2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

海外現地オプショナルツアーならここがお勧め!私も何度か利用しました!

無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月18日 (月)

アムステルダムの絵

昨日旅行のパンフレットなどを整理していて、改めて絵が素敵だなぁと思いお見せしたくなりましたf(^_^)
一部ですがご紹介しますね♪

006 011
ホテルでいただいた葉書。タッチが素敵。右はどこで買ったか忘れたのですが、素敵なカード、ハンドメイドハンドプリントとあります

010 009
左はアンネの家で買った葉書。本箱の奥が扉になっています。右はザーンセスカンスの靴工房の絵葉書

007 008
市場で買った絵葉書10枚セットのうちの2枚。よく見ると画家がホテルの葉書と同じ人でした、買ってから気がつきびっくり。アムステルダムの街並みの絵は魅力的です

012 013
レンブランドの家で買ったレンブランドの家の通りの絵と、右はレンブランドのエッチングのめがね拭き

014
ゴッホ美術館のそばの露天商で買ったオリジナルの絵

1枚1枚魅力的・・・こんな風景画って好きです(^-^)。

2014年8月17日 (日)

モードオブバービー展 at 渋谷西武

123
先日、行ってきました。
http://www2.seibu.jp/wsc/020/N000066950/0/info_d

子どもの頃、着せ替え人形って持っていましたか?

私はバービーではなく、祖母が買ってくれたタミーちゃんを持っていました。ヘアスタイルがおばさんっぽいやつ(^◇^;) 。
下の妹はのちに足が柔らかいりかちゃんを買ってもらっていました。

幼稚園の年長のとき通っていた教会系列の幼稚園のクリスマスプレゼント。
なんと園長の神父さまが全員に、人形用の木製のリビングの長いす、シングル椅子2つと机、そしてベッドのセットをくれて。
年子の妹ももらったので2セットもあり、それでよく妹と遊んでいました。
今にして思うと、すごくよく出来たものでした。
今それを持っていたらプレミアムですごく高く値がついたのではと思いますねぇ(^◇^;)・・・

さて。展示されたバービーは普段着からウエディングドレス、水着、ファッションモデルの衣装、職業別の衣装、もう多種多様、何でもあり。写真は取り放題。

038 049

068 101

年代別ではなくファッションの種類でディスプレイされていました。

自分の体型はさておいて、ちょっと着てみたいものも。
見ていた高校生らしき子は「超かわいい」「これってやばくない?」を連発してました(笑)


058_2 086
レインコートやイヌイットみたいな北国の装いも

111 117
秘書から宇宙飛行士までも
075 089 071 120
バービーはアメリカ的な顔をしてますが、その時々によって微妙に顔も違っていたりします。
日本人好みにかえられていたり。でもグラマー体型は変わらないですねf(^_^)

デビューは1959年(日本発売は1962年)で10代の高校生(これで高校生(^◇^;))。
今まで実に10億着以上のドレスが作成されているとか。
コーチとコラボして本皮のバッグをもったりディオールの服を着たりといった、75以上のファッションブランドとコラボしています。
1体1体のファッションを見ていると、なんだか贅沢な気持ちにされられました。

東京では今日までですね(^◇^;)・・・この後神戸などでも開催される予定だそうです。
興味ある方はどうでしょう。

それにしても、「バービー」と「ビーバー」ってつい間違えちゃうわ(^◇^;)

2014年8月15日 (金)

アムステルダムお土産編♪

今回の旅行、特によかったところ、感動したところをあげるとしたら、
「国立美術館」「アンネの家」「運河クルーズ」そして「ザーンセスカンス」だったかなぁ。
それ以外にもたくさんの発見もあったしトラムも乗り回したしf(^_^)
ペンシルのような建物が隙間なく並んでいるのを眺めながら運河沿いをぶらぶらするのもとても気持ちよかった。

それにしてもオランダ人は実に英語をよく話します。
なんでも徹底した早期英語教育を行っていて、英語学習は5歳から、英会話は小学校卒業までにマスターするそう。その結果、母国語のオランダ語同様のレベルで英語を話せるとか。うらやましい限り。
さて、前置きが長くなったけど、今回もちょこちょことお土産を買ってきました(これだからものが増える我が家(^◇^;))その一部を。

まずは食べ物から。
012 Dscf3367
アムステルダムの街中や、ザーンセスカンスで買ったチーズとチーズカッター。
今回チーズに目覚めました(^-^)。外国のチーズは癖があって食べにくいという先入観があったんだけど、試食してみてこりゃぁおいしいと。
このチーズもワインのつまみにすごくいいです。試食して、野菜入りの緑色のチーズがめずらしかったのでこれと同じのをくれと頼んだんだけど、アルバイト定員さん、さがしてくれたはいいが間違って違うのをくれた(^◇^;)・・・ペッパー入りチーズ。でもこれはこれでおいしい(笑)。

Dscf3351 Dscf3350
見た目おいしそうだったので。もっとクッキーっぽい味を想像してたら、ちょっと変わった味でした

Dscf3356 Dscf3358
ザーンセスカンスで買ったクッキー。左はどこにでも売ってた(^◇^;)

668 Dscf3353
チョコレートクッキーとザーンセスカンスから駅に向かう途中のお店で買ったクッキー。両方美味しい

Dscf3363 Dscf3365
ザーンセスカンスの風車でひいたマスタードと右はスーパーで買ったピーナッツバター

Dscf3375 Dscf3364
オランダ産ビールと市場で買った手作り蜂蜜。瓶ビールっていいよね♪

Dscf3378 Dscf3361
紅茶こし と ザーンセスカンスで買ったミニチュアのパン作りの道具
Dscf3362 Dscf3376
ザーンセスカンスのマイバッグ

Dscf3349 Dscf3379
チューリップ専用花瓶など。一輪挿しっぽく使えるかなぁと。ついでにこんなもの買わないだろうと思っていた、木でできたチューリップも買ってしまった(^^;

Dscf3389 663
Tシャツ。今回トレーナーも家族分買いました・・・かさばった(^◇^;)

Dscf3371 Dscf3372
キャップやタンクトップ。チューリップや自転車のデザインがアムステルダムっぽい(^-^)
Dscf3382 Dscf3383
木靴型のネックレスと風車の小皿。キッチンに置きように買ったけど結局自分の机の上で物入れになってます(^◇^;)
___2 ___3
おなじみの木靴のキーチェーンと街並みマグネット。それぞれオランダらしい1品♪

Dscf3374 128
ザーンセスカンスの工房で買った木靴の置物。いいと思って買ったんだけど、あとから便器みたいだねといわれて確かにそうだとその時初めて気がついた(^◇^;)・・・右のようにチューリップをさしたらそうでもなくなった(爆)

Dscf3384 Dscf3386
ゴッホのめがね拭きやバッグミュージアムで買った小物入れケース

Dscf3388 Dscf3387
アイフォンケースとオリジナルの絵など
025
最後に。プチダイヤモンドネックレス。せっかくなので安い部類のちっちゃいダイヤを買っちゃいました(^^;

こんなところで♪ではでは!

