2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

« フィギュアJapanOpen観戦・つかさサンプル・アングランパ♪(10/3) | トップページ | 島根(松江)の旅1日目-1(松江城、小泉八雲記念館・旧居)(1) »

2015年10月 7日 (水)

鉄道博物館

スケート観戦の後泊まった翌日。
天気もいいしせっかく近いので鉄道博物館に行くことにしました。
ホテルから大宮駅への無料送迎バスがあるというので10時のバスで大宮駅へ。

鉄道博物館
http://www.railway-museum.jp/top.html

かつて神田に交通博物館があって、さほど広くはなかったけど、こういうのは割と好きでしたf(^_^)。
その後継としてできたのがここ、鉄道博物館。ほとぼりが冷めたころに行きたいと思っていました。

大宮駅からシャトルにのって一駅、「鉄道博物館」駅からアーケードを歩いてすぐ右がエントランス。

Img_2371_r Img_2372_r
アーケード天井は新幹線のダイヤグラムをイメージした装飾、床には新幹線の時刻表
Img_2337_r
このカードをタッチして入場(スイカやパスモなどのICカードも使えます)

名古屋のリニア鉄道館と雰囲気は似ていて車両を展示してあるスペースはかなり広く、2階からも見下ろせるようになっている。
博物館全体は横に長い。

車両展示のプロムナードの中心には、顔がちょっと流線形になっていてフォルムも美しいEF55形式電気機関車が回転式床の上にでんと構えている。
そしてその周りに数々の車両が展示されている。

入口すぐの鉄道初期の列車から始まり、奥に行くほど年代的に新しい車両、そして急行列車、一番奥は初期の新幹線。
そして向かって右側端に御料車、左側端に貨物車の展示。
非常にわかりやすいです。
Img_2331_r Img_2196_r_2
2階からみたEF55車両     これはなんと人力車!初期も初期、これも鉄道かしらん?!

Img_2205_r_2  Img_2213_r_2
御料車、機関車

Img_2211_r  Img_2221_r
車両の中にダルマストーブが(^◇^;)

Img_2222_r  Img_2224_r
南武線などに使われていたチョコレート色の車両。床は木で、真ん中に金属棒。
神奈川の親戚に遊びに行くときによく乗ったなぁ・・・
Img_2242_r  Img_2243_r

Img_2233_r  Img_2235_r
急行列車「とき」。入口横にこんな地図もあったよね

Img_2259_r  Img_2265_r
ゼロ系新幹線ひかり。高松に住んでいたころ東京に帰るときによく乗った懐かしいブルーの車内

Img_2249_r  Img_2250_r
紙コップで水が飲めたのです。うんうん、洗面もこんな風でした(^-^)

Img_2269_r  Img_2272_r
ゼロ系新幹線のテーブル。冷凍ミカンやカップ付きのお茶を置いたり(笑)  
右は初期の初期、ほんの数か月だけ使われた鼻の連結器が入ったところがアクリル樹脂のゼロ系新幹線。鳥がぶつかって割れるので素材を変えたそうです。


ゼロ系新幹線はプロムナード右奥に設けられた一室にも別に1車両展示がされていました。
そこで車内放送のデモンストレーションを。
「汽笛一声新橋を~♪」の鉄道唱歌に始まる車内アナウンス、これまた懐かしかったです。
今は「いい日旅立ち」が使われてるのかな?
(その2曲の間に使われていた、音階が上から下に流れるだけのような面白くない曲も使われていた時期があったんだけどあれはなんだったんだろう?)

日本人の旅行ブームは1970年の大阪万博が契機になり、入場者約6421万人中約900万人が新幹線を利用したそうです(私も入ってる(^^♪)
今でこそオンラインでコンピュータ管理をしている切符の販売ですが、当時はコンピュータが使われてどこでも買えるようになったことは驚きだったとか。

Img_2285_r 
寝台車も子供の頃乗ったことがありました・・・これって落ちて怪我ってなかったのかしらん。3段ベッドなのですよね。

他にも鉄道模型ジオラマの展示や鉄道に関する本が多く集められた図書室、数々の鉄道コレクション、そして鉄道の歴史の説明コーナーも。

Img_2316_r Img_2304_r
25m×8mのHOゲージのジオラマ、明治時代の列車の座席 、畳(^-^)
Img_2297_r  Img_2307_r
コレクターが泣いて喜びそうなコレクションの数々。
Img_2345_r
ヒストリーゾーンに展示された昔懐かしい切符。子供は初乗り片道10円だったなぁ・・・

そして、運転疑似体験ゾーンやミニ運転列車、ミニシャトルなど、子供も(大人も♪)楽しめる工夫もされている。

Img_2359_r Img_2360_r
ミニ運転列車とミニシャトル

食事処のスペースも充分あり、レストランのほかにも駅弁を買って車両(飲食専用)で食べることもできます。
Img_2338_r
ランチは鉄道博物館特製「クラブケーキとオニオンリング」とライスに

10時15分ごろ着き、結局1時半ごろまでまるまる3時間ほどひとりで堪能しました(笑)
なかなか興味深く、面白かったです。
昔懐かしい車両も多かった。歳を感じましたねぇ・・・

体験などをしないのであれば日曜でも余裕の鑑賞ができました。
小さな子供連れも多かったですね。
ご興味のある方は行ってみてくださいね(^_-)-☆

« フィギュアJapanOpen観戦・つかさサンプル・アングランパ♪(10/3) | トップページ | 島根(松江)の旅1日目-1(松江城、小泉八雲記念館・旧居)(1) »

・美術館・博物館・文化・芸術・展示イベントなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館:

« フィギュアJapanOpen観戦・つかさサンプル・アングランパ♪(10/3) | トップページ | 島根(松江)の旅1日目-1(松江城、小泉八雲記念館・旧居)(1) »