2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

海外現地オプショナルツアーならここがお勧め!私も何度か利用しました!

無料ブログはココログ

« フィギュア日本男子ソチ五輪出場予想その1 | トップページ | Christmas Wishes in Tokyo Disney Sea♪ »

2013年10月28日 (月)

フィギュア日本男子オリンピック出場予想その2

28113613_480x4801 9cf6d09cfa95e4b610bd9c9469e3637do1

Mura0041

さて、第二戦カナダ大会出場の 羽生結弦選手、織田信成選手、無良崇人選手。

羽生選手もちょっと初戦は空回りぎみで実力を発揮できなかった。
もともと4回転の安定度と美しさは日本選手の中でもピカ一、すがすがしい文句のつけようのない美しい4回転をきっちり跳べる選手。しかもトゥループとサルコーの2種類跳べる。
彼がいつも指摘されてしまうのは後半のスタミナだが、ペース配分も昔よりずいぶんよくなっていると思う。体をそらすイナバウアーやビールマンスピン体勢もとれたりする、男性のなかではトップクラスの柔軟性を誇る。
カナダ大会では他の選手のミスもあって2位に入り、GPファイナルの出場も濃厚な位置につけた。私は彼が今のところもっとも五輪代表に近い選手だと思う。

織田選手。ここのところ羽生選手の台頭でいろんな代表枠からはじき出されぎみだった彼。危機感をもっているせいかシーズン最初からプログラムの出来はいいようだ。
ただ彼の安定感はいまひとつ信用できないように思う。
調子いいと思ったらこけたり(転倒という意味ではなくて)、入れるジャンプの回数をミスって無効になることも1度や2度ではなく(^◇^;)・・・。
本番にポカをするタイプというかなんというか。
でも膝でうまくランディングの衝撃を吸収して、柔らかくそして流れがある美しいジャンプを跳べるし4回転も決まるとすばらしい出来。
(ジャンプの前の足の癖が、跳ぶぞ!みたいな感じでそれはあまり好きではないんだけどね(^◇^;))。

無良選手。かわいそうだけど、カナダ大会10人中10位じゃぁ今回の結果でひとり脱落した感がありますね。
実力もあり、昨年度も世界選手権の代表に入ったりして五輪代表にも第3の男としては一番有利な位置にいたのですが。
もともと得意なジャンプをアピールするタイプの選手だったので、今回のようにジャンプがぼろぼろに近いとそれにつられてPCSもすごくさがってしまう。
今後の活躍をみまもりたいところですがここからの挽回は正直きついと思う。ファイナル出場はもう100%無理。
第2戦の出来をよくしてアピールし、後は全日本に賭けるしかない。

男子は4回転を跳ばなければ勝てない時代に入っており、上位といえども安心はできない。
実力が肉薄している日本男子は、4回転を中心としたジャンプの出来不出来で簡単に順位が入れ替わります。

さて五輪代表の3人は?
一歩ぬきんでているのが羽生選手、次にジャンプがなんとかまとまりさえすればトップ通過になるであろう高橋選手かなぁ。
3人目はこのままでいくと町田選手が入るような気がします。
小塚・織田選手はGP第2戦が大きな鍵をにぎりそう。
最終的な代表は12月後半に行われる全日本選手権の結果とこれまでの実績などで決まります。

今後大きな怪我をしないことと、うまく五輪に照準を合わせてここぞというときに実力をフルに発揮できるようにすること。
どの国の選手よりも過酷な戦いを強いられる日本選手なので、せっかく代表をもぎ取ってもオリンピックでコケることのないように、努力が実を結ぶことを願っています。

« フィギュア日本男子ソチ五輪出場予想その1 | トップページ | Christmas Wishes in Tokyo Disney Sea♪ »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/58472412

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュア日本男子オリンピック出場予想その2:

« フィギュア日本男子ソチ五輪出場予想その1 | トップページ | Christmas Wishes in Tokyo Disney Sea♪ »