2014年8月13日 (水)

アムステルダム最終日 ダイヤモンド博物館 8/2→3

とうとう最終日となってしまった。旅行は日がたつのが早い(;^_^A

Dscf3296 Dscf3301
部屋での朝のひととき。備え付けの派手な傘(笑)

いつもぐらいに起きて、今回の旅行最後の朝食。
あら~あの愛想のよかったお兄さんが今朝はいない(^_^;...非番かしらん。残念だなぁ。

さて、チェックアウト11時までの時間は徒歩圏内のダイヤモンド博物館へ。
Dscf3302
朝のゴッホ美術館の前

コスターダイヤモンド博物館
http://www.holland.com/jp/tourism/article/coster-diamonds-jp.htm

524
  
まずダイヤモンドが地球上に出来る過程、採掘などの話をフィルムで鑑賞。
そして原石から、美しく光が屈折するカットされた宝石ができるまでの展示など。

532 533
歴代皇室に使われたダイヤモンドのアクセサリー
541
本物のダイヤがちりばめられたテニスラケット

なかなか見ごたえがあった。

外に出ると、その隣にダイヤの研磨やリングへのはめ込みなどの実演をしている工房もあった。眺めていたら日本人スタッフが来て、ダイヤモンドをアクセサリーにするまでの説明をいろいろとしてくれた。
567
ダイヤモンドは研磨して売るまでの行程で原石からするとずいぶんと小さくなってしまうとか。(その削り取られたダイヤもその大きさによってはまた使ったりする)

なかなか興味深かった。もうすぐ11時になるのでホテルへ戻る。

部屋にさよならし、11時ほぼきっかりにチェックアウト。
フライトは夕方5時50分だったので、スーツケースを預かってもらう。
2つのスーツケースは両方20キロぐらいになっていてめちゃ重くなっていた(^◇^;)。
聞くとタクシーだと費用40ユーロほどでだいたい20分でつくというのでタクシーで空港まで行くことにし、3時にタクシーにきてもらうように頼む。

さて。それまでアムステルダムを満喫しようとトラムでdamへ行こうとするも、途中のPrinsengrachtで運河ぞいがとてもにぎやかだったので降りてみる。お祭り騒ぎのよう。

Dscf3312 Dscf3313

Dscf3315
みんな運河を注目、取材っぽい人も見かける。

滞在中あちこちに広告や旗をみていたが、それはちょうど開催されていたアムステルダム・ゲイ・パレードの週末のメインの運河パレードを待つ人たちだった。
その見物の場所取りをしている感じで人が集まりだしていた。

http://www.amsterdamgaypride.nl/?nav=side

そのまままたトラムでdamへ。そしてまた西側に歩き、アンネの家などがあるprinsengracht運河沿いへ。

Dscf3317 592
お祭りで無礼講なのかもしれないが、いい歳になってもこういう格好ができるのってなんだか羨ましいようなf(^_^)

するとここもものすごい人が。
この運河沿いはパレードルートに入っているようで、この辺はさっき以上に人であふれかえっていた。

Dscf3322 Dscf3323

597 599
運河沿いに集まって音響をとどろかせ踊っている人々やお祭り騒ぎの人たち

今日もうここを離れるなんてなんだか信じられない。もうちょっといられたらパレードをみられたのになぁ。でもこの人ごみじゃぁよく見えないかなぁ(^^;

運河沿いを歩いていたら、チューリップ博物館があったので、せっかくだから入ろうという娘の言葉で入館。

チューリップ博物館(5ユーロ、Mカードは割引で3ユーロ)
Dscf3330 Dscf3334

Dscf3335 604
内容的には大したことがなかったがショップにはチューリップがデザインされたかわいらしい品物が多く売っていた(ちょっと高め)。

その後、アムステルダムの下町といわれるヨルダン地区をちょっとだけ歩く。
Dscf3339
野外市場が開かれていて、そこで手作りのハチミツとデッサンの絵葉書を購入

それからまたにぎわう運河沿いに戻り、昨日とは別のパンケーキの店に行こうと思ったが人が多すぎて断念。

612 617
話に聞いていたんだけど、この黄色いのって公衆トイレです(^◇^;)
621

トラムで中央駅へ。
雑貨があると聞いていたハーレマー通りへ出て、早く食べられそうなお店でジュースとホットドックを食べてから通りを歩くもあまり洗練された雰囲気ではない。なんとなく治安もあまりよくない感じだったし面白そうなお店もあまりないので、中央駅方面へ戻る。

トラムでホテルひとつ手前で降り高級店が立ち並ぶベーセーホー通りを歩いてホテルへ。
640 642
道端の飾りも楽しい

3時ちょっと前ホテル着。タクシーはもうホテルの中で待っていてくれた。
空港まで40ユーロ+チップ。
3時15分ごろ空港着。

早めについたにもかかわらず、チェックインにかなり待たされる。
648
なんと、スーツケースを預けるのがセルフサービスだった、こんなのは初めて
やっと荷物を預けて開放されたのが4時ごろ。

そしてイミグレを通ったあとのtaxリファンドにこれまた並んだ。
(オランダでは1レシートで50ユーロ以上の買い物をしたときに税金が還付される)

手続き時にその品物を全部その場に持っていないとならないのだが、中国人の団体が買ったものを機内預けの荷物に入れてしまったらしくぐちゃぐちゃ中国語で言っていて英語もよくわからないらしく、えらく時間がかかっていて辟易・・・結局手続きが終わったのが4時30分前ごろ(~_~;) 。

ボーディングスタートは4時35分、スキポール空港をのんびり見物という時間もほとんどなくなってしまった。
通りがかりの店でTシャツのお土産と、本屋さんで夫に鉄道模型の本を2冊買ってぼちぼち登場口へ。

そして登場口手前は手荷物チェックなど。だからボーディングタイムが離陸時間よりずいぶんと早かったのだ、納得。

2日5:50p.m.発。やっと機上の人となりました。
659
カツを頼んだのだがあまりおいしくなかったなぁ(^^;

帰りの飛行機はすんなりと予定より2,30分程度早く、3日のお昼頃日本に着いたのだった。

これで長きにおよんだアムステルダム日記もやっと終了です。
改めて、お付き合いをありがとうございました。
・・・と、あと1回だけ、お土産編いきますのでよろしくね(^_-)☆

2014年8月12日 (火)

アムステルダム4日目-2 9ストラーチェス・ハウスボートM・アムステルダム博物館

昼食後、dam広場にでて近くのショッピングセンター、マグナプラザへ。

Dscf3202_2 Dscf3203
もと郵便局だったというこのビルは概観がとても立派。でも中はなんてことないショップが入っている。

簡単に冷やかしてから出て、西方向へ。

Dscf3207
これもなんてことはないアールヌーボー調アーケードを経てその南側にある9ストラーチェスへ。

Dscf3208 Dscf3279
個性派ショップが集まっているという謳い文句だが、う~ん、割と地味(^◇^;)。

雑貨がもっとあればおもしろいなぁと思うんだけど思ったほどないし、洋服のショップもなんだかいまひとつぱっとしないなぁ。

423 425

その真ん中の通りの西側、運河沿いにあるハウスボートミュージアムへ。 (3.75ユーロ、Mカードは割引で3ユーロ)

アムステルダムの運河にはたくさんのハウスボートがあり、人が普通に暮らしている。
どこかでハウスボートの家賃は高く、ちょっとしたステイタスのような感じもあると聞いたが、メンテナンスも大変だし湿気があるだろうし。


Dscf3213 430
実際入ってみると、やはり天井は低いし細長い造りだし狭いし(もうちょっと船が大きいとまた別なのだと思うが)。

446 Dscf3220
ボートから眺めた運河。住むとしたらハウスボートよりも運河沿いの家の方がいいなぁ・・・

さて、再び9ストリートへ。

有名なパンケーキのお店があるも、おなかが空いていないのでスルー。
450 453
途中、スーパーマルクトでジュースを買う。このスーパーは生鮮食料品が多かった。この通りの雑貨店でもおもしろいと思ったのはこの食器ぐらいかしらん(^◇^;)

