード。何の絵なのかは各自違ってお楽しみ♪

写真撮影は外のみ。

Pa240774Pa240776
三鷹駅から乗った路線バス

Pa240778 Pa240782
Pa240779 Pa240791
緑をふんだんに取り入れた愛らしい建物です。入り口の上にもステンドグラスが。(室内も窓はキャラクターのステンドグラスになっている)

038 039
入るとすぐ吹き抜け、解放感ある中央ホール。天井のステンドグラスも美しい。建物全体がファンタジックな空間。あちこち凝っているディテール。(室内の写真は購入したパンフレットからUP)

Pa240794 Pa240798
中庭のベンチもおもしろい。猫の蛇口

軽食をとれる カフェ「麦わらぼうし」は混んでいると聞いていたのでちょっと早めの11時20分ごろから座って並び、11時45分頃入室。(でたときは40分まちだった。予約不可)

018 019
野菜たっぷりのクラムチャウダー  麦わらぼうしのオムライス


021
カフェの入り口の花もかわいらしい

映像展示室「土星座」で上演されていた15分ほどの短編映画は「星をかった日」。
033  037
短編映画の絵本を買ってみました  アニメクリエーター仕事場再現の部屋

自分で育てたかぶを売って地球の宝石(種)を手に入れ、植木鉢で星を育てる男の子の、ほのぼのする、ちょっと不思議なファンタジー。映像が綺麗。
主人公の男の子が千と千尋のハクにちょっと雰囲気が似ていて素敵でした(笑)

短編映画は何本か種類があるようですが、いい映画にあたりましたね♪
日本語オンリーだったので、外国の方はちゃんと楽しめたかどうかがちと気になりましたが。

さてさて。お土産にこんなものを買いました♪

034 036

ととろのワンシーンのミニパズルとフレーム。フレームが気に入って買った次第。千と千尋のシーンのフィルム型しおり

ジブリの世界をしっとりと味わいたい方はぜひ行ってみてくださいね。

2013年10月 7日 (月)

フィギュアジャパンオープンを見に行ってきました(^-^)v

フィギュアスケートのオリンピックシーズンがいよいよスタート。
安藤選手、鈴木選手羽生選手、織田選手が海外の試合でしっかりメダルを取ったニュースも入ってきています。日本選手はだれもがトップクラスの実力だということを早証明しています。
(ペアの高橋成美・木原龍一選手は上位4位までのところ、おしくも5位。残念ながら単独でのオリンピック出場はなりませんでした。 しかしリード姉弟が五輪出場枠に滑り込んだので日本は団体戦の出場条件はクリア。後は国別の合計ポイント10位以内が条件となります)

さて、12日のジャパンオープン、見に行ってきました。
この試合、お遊びイベントなのですが、採点は国際スケート連盟のジャッジングなので、選手にとっては新しいプログラムの出来を試すのにちょうどいいのではと思います。
ヨーロッパ、北米、日本の3チームで戦うというあまり意味のない対抗戦。
しかも現役選手のみは日本だけ、ヨーロッパや北米はすでにプロに転向したイリーナ・スルツカヤジェフリー・バトル、今のところ競技から離れているジョアニー・ロシェットもエントリー(笑)。
結果は予想通り日本優勝でした。

男子。
ヨーロッパ代表ハビエル・フェルナンデス選手。彼のコーチはキムヨナのコーチだったブライアン・オーサー
羽生結弦選手と一緒にカナダで練習しています。
4回転を3度成功させ、細かいところまで行き届いた非常に完成度の高い内容でした。
彼はオリンピックでは間違いなく優勝にからんでくる気がします。

北米代表ジェレミー・アボット選手。コーチは佐藤有香さん。ジャンプこそあまりうまくいかなかったものの、心打つような優しい音楽にあわせたやわらかいスケーティングには引き込まれました。

小塚崇彦選手は昨シーズンの怪我から完全復活したようです。自信を持ったすべりでした。
おとなしい彼なりに、顔ではなく体全体を大きく使った表現はさすが。
スケーティングも丁寧で綺麗、エッジも深かったです。

高橋大輔選手。今シーズンは今までのカメレンゴの振り付けから初めてローリーニコル振り付けのナンバーになったので楽しみでした。ビートルズメドレー。ファンの間ではなんだか賛否両論のようですね・・・大輔らしくないとか曲がぷつぷつ切れてしまうとか。
σ(^_^)のお気に入りはバンクーバーオリンピックの「道」のようなストーリーを見事に表現したものや一昨年シーズンの「ブルース」のように曲そのものに体の動きをぴったり合わせて表現したもの。
それと比べるといまひとつ盛り上がりに欠けて物足りなさもあったかなぁ。でもまだこれから滑り込んで、みるほうも慣れてくるとそのよさがどんどんでてくることと思います。4回転はぜひ成功させてほしいですね。

女子。
ヨーロッパ代表のアデリナ・ソトニコア選手。ジュニア体型からうまく脱却できた感じ。トリプルルッツ-トリプルループの難易度の高い3-3にチャレンジ、一見綺麗に決まったように見えましたがループは案の定回転不足をとられました(あいかわらずセカンドループジャンプの採点は厳しすぎますね)。また他のジャンプにちょこちょこミスがでてしまったのと、スピンなどのレベルがしっかりとれていなかったことで点は伸び悩みました。今後オリンピックに向けて修正してくるでしょう。
ロシアのオリンピック代表枠は2枠ですが、地元ワイルドカードがあるかと思うので3枠かな?!日本同様有力選手がひしめくロシアは熾烈な代表争いになりそうです。

北米代表アシュリー・ワグナー選手。彼女も完成度が高い内容でした。彼女は昨シーズンからあまり大きな失敗がない。でも今回は思ったより点が伸びなかった。スピンなどのレベルの取りこぼしと、1部のジャンプの回転不足判定があったようです。
アメリカ女子のオリンピック枠は2人。アメリカは全米選手権一本勝負で代表を決めるのですが、このワグナー選手と、グレシー・ゴールド選手が有力なのではと思います。

村上佳菜子選手。う~ん・・・もうちょっとがんばって欲しいなぁ。相変わらずジャンプが雑に見えるしハイキックの癖が抜けていないような。ループジャンプは準備が長すぎる。
でもスピードから繰り出すジャンプは勢いがあってすばらしいのでそれをころさないようにキープしつつがんばってほしいです。

最後に浅田真央選手
集大成となる今シーズンに選んだ曲はラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。
その重厚な調べにのった力強い演技はバンクーバーの時の「鐘」を彷彿とさせます。
そして浅田選手もまた完成度が非常に高かった。
シーズン最初から3Aをいれ成功させ、プログラムもミスが少なく無難にまとめていました。ステップがすごく複雑。曲が重いのでともすると重たくなりがちなところを、機敏に、そして力強く。素晴らしかったです。
スピンなども全部しっかりとレベル4をとっていたところはさすが。
まぁ点はちょっとよすぎたかな(^◇^;)?!
今回予定通りに入らなかったジャンプが完璧になると点はもっとよくなるということで、のびしろはまだまだあり今後が楽しみです。

次回はグランプリシリーズ初戦、10月18日からのアメリカ大会。
日本選手では男子は高橋選手、小塚選手、町田樹選手、女子は浅田選手が出場を予定しています。
私にとってもまたまたスケート観戦の熱い冬が始まります。

2013年10月 3日 (木)

洗濯機もやってきた♪

前に書いたように、消費税up前にと洗濯機もネット購入。
冷蔵庫・洗濯機両方いっぺんに買うなんて!と思った方がいるかもしれませんが、10月期の新規格商品が発表される前のもうすぐ型落ちとなる製品はお買い得価格になりつつあって、どちらも思ったよりもずっと価格が下がっていたんですねぇ。
はい、消費税up前に購入をお考えの方、今はお買い得ですよぉ(笑)・・・

Pa020763

せっかくだからと思い切って「ドラム式」購入しました。
今までの洗濯機の上に乾燥機をセットしていたんですが、当初この乾燥機はそのまま残しておくつもりで洗濯機を選んでいました。

でもドラム式ってどうしても縦型よりも大きいんですよねぇ・・・
使いこんでいつ故障するかわからない乾燥機のために、これから何年も使うであろう洗濯機を小さいものにするのもなんだなぁと思い、下のパンの中におさまらない脚を外にだしてもいいやというつもりで家族人数に合った大きさのドラム式を購入。
そして入らなかった時用に足かせの台も購入していました。

ところが。今日配達設置の人がみて、やっぱり乾燥機の台の脚が左右にあると購入したドラム式は安定して入らないと(~_~;) 。
もうこうなったらしかたないということで、古い乾燥機は撤去することにしました。
どのみち新しい洗濯機には乾燥機能があるのでまぁそれでもよかったんですけどね。

ともあれ無事設置完了。さて、使い勝手はどうでしょう。楽しみです♪

2013年10月 1日 (火)

冷蔵庫がきた♪

消費税も上がりますね(^◇^;)~。

もう10年以上使っていて最近あちこち調子も悪くなってきた冷蔵庫と洗濯機、上がる前は駆け込み需要で品薄になるし混むだろうということで、この機会に買い換えようという話になりました。
価格comなどで調べつつ、やっぱり実物をみにいこうと、先日夫と某家電店に行ってきました。

家電はちょっとたつと本当に進歩しますよねぇ・・・10月頃に新製品がでるものが多いそうで、既存製品は値引きが進んでいました。
見てくるだけのつもりが、、、展示品でまぁいいかなというものかあり、色がちょっと暗いのが迷ったけど安くしてくれたので思い切ってその場で買っちゃいました(^◇^;)。

で、その冷蔵庫が昨日来ました!
603リットル。大きいです。今まで、特に冷凍庫がいつもパンパンで四苦八苦していたのですが、一気に余裕♪
P9300740 P9300747
左が古い冷蔵庫。色はキッチンと同系のグリーンで色はよかったんですよね。
新しいほうは「ロイヤルダーク」だそうです♪


前の冷蔵庫には大量にマグネットをつけていました。
新しいものもちゃんと磁石はつくんですが・・・ごちゃごちゃして汚い感じになってしまうので、マグネットはつけないことにしました。
お土産でマグネットを買うのももうやめようかなぁ(笑)・・・

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »