2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月27日 (土)

航空券の話(^^♪

ご存知の方も多いと思いますが航空券の価格はさながら株のように毎日変動します。
今夏の旅行の航空券、もう1年以上前から時々チェックしていましたf(^_^)

私がチェックに使っているのはこのサイト

スカイスキャナー
http://www.skyscanner.jp/

多くの旅行会社や航空会社で扱っているチケットの価格を「直行便か乗継便か、総飛行時間、航空会社はどこか」などなどの条件で検索。条件に合ったチケットを価格ごとに表示してくれる便利なサイト。

一般に航空券は早い方が安いけど、あまり早すぎてもかえって高いらしい。
というのは、半年前ごろから割引チケットが出回り始めたりすることも多いから。

だいたい出発20週前前後が価格がもっとも下がるという統計もでているそう。
そして水曜日が一番安くなりやすく、土日は価格が上がりやすいとか・・・
ただ目的地へのチケットの需要と供給が絡むので一概には言えないのです。
(LCCなどはまた全然違ってくるらしい)

今回購入予定のチケットは目的地への直行便。
出発前半年をすぎても、まだ昨夏(旅行1年前)の価格のほうが2万ほど安かったので せめてそのぐらいに下がらないかなぁ と買わずにいました。

ところが、数日前にちらっと下がってもう一声と思ったのもつかの間、その後下がるどころか上がり続け、大体1○万円台で推移していた価格が一気に2万以上も上がってしまった(~_~;) 。

そしてその後またじりじりと値は上昇、、、こりゃぁまずいと焦り、一瞬落ち着いていた価格近くに持ち直したところで思いきって購入。

次の日また値が上がって、よかったと思いきや、次の次の日にまた購入価格より安くなったのでした。
うまくいかないものだなぁ。

こういうのって疲れるわ・・・少しの損得のために使う時間のほうが無駄だったりして(^◇^;)・・・

2016年2月14日 (日)

柚子ジャム作ってみました(^-^)

先日、お米5キロ用の袋いっぱいぐらいの大量の柚子が手に入ったので2回に分けて柚子ジャムを作りました。

Img_4014_r Img_4016_r
果汁を絞る・・・手が痛くなる(;^_^A

Img_4019_r Img_4027_r
実をスプーンでえぐって出してから、外の皮を千切りにする・・・これも結構大変(^^;
果汁と共に鍋へ・・・

Img_4031_r Img_4036_r
煮ると皮はだんだん透明になっていきます。

1度目は砂糖控えめ(ゆずの量より少なめ)にしたんですが、かなり酸っぱかったので2度目はゆずと同量ぐらいの砂糖を投入(^◇^;)

それでもかなり酸っぱいですね~
とろみはつきやすいのですが冷めると固まって水っぽさがなくなってきます。
ちょっと人様に差し上げるのはどうかなぁ(^◇^;)~

「実」の方は贅沢にお風呂に入れて香りいい柚子風呂を楽しみました♪

2016年2月 3日 (水)

ダーツというゲームについて(^^♪

ダーツの大会を観る機会がありました。
ダーツのルール、初めて知ってびっくり。


Board101

http://www.darts.or.jp/darts/board1/

私はただ真ん中に近いところにたくさん当てていけばいいんだろうと思っていたんですが(アキュムレーションとしてこの採点ルールもあるにはあるようですが)、正式ルールはそんな単純なものではなかったのでした。

簡単に説明すると・・・

***

基本2人対戦。持ち点を1001、501、301点というように決めてスタート。
(301点スタートが素人向けの一番とっつきやすいスタンダードルール、国際試合は501ルールが多いらしい)
以下、301点ルールで説明。

「1ターン3本ずつで交互にダーツを投げ、1ターンごとに3本の当てた点数の合計をその持ち点から引いていく。10ターンまでのどこかで各自の持ち点がぴったり0点になったらその時点でそちらが勝ち」

つまり、最初の1ターン(3本投げ)で合計60点だったら301-60で残239点、2ターン目の3本の合計が30点だったら239-30で209点。

で、0点ぴったりにしないとダメで、どこかのターンであと8点で0になるところ、1投目で10点に当たってしまったら2点オーバーとなり無効、それが1投目でも残り2本を投げることはできず相手と交代、次ターンまた同じ8点を目指して投げなくてはならない。

そして、10ターンで双方ともジャスト0点にできずに終了した場合はラスト1本勝負となり、中心に近いところに当てた方が勝ちとなります。

だから、ちゃんと頭の中で計算してあと何点で0になるかを常に考えながら狙っていかないと勝てない。どこかのターンの1投目で10点に当てたいと思って15点になった場合、即座に最終的に0に持っていくにはそのターンの2投目3投目はどこを狙うといいかを考えながら投げることになります。

***

ルールを理解し、考えながら頑張って狙ったり上手に投げたりしていても、結局10ターンまでに0点にはできずにラスト1本勝負になってしまうと、それまではチャラ。
そのラスト1本勝負で勝敗が決まってしまったりするのでした。
まぁでも、ただ真ん中に当てるよりも、変化があって見てる方もその方が面白い。
要は当てたいところに当てる技術が必要ということなんですね~

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!