ついでにそのエリアの、通りを隔てて東側にあるアムステルダム博物館に行ってみる。
アムステルダム博物館(10ユーロ、Mカードfree)
Dscf3227 455
アムステルダムの歴史にまつわる展示が充実。フィルムは音声ガイドで日本語でも聞ける。

Dscf3229 Dscf3242
右側。別館に行く途中のこの迷路のような鏡の無意味な空間はなんでしょうねぇ(笑)
Dscf3249
昔のアムステルダムの子どもが三輪車にのってる・・・

反対側の出入り口方面から出ると、トラム駅squiあたりだった。
Dscf3269 Dscf3267
ちょうど本の市場が開いていた。こんな店もあり

そのあたりで、どこかのサイトだかでみた、美味しいクッキーのお店van stapele koekを探してみる。
http://www.vanstapele.com/
Dscf3278
このあたりは人も多く、コーヒーショップなんかもあり

地図にアバウトに書き込んでいたので位置がずれていてすんなり見つからなかったがあった!
とても小さな店だった。お土産に買う
668
これ、美味しい♪しっとりしたチョコクッキーの中にホワイトチョコが入ってる。でも甘すぎない。

時間も5時30をすぎてきたのでパンケーキの店に戻ってみると空いているので入ろうとしたらその日はもう店じまいとか。
ずいぶん早くしまってしまうのねぇ、残念。まぁいいっか・・・
再び通りをたらたらと歩き、Squiからトラムでホテルへ1度戻る。

一休みした後、たまにはあまり遅くならないうちにと、6時半すぎに夕食へ。
もう近場で探すことにして、ホテル徒歩圏内でトリップアドバイザーで評判がよさそうなお店、pompaへ。
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g188590-d1895630-Reviews-Pompa-Amsterdam_North_Holland_Province.html

462 463_2
464 465
オランダ料理にあまりこだわらないものをチョイス(笑)
474 475
481

いろいろとシュアしてゆったり気分。どれも美味しかった、満足。

今回のアムステルダムでの最後の夕食を楽しんだあとはミュージアム広場へ。

Dscf3286 Dscf3287
広場の向こう正面にみえるのが国立美術館。 手前左には昨日行ったゴッホ美術館とバスタブと呼ばれる建物の市立近代美術館がある
Dscf3288
広場の真ん前にあるコンサルトヘボウ。コンサートホールのことで、クラシック、その他も含めた世界中のミュージシャンのコンサートが開かれる。音響が抜群らしい。夏以外には水曜に無料のコンサートがひらかれるとか。

広場に隣接してスーパーがあった(外国のスーパー、好き♪)。
買い物して9時過ぎにホテルに戻る。

ネスプレッソを飲んで4日目終了~あすはもう帰国だ・・・やっぱり4泊は短いなぁ。

2014年8月11日 (月)

アムステルダム4日目-1 エルミタージュ美術館・バックミュージアム・王宮・新教会

早くも4日目となった。

いつもぐらいの感じで朝食、トラムでKoningspleinへ。
昨日ほとんど閉まっていたシンゲルの花市を歩き、ムント広場から東方向のトラムでWaterloopleinで下車、エルミタージュ美術館アムステルダムへ。
Dscf3114 Dscf3115

312 313

315 317

小さなサボテンや食虫植物までありみていて楽しい
Dscf3118 320
これ、マリファナですねぇ(^^;・・・

エルミタージュ美術館アムステルダム(17.50ユーロ、Mカードfree)
http://www.hermitage.nl/nl/

10時の開館まであと少しだったので、運河沿いで写真やビデオを撮ったり。
娘とのツーショットを近くの初老夫婦に頼んだ。
すると彼らは世話好きらしく、この美術館の説明をしてくれた。ここはもと養老院だったそう。
Dscf3133
なかなか立派な建物

ここの美術館はロシアのエルミタージュ美術館のコレクションを年2回ペースで入れ替えて展示しているそうだ。
日本でエルミタージュ美術館展を見に行ったことがあり、期待していた。
が、がっかり。その時やっていたのは「シルクロード」に関しての企画展で、東洋的な展示物が多く、絵も仏像関係ばかり。
期待していた内容と大幅に異なっていた。美術館自体もガラガラ。こんな内容なら行かなくてもよかったなぁ。
常設展のほうもたいしたことなくさらっと流して出る。

気を取り直し、せっかくここまできたので歩いてちょっとのところにある、当初まぁいいやと行くつもりもなかったバッグミュージアムに行ってみることにした。

ヘンドリキェ・バッグミュージアム(9.50ユーロ、Mカードfree)
http://www.tassenmuseum.nl/nl

あまり期待はしてなかったのだがここのバッグのコレクションは意外とすごかった。
500年間ものバッグの歴史をたどった展示品はなんと4000を越すとか。
327 329
美しい刺繍、べっ甲のバッグ・・・

334 340
343 346
こんなものまであるとは・・・1920年頃イギリスのマーケットで売られていたもの

357 358
こりゃぁちょっとグロくて持ちたくない(^◇^;)
362 363

365 369
遊び心のあるバッグ、有名人のポーチ(写真はヒラリー氏)

めずらしいもの、綺麗なもの、変わったもの、、、昔のブライダルバッグや映画や芸能人に使われたバッグなどなど、内容に満足、なかなかおもしろかった。

さて、出たら11時半、ちょっと歩いてトラムに乗りまたまたdamへ、王宮の見学。

王宮(10ユーロ、Mカードはここでもfree)。
http://www.paleisamsterdam.nl/
Dscf2670
ついた日に撮ったもの

概観はさほど派手ではなく、王宮らしくない感じ・・・と思ったら元は市庁舎として建てたそう。
現在は迎賓館として公式行事に使われている。
荷物を預け、オーディオガイドを受け取る(free 英語)。

379 Dscf3179

381 382
入るとすぐ天井の高い立派な大広間、市民の間。この大きなホールを中心として周囲に豪華な家具・調度品や絵画、天井画で飾られたそれぞれの部屋が配置されている。写真左は床の天文画

Dscf3155_2 387

397 Dscf3156
王宮を出たら次は隣の新教会へ(8ユーロ、Mカードfree)。
Dscf3197 403

歴代の王の戴冠式が行われるとか。天井も高く広く立派な教会だった。ここもいつもの教会と似ていた。ヨーロッパの教会ってこういうものなのね・・・

新教会を見学し終えたところで1時ごろ。
昼食はdam広場からすぐのRestaurant de roode leeuwにて。

Dscf3196_2  408
こんなふうにガラス張りの店内が張り出している造りのレストランは多い

415 416

414
クロケットを注文してみる。それとサーモンハンバーガー、2つをシュア。ドリンクは娘フルーツジュース、私はアムステルビア。
クロケットは濃厚なクリームコロッケという感じで美味しかった。


またまたつづくf(^_^)・・・

2014年8月10日 (日)

アムステルダム3日目-3 ゴッホ美術館・市立近代美術館

一段落してからホテルのすぐそばのゴッホ美術館に様子を見に行く。
267
 
そこそこ短い列だったのでそのままゴッホ美術館へ。

ここは列が4つに分かれていて、4の時間指定チケットはすぐ入れる。
その他の列はみんな同じぐらいの列の長さだった。
ホランドパスやMカードを持っていてもさほど優位さを感じなかった。
10分弱で入館。

バン・ゴッホ美術館(15ユーロ、Mカードfree)
http://www.vangoghmuseum.nl/vgm/index.jsp?page=12532&lang=en
271

ここは写真不可。これは入り口前の壁の大きなボード

ゴッホは・・・う~ん、個人的には作風はあまり好きではないなぁ。

この美術館は彼の絵を年代別に展示してあるのでとてもわかりやすい。
彼の作風が変化しているのがわかる。

ゴッホは芸術家として活躍したのはたった10年で、その間に約860の絵画、1200もの素描(単色で描かれたもの)を残した。
フェルメールとかと比べるとものすごく多く描いているのがわかる。
印象派や日本画の影響も受けた。

彼の絵を観ていると、うったえるものが強く魂の叫びのままに描いたように感じてしまう。
が、ゴッホ本人は思慮深く計画的で細かい性格ゆえそんな風に見える絵も実際はじっくり丁寧に描いたものであるとか。

なにはともあれゴッホはゴッホ、オランダの誇る偉大な画家。

ゴッホ美術館を出た後、間に合うので隣のアムステルダム市立近代美術館へ。

アムステルダム市立近代美術館 (20ユーロ、Mカードfree)
http://www.holland.com/jp/tourism/article/stedelijk-museum-jp.htm

19世紀後半から現代までのいろんな分野のモダンアートが多く展示されている。
Dscf3013

バスタブと呼ばれているらしいが、この建物新館の斬新なデザインには目を見張る

分野を問わないコレクションの数の多さにびっくり。
美術館に「近代」とつくと、どうしてこういうものになるんだろう(^◇^;)??
変わったものがたくさんあって、なかなかおもしろい美術館だった。
現代アートに興味がある人は絵よりこちらのほうが好きかもしれない、とても満足する内容なのではと思う(^-^)。
子どもも絵よりこっちの方が楽しめるかも(^◇^;)?!
でも私はやっぱり正統派の絵のほうが好きかなぁ(^_^;)~

Dscf3015 Dscf3016
変わったデザインのいすがあったり・・・
Dscf3017 Dscf3021
これまたおもしろいライトがあったり・・・
Dscf3086 Dscf3031
ビニールの花に・・・この右側の食器は個人的に可愛いと思った(笑)
Dscf3035 Dscf3036
座って休んでいいイスも変わったデザイン。ファスナーで繋がってる
Dscf3046 Dscf3052
右、なんかピカソの絵みたいとか言ってたら本物のピカソでした(^◇^;)
Dscf3063 Dscf3056
こりゃぁわけわからず笑いしかでなかった(^◇^;)
Dscf3070 Dscf3066_2
時計の顔をした不気味なパブ   館内の階段もこんな風
Dscf3084 Dscf3085
この船の中にハイヒールが片方あるのわかります(^o^)?
Dscf3093 Dscf3094
よくわからない芸術・・・近くで見るとこんなの(^◇^;)・・・
Dscf3098 272
ここのショップは世界中から集めた変わったデザインの商品を扱っていた。こんなコップ、おもしろいけど食器棚の邪魔じゃん(^◇^;)
273


さて、ゴッホでもお土産をいくつか買ったので、ホテルに戻り荷物を置いてからトラムでdamへ。

この日は木曜でショップも9時までやっていた。damから伸びているお勧めのショッピング街、歩行者天国のカルファー通りを歩く。
276
 
まずサンダルで足が痛くなってきたという娘のためにスニーカーを買う。ちょうどセール期間中で、どこの店もsaleの張り紙が。靴もお手ごろ価格ですんなり買えてよかった。

それにしても、オランダもそうだが、海外の服ってどうも買う気がしないデザインが多いような(^◇^;)・・・
ものすごくどぎつい色使いとかぱっとしない一昔前みたいなさえないデザインとか・・・いくら安くなっていても買う気になるような服はなかなかなかった(^◇^;)。
277 278
279 282
クールジャパンなのか知らないが、この店の日本語はなんだろう(^◇^;)
右は最近日本でも流行の輪ゴムのアクセサリーのおもちゃ
280 283
×を3つつなげたオランダのシンボルっぽいマークをよく見かける

それでもあちこちのお店に入っては雰囲気を楽しんだ。

そのまま歩いていくとムントタワーにでる。
Dscf3101_2 285
そこにあった王室御用達のデルフト焼きのお店を覗き、買おうか迷っていたチューリップ専用の花瓶を買う。
Dscf3103 Dscf3107
288 289

ムントタワーからシンゲルの橋を渡って運河に沿って西方向にシンゲルの花市を歩いたが、もうすぐ9時にもなる時間でさすがに花屋は1,2件しか開いていなかった。

ライツェ通りに出たところで最寄の停留所からトラムにのり、3つ目のprinsengrachtで下車。
昨日のステーキでちょっと懲りたので(^◇^;)、そこから少し歩いて、夕食はガイドブックにも載っていたオランダ料理の店(オランダ料理にこだわってる(笑))De Blauwe Hollanderへ。
店内ほぼ満員だったが、空いていた2人席にすぐ座れる。
まずはビール。で、オランダ料理f(^_^)・・・

291
おなじみの豆のスープ。これはおいしい。
292 293

ヘハクスバレンと・・・なんかオランダ料理から選んだよくわからん肉料理

あとデザートにアイスとコーヒー。
さほど高くなくて・・・味もまぁまぁかなf(^_^)
でもオランダ料理にこだわらないほうがおいしいものがあるかも(^-^)

やっと暗くなってきた。トラムでホテルに帰る。
田舎と都会、めまぐるしかった3日目これにて終了。

2014年8月 9日 (土)

アムステルダム3日目-2 ザーンセスカンス(2)

昔のクッキー作りにつかう道具の展示があったりチーズ工房があったり・・・
Dscf2930 Dscf2932

アムステルダムでもちらほらチーズ屋をみかけた。
実にたくさんの種類のチーズを売っている。
外国のチーズはくさくて食べられないと思い込んでいたが、試食したらあら、意外とおいしい♪

木靴工房の簡単な実演もあったり・・・
Dscf2947 Dscf2941
これ、壁です♪
200 201
はめこんだ右の靴に合わせて対称に左を削っていく機械
203
中をくりぬくのも同じように右に模してあわせて削っていく。ものの数分で完成
207 204

木靴の作り方はおもしろい。木の塊から短時間で完成させてしまう。
片方に出来上がりをはめ込み、機械が読み取り左右対称に、はめ込んだ靴に合わせて木を削っていく。

さて、お店めぐりも落ち着いたところでいよいよメインの風車見物へ。
186 Dscf2936

Dscf2967 237
239

塗料製造用風車THE CATという風車に入ってみる。見学料3.5ユーロ

211 213
こんなふうに大きな車輪がまわり粉をひいている、まさに石臼。

214 215

急な階段を上へ。こんなふうに歯車が通じている。たえずカタンカタンという木の打ちつける音が聞こえる

外に出てみると・・・
Dscf2973 224
真近でみる風車。風があるせいか回転は思いのほか速い。 上からの眺め 

226 228
風車の側面はこんな感じ  遠くに飛行機が見えた

風車からでてもうちょっと先までのんびり歩く。
Dscf2981 Dscf2985

234
こんなふうに木靴を鉢替りにして花を飾るのっていい感じ♪

途中、お昼時でもあったので、風車横の出店でホットドッグとホームメードのマスタードスープを。
230 233
マスタードスープ。さほど辛くなくてなかなかいい味!美味しかった

風車のそばで外で風に吹かれながら食べるホットドッグは美味しかった(^-^)
240

フレッシュオレンジジュースを飲みながらぼちぼち戻る。

村を出る前に時計博物館による。(10ユーロ、Mカードfree)
246
こんな感じの古い時計がたくさん。柱時計のチクタクなる音がなんとも落ち着かなかった(^◇^;)

2時ごろ、ザーンセスカンスを後にする。半日たっぷり楽しめた。行ってよかった(*^^*)
本物の田舎とは違うんだろうが、アムステルダムの街から一転して、味わったのどかな風景はなかなか素敵だった。
260
帰り、ちょうど跳ね橋が上がっていて待たされたがおもしろかった。大きめの船が通るたびにこれじゃぁ大変だなぁ・・・

駅までの途中、行きに気になったお店へ。
261
多くのクッキーが売っていていい匂い。お土産に買い、美味しそうなアップルパイを買ってその場でいただく。

さて、コーフ・ザーンダイク駅でスローターダイク行きへの切符を買おうとするが上手くいかない。
見かねて(^◇^;)そばにいたオランダ人が助けてくれた。
私は「Sloterdijk 」という切符を買おうとしていたが、「Amsterdam Sloterdijk 」と入力しないと買えないのであった(^^;
ガイドブックにのっていない駅だったしトラム路線図にはStation Sloterdijkとあるし、こういうことってなかなか気がつかない。
助かった(^-^)。

荷物もあるので駅からトラムで一度戻る(^^)ゞ。3時30分ホテル着。

またまた3日目は続く・・・

アムステルダム7/31(木)3日目-1 ザーンセスカンス(1)

遅くに寝たのに早くに起きてしまったので6時半頃近くの公園へ散歩。
外にでたものの肌寒かったので、すぐ部屋に戻り長袖を羽織る。

Dscf2855  Dscf2857
閑散とした通りが気持ちがいい。ブランドショップが並ぶペーセーホーフト通りもこのとおり

 
Dscf2858  Dscf2875
昔のオランダの家は間口の広さで税を課されていたので細長い家が多い。(日本の江戸時代の間口税と似ている(^-^))家の上方のフックは荷物を運ぶとときに滑車をかけるためのもの。実際今でも使われていたのを見た

ホテルから北に2本目の道の向こうにフォンデルパークがある。

168  Dscf2862_2
公園に入ると、ジョギングしている人がちらほら。これといって何もないが小さな池があり、鳥が数羽。空気がさわやかでとても気持ちいい。

Dscf2869  169
展示のイベント中。遠くに浮かぶ白鳥も作り物

Dscf2873  Dscf2874
綺麗な葉、愛らしい花

7時15分頃戻り、7時30過ぎにすでに起きていた娘と朝食へ。50分ぐらい時間をかけてゆっくり朝食。

さて、この日は電車で、風車を保存している村ザーンセスカンスへ。
ここは村というより村全体がひとつのテーマパークというか博物館的な感じで観光地化されている。
保存されている風車が数基あり、今もその風車を使って粉をひいたり油を絞ったりしている。風車で作ったマスタードなどはここの名物になっている。

8時50頃ホテルを出て、最寄のトラム駅から12番のトラムで終点のスローターダイク駅へ。(ガイドブックではアムステルダム中央駅から電車とあるが、泊まったホテルからだとこのルートが早い)
Dscf2883  Dscf2885
トラムの中。駅行きなのに乗っている人は始めからわりと少ない。

トラムはあまりにぎやかではないエリア、観光地ではない普通の住宅の並ぶ通りを走っていく。
20分弱ほどだったか、いかにも郊外風のスローターダイク駅到着(中央駅からだと電車で数分)。

Dscf2889_3  Dscf2893
スローターダイク駅。ホームが上下にかさなっている

Dscf2897
自販機で切符購入。

インフォメーションがあったので、ホームを聞くと、もう1,2分で*番線からでるから急いで!といわれ、焦り気味にホームへ。

電車に無事乗り込むも、切符をタッチしていなかったのでは?と気がつく。
まぁいいっか・・・切符はあるんだし(^◇^;)。
と思い、窓の外を眺めながらのどかな風景に和むお気楽な私・・・

Dscf2900  Dscf2901

Dscf2902

約10分ほどでザーンセスカンスのあるKoog Zaandijk駅に到着。
屋根はあるもののホームひとつで駅員さんもいないような小さな駅で改札もなく外へ。

Dscf2903

駅前の地図の看板で確認、徒歩でザーンセスカンスへ。
都会で人の多いアムステルダムからくるとこのあたりの道はとてものどかで落ち着く。


182
跳ね橋から遠くの水車を臨む。もうすぐだ・・・

約15分ほどで到着。

ザーンセ・スカンス
http://www.dezaanseschans.nl/

Dscf2910 Dscf2911
村の入り口

ここはとてもかわいらしい村だ。観光化されているとはいえ、とってものどかで開放的な気持ちになる。
Dscf2915 Dscf2917

Dscf2925 Dscf2927

遠くに水車、手前に羊もいたりして、観光客も多いけれどゆったりした気持ちになれる。
(といいつつ、あちこちのお土産屋の家に入ってチーズやその他もろもろの食品やオランダ土産の雑貨などをみていたが(^◇^;))

185 187

241 190
このチューリップ型のポーチ(小銭入れ?!)使い勝手がどうかなぁ、高いしと思って迷ったけど結局買わなかったが・・・ちょっと魅力的だった。空港にもあった・・・

こうやってお店をめぐるのも大好き♪

ザーンセスカンス編はまだつづきます・・・

2014年8月 8日 (金)

アムステルダム2日目-5 アンネの家

ホテルの部屋でネスプレッソを使ってコーヒーをいただく。
なんだかとてもおいしく感じた。しばし休憩。
138

この後はネットで8時40分にアンネの家の予約を入れていた。
7時20分ごろホテルをでてとりあえずトラムでdamまで行き、どこか食事によさそうなところがないか探しつつアンネの家まで行ってみる。
Dscf2845  Dscf2846 
Dscf2847 141
ゴミの散らかっているところもある。日本にくる外国人はどこもゴミが少なく綺麗という印象をもったりするらしいが、確かにそのとおりだとこれを見て思う  右は西教会
予約専用窓口はわかりにくいとあったので確認。

Dscf2848
一般の列はものすごく並んでいた

ここは、他の美術館・博物館がだいたい5時か6時にしまってしまうのに、夏は毎夜10時までやっていることもありさらに人が集まるのだろう。
専用窓口は普通の列の窓口の左にあり、呼び鈴を押してあけてもらうシステムになっていることを確認。

とりあえず何か食べようかとアンネの家のある運河沿いの道からまたトラムの走る大通りに戻る。
が、その時点で確かもう予約時間まで3、40分ほど。2、3件の店にあと30分ほどしか時間がないが間に合うかときくも案の定無理だと断られる。

と、そこにスーパーマーケット発見。もう見学前に食べるのはやめて、スーパーを見物することにした。
アムステルダムブランドのビールやお菓子などを数点買う。
予約時間10分弱前ごろスーパーをでてアンネの家へ。

アンネの家
http://www.annefrank.org/en/Museum/
140
相変わらずすごい列だったが、それを横目にまったく並ぶことなくすんなり入場♪
(まぁ中に入ると混んでいたが(^◇^;))

さて、、、ここは本当に沈痛な気持ちにされられる場所だった。
まずアンネの簡単な生い立ちから当時のアンネをとりまく状況を画像フィルムで説明(日本語で聞ける)。

当時の悲惨なユダヤ狩り、アウシュビッツでの無造作に遺体が積み上げられている光景・・・アンネがアムステルダムでこの家に移り隠れ住んでいたときの苦労心労ははかりしれない。
本箱で入口を隠した奥にアンネたちの狭い居住スペースがある。当時のままのアンネの狭い部屋は女の子らしく愛らしい。日の光も閉ざされた空間の中で、壁に絵やポスター、写真などを貼り、精一杯生きていた。

一歩も外に出られず下に響かないようにひそかに暮らさなければならなかったアンネ一家。
ただユダヤ人であるというだけでこんな状況におかれたアンネが希望をすてることなくつづった日記。

アンネの家族はアンネの父オットー1人だけが戦後まで生き残り、娘の日記の出版にこぎつけた。
この隠れ家が博物館になったのは1960年だった。

昼間は倉庫で働く人たちに聞きつけられるといけないのでひそひそ声ではなさなければならないし、忍び足で歩かなければなりません。 アンネ1942年7月11日

日中はカーテンを1センチでも開けることはできません。 アンネ 1942年11月28日


隠れ家での暮らしはどんなにか窮屈で辛かったことだろう。
見つかるかもしれないと絶えず怯えながらの毎日、、、恐ろしかっただろうなぁ・・・

書いてさえすればなにもかも忘れることができます。悲しみは消え、新たな勇気が涌いてきます。 アンネ 1944年4月5日

このいまわしい戦争もいつかは終わるでしょう。いつかきっと、私たちが単なるユダヤ人ではなく、一個の人間となれる日がくるはずです! アンネ1944年4月11日

(ミュージアムガイドよりアンネの日記を転記しました)

なんとなく厳粛な気分でアンネの家を後にする。
もう時間が遅くて探すのもなんだしなぜか肉が食べたい気分だったので、大通りの角にあったステーキハウスという文字が目に付いた店へ。
143  144
壁にはいろんな国のお札がディスプレイされている
 
145 149

この店、なかなか雰囲気はよく、ビールを飲んだところまではよかったのだが・・・
Tボーンステーキをオーダーしたがこれがまずいのなんの(~_~;) 。
おそらく私がいままで食べた中で一番まずいステーキだったのではないか?!
肉はハンバーグをパサパサにしたような食感というかなんというか。
肉が硬いやわらかいのレベルではなかった(~_~;) ・・・
のどを通らなくなり私も娘も残してしまったぐらいだった(-_-)。

最寄の停留所からトラムを乗り継いでホテルへ戻る。
長かった2日目、これにて終了。

アムステルダム2日目-4 屋根裏部屋の教会・旧教会・レンブランドの家

さて。3時20分ごろ。のどがかわいてきたのでマックで小休止。
この後はせっかく中央駅付近にいるのでダムラックの先の教会2つに行ってみることにした。

それらにいくまでは飾り窓地帯(いわゆるRed light districtです(^◇^;))のさわりを通るのだが、駅のそばの橋を渡ってすぐの路地に入ると早くもそういう雰囲気に(^o^;
入り口で妖艶な下着だけつけた女性がたばこをふかしていたり怪しいものが飾ってあったりカーテンがしめられていたり(;^_^A・・・
え?!とびっくりするほどおなかが大きい下着姿の女性も入り口で立っていてびっくり。
この人妊婦?!それともただおなかがでてるだけ(^◇^;)??
昼間なので女性も含めて通りに観光客は普通に歩いているし、こんな時間から営業なのかしらんf(^_^)
114

その辺はささっと通り過ぎて、運河沿いの目的地へ(^o^)。

屋根裏部屋の教会(旧アムステルクリング教会)(8ユーロ、カードでfree)
http://www.holland.com/jp/tourism/article/ons-lieve-heer-op-solder-museum-jp.htm
Dscf2801 Dscf2803
152
屋根裏部屋から外を臨む。高い

1661年に設立されたこの教会、宗教革命でカトリックを禁止された信者がひそかに通った。実に200年もの間秘密が守られていたとは驚き。
外からはまったく教会とはわからず運河沿いに建つ普通の家にみえる。
でも中の上層階はまさしく教会。
礼拝堂もまずまずの広さで落ち着いて神に祈りをささげるには十分なスペース、そしてなんとパイプオルガンらしきものも。音でばれたりしなかったのだろうか。
狭い階段につぐ階段で、いかにも隠れ家的雰囲気だった。内部写真は不可。

そしてお次はそのほんのちょっと先にある旧教会へ。

Oude Kerk (7.5ユーロ、カードでfree)
http://www.holland.com/jp/tourism/article/oude-kerk-jp.htm

ここはアムステルダム一古い教会で13世紀設立。
中は広く、天井も高い。
スペインのトレドで行ったカテドラルと雰囲気が似ていてそれをずっと小さく天井も低めの感じ・・・後で行った新教会もこんな風なので、ヨーロッパの教会はこういうものが多いのだろうか。
109 110

Dscf2807 Dscf2809_2

Dscf2817_2 Dscf2811

なにかの展示会を中で開催していて、一風かわったオブジェがところどころに展示されていた。

さて、そのまま運河を渡りニューマルクト広場を過ぎて(このあたりはコーヒーショップというマリファナを吸える店が多い、あまり治安がよくなさそう・・・でもまだまだ観光客が多くて大丈夫だったが)さらに若干東南方向へ。
Dscf2826
コーヒーショップはマリファナなどを扱っている。普通のコーヒーが飲みたいならカフェヘ

かの有名なレンブランドの家へ。
レンブランドの家(12.5ユーロ、カードでfree。オーディオガイド(英語など)込み)
http://www.rembrandthuis.nl/
126

レンブランドが1639~58年の約20年間住んだ家。ここはきらびやかな装飾品だらけの家と違っておちついた住居という印象。
部屋数も多い豪邸だったが、妻の死後、借金で手放したそうだ。
115 Dscf2830_2

116 117
118 123

彼の収集した美術品、彼のエッチングも多く展示。家具やアトリエも再現されている。
いろんな分野のものを収集していたよう。写真はエッチングの自画像


帰りにショップで絵葉書などを買う。OVチップカードを買ったときにもらった冊子についていたクーポンで3枚の絵葉書をお土産にくれた♪←手堅い(^^;

さて、再び南下。
市庁舎の前の運河沿いはなかなかロマンティックな雰囲気。5時40頃かな・・・
Dscf2835 Dscf2836

しばらくベンチに腰掛け、運河を眺める。

さて、一休みしたら足を伸ばしてエルミタージュ美術館アムステルダムに行くも閉まっていた(ガイドブックには水曜は8時までとあったのだが)。
せっかくここまできたのですぐ先のマヘレの跳ね橋で記念撮影。
130 132
137

1671年に造られたアムステルダムで唯一の木造の跳ね橋。ゴッホの「アルルの跳ね橋」のモデルとなったとの説もあるが違うという説も。

荷物もあるのでとりあえず一度ホテルへトラムを乗り継いで戻る。6時45分ごろホテル着。 
2日目はさらにつづく・・・

2014年8月 7日 (木)

アムステルダム2日目-3 運河クルーズ

1時15分頃、ファン・ローン博物館をでてトラムで中央駅へ。

Dscf2764 Dscf2766

マーケットでちょこちょこつまんだせいでおなかもあまり空いていないのでそのまま運河クルーズへ。
ネットでちょっとだけ安く購入していた(15ユーロが11ユーロ)バウチャーをブースでチケットに交換。
乗船場所はチケットブースからは離れていて、中央駅の前あたりだった。
クルーズ船は前の船がいっぱいでのれず、待つ事約20分。
(30分に1本程度)
次の船が来て奥の、外の席に座る(思えばこれがちょっと失敗だった(^◇^;)。
20分程とまったのち、フェリーは満員でやっと出発。
100 Dscf2773
隣の男の子、身を乗り出してた(^-^)  外の席はこんな感じ

外の席は風を切って進み気持ちがよく見晴らしもよかった。
が、オーディオガイドはないんだなぁなどと思っていたら見どころの説明は中で流していて、外には全然聞こえていなかったのだった(^◇^;)。 
Dscf2772
甲板側からみたフェリー船の中。
この中に座っていたらちゃんと音声ガイドが聞こえたのに(^◇^;)・・・


アムステルダムは中央駅を中心として運河が扇のように広がっていて、運河と運河の間もさほど広くない。
街の中心部分は半径1.5キロぐらいしかないこじんまりとした首都。(運河の外側も地名的にはアムステルダムだが)
Dscf2782 Dscf2783
Dscf2780 Dscf2786

Dscf2787 Dscf2794
ハウスボートが並んでいる

運河側から眺める街はなかなか趣があった。運河にかかる橋にはかならずといっていいほど自転車がとめてあり絵になる景色。水はあまり綺麗ではないけどf(^_^)

Dscf2774 Dscf2796
始めと降りる前に中央駅裏側のアイ湾を通り、広々としていて開放感がありさわやか気分になる。やはり水を切って進むのは気持ちがいい。
Dscf2800
約1時間の運河クルーズ。
運河に囲まれたアムステルダムの雰囲気を味わうにはうってつけでした♪

アムステルダム2日目-2アルベルトカイプマーケットとファン・ローン博物館

11時過ぎごろ国立ミュージアムを出る。さぁ、どこにいこう♪
まずはホテルのスタッフさんも勧めていた青空市場に行ってみることにした。

国立ミュージアムの裏を出るとすぐシンゲル運河。運河沿いを300mほど歩き、右に曲がって200mあまりのところにそのアルベルトカイプマーケットはある。


Dscf2737 Dscf2741
こんなところにあるのかなぁと思いながら歩いていくと、いきなりその通りはあった。

084 Dscf2740

085 086

088 090

Dscf2743 Dscf2739

092 093

500mほどの通りの両側にお土産屋、洋服や鞄、花、雑貨、野菜、果物などなどいろんな露店が出ていて歩いているだけでも面白い。

のんびり、時折お土産やらTシャツやらを買いながらたらたらと歩く。
途中、私はマンゴーヨーグルト、娘はイチゴヨーグルトジュースを飲んだり、フレンチフライを食べたり。
ちょこちょこと買い物もできて楽しかった。

さて、お次はマーケットに近い停留所からトラムに乗り3つ目、keizersgrachtで下車、ちょっと戻ってカイゼル運河沿いにあるファンローン博物館へ。(8ユーロ、Mカードでfree)。

095

098 Dscf2763
外観はこんな感じ

ここは典型的なカナルハウス=運河沿いの家で、17世紀の東インド会社設立にかかわりのあったファンローン家の元邸宅だったところ。

Dscf2748 Dscf2749
入ってみると外からは思いもよらぬびっくりするような豪華な内装
096 Dscf2760
いかにも贅を尽くしてますという高級感が漂った部屋、中庭もなかなか素敵

運河に面している家は高級住宅であることが多かったとか。
そういえば運河に浮かぶ船の家も普通よりも家賃は高めでちょっとしたステイタスになっているらしい。

つづく・・・

2014年8月 6日 (水)

アムステルダム7/30(水) 2日目-1 国立美術館

7時半ごろ朝食へ。
033 035

パンやシリアル、チーズ、ベーコン(かなり塩辛い)、スクランブルエッグ、ソフトドリンク、コーヒーなどのセルフサービスのごく普通の朝食メニューの他に、パンケーキの注文をとりに来てくれた。 
サーブしてくれたパンケーキはクレープのように薄く、ハチミツと粉砂糖がかかっていて美味しかった。
173 175

彼がとてもフレンドリーなのです♪

さて、今日は朝一でまず徒歩数分のところにある国立美術館へ。

https://www.rijksmuseum.nl/en/tickets

Dscf2683 
開館15分前に(8時45分頃)、チケットなしの人の列に並ぶ。どちらの列もたいしたことはなかった。
開館し、窓口でミュージアムカードを購入、59.90ユーロ(約8700円)。
記名式で1年間有効。
http://www.dutchmuseumsite.com/
オランダの主要な美術館がfreeになり、場所によっては長い列にならぶ必要のないところもあり。
(国立美術館自体の入場料は15ユーロ(約2175円))
Dscf2689 Dscf2730
ミュージアムとして建てられたヨーロッパ初の建物で、10年間もの改修工事が終わったばかり

国立美術館はもう圧巻。朝一は正解。
そして混まないうちにまず2階の1600年~1700年のレンブランドやフェルメールの並ぶコーナーを先に観るのがお勧め。

17世紀黄金期のオランダは商業貴族的共和制という資本主義的な国だった。
当時のアムステルダムは人口20万、画家は最盛期で700人もいたとか。そして花を買う感覚で絵を買う人々だったらしい。(オランダの中産階級は女性の識字率も高かった)
そんな国民性ゆえ、かくして絵の取引は盛んだった。

この美術館はフラッシュをたかなければ写真OK!
もう有名どころをバシバシとってしまった(^◇^;)。
036 Dscf2699
レンブランドの夜警、こんなに大きい絵だとは思っていなかった。
しばらく正面目の前に独り占め状態で見られた(^-^)/

043 038
おなじみのフェルメール。 「牛乳を注ぐ女」  「手紙を読む女」


041 039
「恋文」と「小路」 デルフトの街角を描いている。
フェルメールの風景画は2点しか現存していない


048 
立体的だけどこれって絵です

 
056 Dscf2716
ドールハウスも楽しい
Dscf2719 059
デルフト陶器  デルフト焼きは日本の伊万里の影響もうけている

Dscf2728 078
アジアのコーナーには出島の模型も

Dscf2710
古いライブラリー  吹き抜けになっていて中央部分は勉強室として使われているとか

せかされることなくじっくりと観賞し、11時過ぎごろまでゆっくり堪能、大満足でした。
この美術館、それ自体もレイアウトを含めてすばらしかったです(^-^)v

2014年8月 5日 (火)

アムステルダム1日目♪

KL0862、機材到着遅れでいきなり出発が遅れる。午前11時45分ごろ発。

私たちは3人がけの真ん中と通路側の席(事前にネットで席を予約可能)。
窓側の席はユニフォームを着たスポーツ遠征を思わせる団体のお1人で、さわやか好青年。
なんのスポーツだろうと思ったら、なんと彼らはアルティメットというフライングディスク(フリスビー)を使う競技の国内第一人者で、4年に1度開かれる世界選手権に出場するためスペインに向かう文化シャッターの社会人チームBuzz bulletsのメンバーの面々だった。(許可を頂いているのでリンク貼ります)

http://www.bunka-s.co.jp/buzzbullets/member/index.html
Sさん、応援してます!結果が楽しみ!

機内では見たいと思っているマレフィセントは残念ながらやっていなかったが、「グレートブダペストホテル」、「ゼロ・グラビティ」(女性が1人で宇宙から帰還するまでの話2013)、「MR.ビーン」、「天才犬と人間親子のアニメ」を鑑賞。
009
割と美味しかった。日本で作ったからかな??

約1時間20分遅れで4時20分ごろスキポール空港到着。
時差は-7時間。
イミグレ、荷物引き取りを経てそのまま空港に繋がっている鉄道駅へ。

切符を買おうとするもお金を入れるところまでいったら・・・
あれ、小銭のみでお札じゃ買えない(^◇^;)・・・
で、気を取り直して手数料がかかるがカード払いにしようとしたら、pincode入力しろと。
わからん(^◇^;)・・・(4桁の暗証番号でよかったらしい)。

結局自動販売機は断念し、手数料がかかる窓口で切符購入。
012
2.60ユーロ=約370円  (1ユーロ=約145円)
今回泊まるホテルはアムステルダム中央駅よりアムステルダムザウド駅が近く、ホームも違う。窓口で買ったおかげで何番線から出るか教えてもらえてラッキーでした♪
エスカレータ前で読み取り機に切符をタッチし(チェックイン)、地下のホームへ。
013 Dscf2635
ほどなくして電車がきて、10分かからないぐらいでアムステルダムザウド駅に到着。

外へでる。なんか適度に涼しくてさわやか、いい感じ♪
そこそこ人も多いが駅自体はわりと小さく、山手線の乗り換えのないホーム2つの駅ぐらいかな。

降りてすぐGVBオフィス(市営交通案内所)があった。
トラム乗り放題のOVチップカードは販売機で買わないとならないなぁ、どこにあるんだろう、ちゃんと買えるんだろうかと不安だったのでこれもラッキー♪
早速4日間のOVチップカードを購入、21ユーロ(約3000円)。これでトラムやバスなど乗り放題、1日3回以上乗ると元がとれる(^-^)/
Dscf3390
OVチップカードとのちに買うミュージアムカード

トラム5番乗車、約10分ほどで、ホテルのあるVAN BAERLESTR停留所到着。(カードは乗る時と降りるときにスイカやパスモの様に読み取り機にタッチ)

この駅のすぐ前は有名なゴッホ美術館
このあたりは美術館が多く、ミュージアム広場や公園、高級ブランド街にも近く、落ち着いた素敵な場所だ。

宿泊は停留所すぐそばのホテルフィッタ
トリップアドバイザーで人気ホテルランキング上位から値段が論外のところを飛ばして許容範囲の価格帯のホテルを探していてみつけたホテル。ランキングは344件中8位。
評判もとてもいい15部屋しかない4階建てのこの小さなホテル、一目ぼれして決めたのだった。 
Dscf2638 643
http://www.tripadvisor.jp/Hotels-g188590-Amsterdam_North_Holland_Province-Hotels.html
http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g188590-d237567-Reviews-Hotel_Fita-Amsterdam_North_Holland_Province.html#REVIEWS

ホテルのスタッフはとってもフレンドリーで握手で出迎えてくれた。
フライトはどうだったか気遣ってくれたり、アムステルダムの地図を広げて親切に見どころなどを説明してくれたり。(飾り窓地帯を面白いと言っていた(^◇^;))
部屋を案内してくれ、窓を開けてくれる。
角の2面が大きめの窓とテラス側になっていて明るく、天井には大きなファン。
驚いたことにエアコンがなかったが、窓を開けただけで涼しい空気が入り快適、とても居心地がいい。これならエアコンも要らないはずだ(^-^)
ネスプレッソがあり、おいしいコーヒーも飲める。冷蔵庫やメモ、スリッパなどはなかった。

部屋で落ち着いてからさっそく散策へ。
主要な美術館などが5時や6時にしまってしまうので飛行機が1時間以上遅れたロスは大きかった。
この日にまず隣の美術館でミュージアムカードを買いついでに見学しちゃおうと思っていたのだけどもう無理。

とりあえずこの街を感じようと、まずトラムでアムステルダム中央駅へ。
Dscf2648 Dscf2650
東京駅と姉妹駅だそう。なかなか風格のある駅。

駅前の運河を眺めたりしつつアムステルダムにひたる(*^^*)。

そして駅から道なりにショッピングしながら南下。
Dscf2655 Dscf2651
フレンチフライの店も多い       お土産屋さん前

それにしてもオランダってさすが飾り窓が合法だけあって、あっけらかんとすけべっぽいお土産が売っていたりする(^◇^;)。
ドラッグの葉のデザインを使ったお土産品もたくさんある。
オランダではマリファナは合法ではないものの2グラムまでは所持でき、コーヒーショップといわれる店で売っていたり、店で吸ったりできる。

そしてオランダは自転車大国。自転車専用道路がどこにでもちゃんとあり、自転車の多いこと多いこと。
道を渡るときは車と、バイク(自転車含む)専用道路にも注意しなければならない。

デパートのバイエンコルフをでると目の前が王宮のあるダム広場
Dscf2658 Dscf2660
Dscf2664

Dscf2673
さらに南を歩いていくと商店のにぎわいも少しずつ減って、ときおりレストランやショップのある落ち着いた並木道へ。

夕食はアムステルダム博物館隣の修道院前にあるオランダ料理店Haesje Claesにて。
Dscf3276 Dscf3277
店内は満員でテラス席へ。
弱い風が吹いていて、8時半をすぎてくるとさすがに肌寒くなってきた。
メインがきたところで店内の席が開いてきていたので席を替えてもらう。
それにしても9時過ぎてもまだ明るい。
027
こんな感じの落ち着いた店内。あたたかかった(笑)
023 025
エルテンスープ(豆のスープ)  大きな肉団子、ヘハクスバレン
スープはコクがあり過ぎるほどあって、なかなか美味しい…食べ応えあり。 
ヘハクスバレンはたまねぎなしの堅めの肉団子みたいな感じ・・・それほどおいしくもないがまずくもない(^^;なんか決め手に欠ける味。ポテトも多すぎ(^◇^;)。付け合せはピクルス、白い実はまさにらっきょう味   
030
レモンケーキのアイス添え。これはさっぱりしていて美味しかった

お店のすぐそばの停留所からトラムで6つ目、ホテルへ戻る。
Dscf2678
車内よりライツェ広場をのぞむ。もうすぐ10時、さすがに薄暗い

これにて1日目終了。

2014年8月 4日 (月)

アムステルダムに行ってきました♪

095


7月29日から8月3日まで、4泊6日という短い日程でしたが、オランダはアムステルダムに行ってきました。

なぜにアムステルダム?

このところ私の気分はヨーロッパなのです(^-^)
でもやっぱりヨーロッパは遠い。だから・・・

・飛行時間がなるべく短く済む直行便があること→KLMオランダ航空の直行便使用
・真夏なので、さほど暑くない国→アムステルダムは夏場は最高気温22度、最低気温12度程度
・観光名所が多すぎない、ほどほどの数のところ。たとえばイタリアとかだと名所旧跡満載でとても4泊では回りきれない(^◇^;)。

ただ、魅力的な美術館をはじめとして意外と見どころも多くあります。
夜も9時ごろまで明るいし、気温も日中は20から25度の間ぐらいでとても過ごしやすかったです(^^)。

ぼちぼちと旅行記を書いていこうかと思いますのでまたご訪問いただけたら嬉しいで~す(*^^*)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »