2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月25日 (木)

ウィーンのお土産(^^♪(品物編)

今回は見た瞬間、お!っと吸い寄せられて買ったというものが特になかったかも。
まず、行った美術館や博物館、宮殿の図録は全部買ったかな。
絵葉書も気に入ったものを選んでちらほら買いました。

Img_8656_r Img_8688_r
民族衣装の人形。メルクのお店で。おなかを押すとヨーデルを歌う人形

Img_8682_r Img_8684_r
モーツァルトアヒル。この手のアヒル、あちこちでよく売ってるのでそれならと子供たち3人分・・・
そしてベートーベンとモーツァルトの置物と楽譜柄のマイバッグ、下はマウスパット。
Img_8639_r Img_8650_r
モーツァルトのキーチェーンとザッハトルテの根付け。メガネケースとバイオリンのミニチュア2点。大きい方は弓を弦にあてると音がでます(^^♪、ミニチュア好きなもので(笑)。

Img_8681_r Img_8675_r
お酒用ミニカップと楽譜デザインのカードセット

Img_8658_r Img_8679_r
ドラッグストアのdmで買ったwash cream。右はデュルンシュタインで買ったアプリコットのスプレー。さっとスプレーすると部屋が甘い香りに(*^^*)

Img_8642_r Img_8640_r
お土産に買ったTシャツ一部。オーストリアのTシャツでよく見かけたスマイルというメーカー?の袋。「オーストリアにカンガルーはいません」オーストリアとオーストラリアを混同するのって日本人だけじゃないのね(笑)・・・同じデザインのTシャツも売ってましたね

Img_8649_r Img_8685_r
お土産用の敷物。右の花はオーストリアの国花、エーデルワイス

Img_8815_r Img_8686_r
物入れ。平べったい形の四隅を結んで組み立てて使います。猫を飼ってる妹がリモコン入れてるとメールくれた(^-^)。右は匂袋

Img_8674_r Img_8647_r
シシィのマイバックなど。買い物袋代わりについでに買っちゃった。
右はたぶんチーズ用のまな板だと思うんだけど市場で購入(^^ゞ・・・


Img_8651_r Img_8687_r
これも市場で買ったお皿、イタリア製だけど(笑)。シシィのヘアバンドと同じデザインのペンダントヘッド

Img_8694_r Img_8692_r
こちらもペンダント。左は安物ですが、右は本物の「プチポワン」http://wien-jp.com/wien-jp/contents/shop/stransky/ 小さめのポーチなんかでも数万単位でめちゃ高く私にはもったいないので始めから買わないつもりでした。
手が届く小さなネックレスにしてみた(^^ゞ


まぁ、もういい年だし(笑)とにかく買ったものはもったいぶってないでどんどん使っていこうと思います(^_-)-☆

ウィーンのお土産(^^♪(食品編)

食べ物いってみます(^^♪
まずはウィーンの定番から・・・
Img_8707_r Img_8703_r
ザッハトルテでございます(*^^*)・・・食べなかったので買いました。 右はオーバーラーのマカロン

Img_8710_r Img_8654_r
デーメルの菫の砂糖漬け、香水みたいな香りがします。
ミラベルとHeindlのモーツァルトクーゲルン。ミラベルは平べったい円形のチョコも買ったけどおいしかった


Img_8691_r
ウィーンというか、オーストリアの有名なメーカー、ダルボのジャム

次は・・・デュルンシュタインの定番。
Img_8737_r Img_8690_r
Wieserのお酒シュナップスなど。特産品アプリコットを使っている、色がついている方はかなり甘い。右はチョコレートなど。


Img_8671_r Img_8663_r
オーストリア一の?!パン屋さんのぶどうパン、、アプリコットシロップ漬け、ジャム

Img_8738_r Img_8662_r
これはクレムスのメーカー、この辺もアプリコットのお酒、ジャムとチョコレート

後は適当に買ったもの( -.-)/☆( +.;)ポカッ
Img_8657_r Img_8645_r
チョコレート屋さんで買ったお買い得まぜこぜクッキー。 左からコーヒー、チョコ、お茶。お茶はシシィの絵につられて空港で買い後でみたらフレーバー付きのグリーンティだった(^^;

Img_8653_r Img_8669_r
写真左のブルーの袋のココナッツの絵のチョコボール、英語表記がなかったんですが、サクサク感のあるココナッツの甘いチョコだと思いきや、食べてぶっとぶほど超不味かった。アルコール入りだったのよね、接着剤みたいな味の(^◇^;)・・・食べ物は味見しないとダメねの教訓(^◇^;)。
右は入れ物が可愛いから買ったお酒


Img_8672_r Img_8655_r
スーパーで買ったスープの素や乾燥オニオンなど。これ、食べたなぁというものでインスタントでもいいからまた食べようと思ったものを。

Img_8664_r Img_8665_r
お土産用のお茶など。

上にも書いたけど、
紅茶はパッケージだけで選ばず中身もよくみましょう。
お菓子はまず一袋買って味見してからたくさん買いましょう。

2016年8月23日 (火)

さよならウィーン(^^♪・・・エンゲル薬局(ウィーン最終日-2)

ホテルに戻ってチェックアウト。
荷物が増えていたので空港まではホテルからタクシーで行くことにし、3時にタクシーをお願いした。
荷物を預けてまたシュテファン広場を通ってケルンストナー通りへ。

Img_8547_r Img_8546_r
そしてカフェ・オーバーラーへ。おなかがあまり空いていなかったけど〆にまたケーキとメランジュ(笑)。ここのケーキはおいしかったなぁ。

そのあとはケルンストナー通りを見物しながらカールスプラッツまで。行きたかったお店にいく。

さて、まだ3時までは時間があるものの中途半端で美術館などには時間が足りない。
ふと思いつき、これまた面白い建築と言われるエンゲル薬局に行ってみることにした。

カールスプラッツから地下鉄でシュテファンスプラッツ、乗り換えて一駅のヘレンガッセへ。
またしても地下鉄から出たところの場所がわかりにくく、その上この辺の道は入り組んでいた。やっぱりシュテファンスプラッツで外に出て歩けばよかったかなぁと悔やんでいたらカフェツェントラルを発見、いる場所がわかり無事目的地へ。

Img_8562_r Img_8564_r
こんな登り道も。左の建物の装飾も何気に面白い

Img_8565_r Img_8568_r
ここにも広場・・・真ん中にあるのはなんでしょ。メリーゴーランド・・・じゃないか(笑)

Img_8569_r Img_8570_r
歩行者オンリーの広い通り。あなたは何をけだるそうにしているの(笑)?!

Img_8575_r Img_8580_r
エンゲル薬局、この広い通りにあるとは思わなかった。16世紀創業の古い薬局で、今も営業している。右は駅に行く路地の途中にあったレストラン。いい感じ・・・

この辺りは旅行中まったく来ていなかったがルイヴィトンなどのブランドショップがあったり、裏道はなかなか味がある雰囲気で面白かった。

Img_8586_r Img_8592_r
ホテルに3時前に戻り、記念写真を撮ってもらってからタクシーで空港へ。

Img_8611_r Img_8621_r
ウィーン国際空港。右のスペースでまたしてもデーメルの甘いミニチョコケーキを食べたのよねf(^_^)

Img_8626_r Img_8635_r
ここにきてウィーンは大雨に。お別れを惜しむ私の涙かしらん(^◇^;)・・・で、飛行機が50分ぐらい離陸が遅れた。

無事6日のお昼過ぎ頃成田に到着しました。
19話にも及んだウィーン旅行記ですが、この20話をもちましてやっと終了ですf(^_^)

2016年8月22日 (月)

ヨハン・シュトラウス像とモーツァルト像(ウィーン最終日-1)

・・・また行ったんです、朝散歩(^^♪・・・
この日はもう8時ぐらいだったかな?!
今度はホテルから北側に向かってみました。
適当に歩くのも、あ、こんなとこに出るんだっていう驚きがあったりして面白かったします(^-^)

Img_8387_r Img_8392_r
Img_8393_r Img_8406_r
ずっといくとドナウ川運河のそばの地下鉄とトラムが交わって通っているシュヴェーデンプラッツまで来た。

Img_8410_r Img_8414_r
そのまま同じ道は戻らずちょっと北西側に曲がってみた。お店の前の折りたたみベンチが面白い

Img_8421_r Img_8422_r
なんかさびれた感じの通り・・・こういうちょっとした広場ってちょこちょこあるような気がする

Img_8423_r Img_8425_r
と、アンカー時計を見つけてちょっとびっくり。ガイドブックにはあったけど、わざわざ見に行かなくてもいいやと思っていた。
そっか、こんなところにあるのかっていう感じでした(笑)


Img_8426_r Img_8432_r
Img_8434_r
時計の下をくぐってちょっと先に行くと細長い感じの広場にでた。ちょっと右に曲がってみると何か古い建物があった(後でみたら広場は「ホーエルマルクト」、古い建物は「旧市庁舎」でした・・・古いはずだ(笑))

そろそろ戻らないとと、ここでUターン。

Img_8445_r Img_8454_r
適当にホテル方向かなと思う道を行くと寺院の向かいにでて無事ホテルへ戻る。

目的地のない気楽な散歩でした。

ここでの最後の朝、、、朝食をゆっくり味わっていただく。
このホテルもチェックアウトは12時、、、午前中はやっぱり行かなきゃの市立公園とブルグ公園へ。
地下鉄で朝に来たシュヴェーデンプラッツへ、2番トラムに乗り換えて市立公園前の停留所で下車。

Img_8501_r Img_8503_r
昨日の夜にいたクアサロン。で、これこれ、金ぴかのヨハン・シュトラウス像!!

で、ここを散歩しながらグルックナーやシューベルトの像はみるものの、有名なモーツァルトの像が見つからない。

おかしいなぁと思って改めてガイドブックをみたら、モーツァルトはここではなくブルク公園にあるのだった(^◇^;)

さっきの停留所に戻り、トラムでBurgring下車。

Img_8524_r Img_8533_r
これこれ、ト音記号の花の向こうのモーツァルト像(^^♪

Img_8536_r
ついでに(^^ゞ・・・公園を出てすぐ近くにあるゲーテ像

こうして誰もがウィーン観光ではまず第一に行くであろう場所に最後に行く私たちなのでした。

ウィーン滞在最後の夜・・・クアサロンコンサート(ウィーン6日目-2)

ホテルに戻り着替える。
リンク東側の市立公園内にあるクアサロンでのクラシックコンサートに行く予定にしていた(ドレスコードはないが気分を変えてちょっとはドレッシーに(^^♪)。

Img_8322_r
地下鉄Stadtparkで降り、川を渡ってすぐのところがクアサロン。

ここは規模もそう大きくないのでどうせ見るなら近くでと思い、思い切ってVIPのディナー付きでブックしていた(^^♪(VIPなんてガラではないんだけどCDやプログラム、幕間のスパークリングワイン付きだし、口コミを見ると夕食もまぁまぁで、食事つきの方がいい席をキープされているとあったのでかえって得かもと思ったのでした(^^ゞ)

Img_8330_r Img_8328_r_2
Img_8329_r Img_8332_r
Img_8333_r Img_8334_r
食事の品数は少ないほうにしていたけどちょうどよかった。時間的にもすごくゆっくりサーブされました。ドリンクは別料金、白ワインをいただきました(^^♪

そして案内された席は一列目、一番前のほとんど真ん中!
前列は席に着くときとかもちょい目立つのでマナーとしてはドレスアップしてきてよかったかも(笑)

Img_8338_r Img_8350_r
 手前舞台はちょっと高くなっていてバレエやオペラを。奥が演奏家のゾーン。写真右は後ろの方から撮った会場の様子。

Img_8343_r Img_8344_r
幕間でいただいたスパークリングワインで乾杯(^^♪
テラスに出て楽しみましたがちょっと肌寒いくらいでした。

公演の写真は不可。ヨハンシュトラウスの有名どころの曲やモーツァルトの曲の演奏に加えてバレエやオペラもあって間近で迫力もあってとてもよかったです。
オペラもさすがで声量がすごいし高音もきれいだった。 バレエも軽々と美しかった・・・
演奏も、司会をしていたバイオリン担当の年配の方が感情を込めるさまが大きく動作に現れていてそれがよくみえ、最前列ならではでした(^-^)v

このコンサートはマナーもよく、しっかり、みんな静かに演奏を楽しんでいました。
あっというまの2時間。
お約束の美しく青きドナウの演奏もウィーン最後の夜でなんだか心にしみました(*^^*)。

Img_8353_r Img_8796_r
夜のクアサロン、右はCDとプログラム

Img_8356_r Img_8362_r
帰りはカフェにでもと思ったけどガイドブックで開いてると思われるところにいっても閉める時間だったりカフェというより飲み屋になってたり。
もう遅いしたくさん歩くのもなんなので諦めてそのままホテルに帰りました。

6日目終了。明日はもう帰国です・・・

2016年8月21日 (日)

ベルヴェデーレ宮殿、モーツァルトハウス、シュテファン寺院の南塔(ウィーン6日目-1)

Img_8147_r Img_8153_r
Img_8151_r Img_8468_r
朝食。卵料理は希望をきいてアツアツを作って持ってきてくれる。
このホテルの朝食も種類が多く、おいしかった。ダルボのジャムも瓶で太っ腹(^-^)/


今回滞在の3つのホテルはどこも甲乙つけがたかった。こんな風におなか一杯朝から食べて、カフェで甘いものばかり食べていた私たち・・・

さて、地下鉄、トラムを乗り継ぎ10時からのベルヴェデーレ宮殿
(上宮・下宮コンビチケット€20)
Img_8170_r Img_8192_r
トルコ軍からウィーンを救った英雄プリンツ・オイゲンの夏の離宮。
ここは美術館になっており、有名なクリムトやシーレの作品も多く展示している。

2,3分並んで入場。残念ながらここは写真不可。

クレムトの「接吻」は圧巻でした。思ったより大きく、やっぱり金箔もインパクトがあった。でも人物の皮膚部分はソフトな感じ。クレムトの絵って人物が柔らかい表情をしていたり肌もふわっとした感じに思えたり。私はシーレよりも好きかも・・・
Img_8795_r
ここでもギャラリーガイド本やポストカード、眼鏡ふきなどを買った。ポストカードの金ぴかのはここでしかないとガイドブックに書いてあったので思わず買ってしまった。

Img_8213_r Img_8204_r
下宮にも行ったが、移動も暑いし中の展示もなんとなく惰性で見ていてさほど特筆すべきところはなかったような(^◇^;)。出口が分かりにくかった。他にも出口を探していた人がいたのでもうちょっとわかりやすく表示してあればいいのにと思った。

Img_8215_r
出た前の道路むかいにスーパーがあったのでドリンクなどを買ってその場で飲んじゃう(笑)

通りからトラムでオペラ座方面へ。行ったばかりだったようでなかなか来なくて15分ぐらいはまったかしらん・・・カンカン照りでウィーンもさすがに暑かった。

オペラ座で降り、北へ少し歩いてカフェ・ティロ-ラーホーフへ。
あまりおなかも空いていなかったのでパンやソーセージ、デザートを食べ満足。

そのままケルンストナー通りのカフェザッハでザッハトルテの小さなホールケーキを購入。(2週間日持ちするとのこと。店内で食べるのとはちょっとレシピが違うとか。€24.90。サイズによっては空港にも売っていました)

改めてケルンストナー通りをショッピングしながら歩き、ホテルに戻り荷物を置いて、ホテルのすぐそばのモーツァルトハウスへ(€11)。
写真撮影不可、日本語のオーディオガイド込み。

Image_gallery5 Image_gallery1
Image_gallery6 Image_gallery7
下2枚はモーツァルトの家の部屋。 写真不可、ネットよりいただきました。

ここはモーツァルトが生涯で最も充実した余裕のある暮らしをしていたころの住居で、4つの部屋と2つの小部屋、そしてキッチン、寝室もあり、当時としては高級住宅地の部類だったとか。
モーツァルトもベートーベンに負けず劣らず引越が多い。1784年から1787年までの2年7か月ここに住んでいて、彼の生涯では最も長い期間だったそうだ。

現存する家はここだけ。見学コースは4階3階はウィーン時代のモーツァルトや彼の音楽についてなどの博物館になっていて、2階はモーツァルトの実際住んでいたスペースになっている。
モーツァルトの天才ぶり、音楽面の活躍の他、日々の暮らしぶりや家族について、そして友人と彼との人間関係をとおしての彼の人間性も垣間見ることができてなかなか面白かった。

その後、再びシュテファン寺院へ。

Img_7855_r
旅程6日にしてやっとウィーンのリンク中心の寺院の塔に登る
ガイドブックにはエレベーターで行ける北塔と、階段を上る南塔と二つあると書いてあったが、改装中だったのかそのエレベーターの方が見あたらず。
しかたなく?!南塔へ。

Img_8267_r Img_8272_r
343段のらせん階段は、休みなくずっと続いていて結構キツく、休み休み登る。

Img_8280_r Img_8283_rImg_8286_r Img_8292_r
広場はこんな感じに見える。右は展望室。
6日目はまだつづく・・・

ウィーン朝散歩(^^♪

6日目の朝。 恒例?の早起きしちゃったので散歩です♪

今度のホテルはリンクの中心なので、街並み自体が旧市街そのままのところが多く、そこかしこが絵になる風景でした。
「地球の歩き方」で、この辺の中庭なども入っちゃっていいのを知って、ちょっと街歩きしてみました。

Img_7988__r Img_7990_r
まずはホテルに沿って右に曲がって・・・モーツァルトハウスあたりを左に曲がっていくと・・・

Img_7994_r Img_7996_r
ここを入ったんだっけかな?!おぉ~いい感じの中庭・・・

Img_7997__r Img_8001__r
この狭さ加減がいいよね(笑)

Img_8002__r Img_8005__r
Img_8007_r Img_8011_r
ここだここだ、写真でも見たところだわ・・・真ん中の木、立派

Img_8012_r Img_8014__r
再び通りへ

Img_8016_r Img_8017_r
よく見ると○がたくさん(^◇^;)

Img_8018_r Img_8021_r
Img_8026_r Img_8028_r
フランツィスカーナー広場にでた。教会があったので入ってみた・・・説教をしていた。早くからお疲れ様です。 そっか、ここにウィーン一小さいというクライネスカフェがあるのね

Img_8029_r Img_8035_r
ここをくぐっちゃいます・・・うん、いい感じ♪

Img_8037_r Img_8038_r
Img_8049_r Img_8050_r
聞いていたとおり、看板が面白いなぁ・・・猫のは看板じゃないか(笑)

Img_8039_r Img_8041_r
Img_8052_r Img_8059_r
ベートーベンが住んでいたことのある家がこのあたりにあるらしいけど表示もないしよくわからないなぁ・・・夜はにぎわってるんだろうけど朝は静か、モーニングはやらないお店かな?!写真右下の中の右の建物はモーツァルトが最後に住んでいた家の跡地に建てられたショッピングセンター、シュティッフル

Img_8060_r Img_8093_r
その突き当りのシュティッフルを左に曲がるとカフェフラウエン・フーバー、そしてそこを右に曲がると、ウィーン観光客で来ない人はいないであろうケルントナー通りに出る。人が少ない、なんだか昼間の賑わいが嘘みたいなさわやかさ

Img_8107_r Img_8112_r
シュテファン広場あたりもこのとおり

Img_8127_r Img_8130_r
お店のショーウィンドウにも魅かれる

Img_8135_r Img_8138_r
朝の光に輝くシュテファン寺院

「早起きは三文の徳」でした♪

2016年8月19日 (金)

マジョリカハウス、パラチンケン・プファンドル、フィルムコンサートフェスティバル(ウィーン5日目-3)

ハイリゲンシュタットに戻り地下鉄でカールスプラッツの次の駅で降りてウィーンの面白い建築の一つ、マジョリカハウスとメダイヨンを見る。

Img_7807_r Img_7805_r
Img_7808_r Img_7809_r
2つ並んでいる。赤い花模様のほうがマジョリカハウス

そしてそこからカールスプラッツ方面へ伸びるナッシュマルクトをまた通ってホテルベートーベンに荷物を取りに行く。スーツケースを持っているのでタクシーで今回のホテルへ。

荷物を置いてから、ウィーンのリンクの中心にあるシュテファン寺院の中だけをさっと見学。
Img_7843_r Img_7856_r

その後、徒歩で夕食へ。

パラチンケン・プファンドル
Img_7870_r Img_7887_r
ウィーンの名物パラチンケンの専門店。(クレープのような感じ)

Img_7875_r Img_7880_r

Img_7882_r Img_7885_r
右の甘酸っぱいベリーソースをかけていただく

肉のと野菜・きのこのパラチンケン2種を頼み、二人でシュア。あとフライパンにのってあつあつのApfel kleinというやつもシュア。ビールなど、ドリンク込みで€29.40
最後はもうおなかいっぱいになっちゃったけどなんとか完食(笑)

さて、この時点で9時15分。すっかり日も暮れたし、数日前に雨で断念したフィルムコンサートに行くチャンス!
夏の間はオペラ座やウィーンフィルとかはお休みだけど、この時期ウィーンでは市庁舎前の広場で日が暮れるあたりからフィルムコンサートフェスティバルが催されている。過去のコンサートなどが巨大なスクリーンに映し出され、その場所で食べ物やの屋台もたくさんでて大賑わいになる。

シュテファンプラッツから地下鉄で一つ目のherrengasseから歩くのが近いかなと思って行ってみるも降りる人も少ない。
不安になりつつも、他に5人連れのスペイン人とおぼしき男性一人女性4人グループがいたので、その人たちと一緒にホームから地上へのエレベーターへ。
外に出てみると・・・閑散として暗い(~_~;) ・・・

Img_7894_r
大きな建物があるものの人がほとんどいなくて、治安はいいとはいえさすがにちと怖い。

その人たちもあれ閑散としてるじゃん?!みたいなリアクションだったので同じところに行こうとしてたのかしらん?!とりあえず少し離れながらも一緒についていく。

でもその人たちも行先も違うかもしれないし、どこにいるかもわからずこの暗いのに地図も役立たないので、途中からはとにかくにぎやかになりそうな方へと二人で急ぎ足で行くと、公園らしきところにでて人もちらほら。

公園からでてきた人にフィルムコンサートはどこで?と聞くも通じず(^◇^;)。
ビッグコンサートがとかビッグフェスティバルがとか言ってるうちにわかってくれたらしく、人がたっくさんいていっぱいショップがでてるところはこの公園を通って左だとか教えてくれるが、公園は暗そうなのでやめてその方向に向かいつつ公園に沿って歩くと大通りへでた。人通りがあったことにほっとした!

Img_7898_r
その通りを右に曲がり、国会議事堂を過ぎてやっと超にぎやかな市庁舎前にやってきた。

夜に地下鉄で来たのは失敗でした。回り道してでも乗り継いでトラムで市庁舎の目の前で降りるべきでしたね(;^_^A

Img_7900_r Img_7909_r
大型スクリーンの前もたくさんの人が群がってドリンクを片手に見ていたり仲間同士おしゃべりしていたり。
Img_7915_r Img_7913_r
フェスティバルは大賑わい!両側に各国の料理の屋台が並び、人が溢れんばかり。

Img_7919_r Img_7921_r
確かお好み焼きと称して売ってたような・・・
Img_7935_r Img_7926_r
座れる席もほとんどない状態。 
席が空いてすかさず場所を取り、つまみとドリンクを買ってくる。

夏の夜は毎日こんなにすごい人なのかしらん・・・すごいなぁ。
肝心のフィルムの方はものすごく昔のオーケストラと歌手の映像が流れていてすばらしいというほどでもなかったけど、気分は満点(^^♪雰囲気を味わえて面白かった。

Img_7939_r Img_7949_r
フェスティバル会場の入り口あたり。右はトラムの停留所

しっかりトラムと地下鉄を乗り継いで帰りました(^^ゞ。

2016年8月18日 (木)

ホテル・ケーニヒ・フォン・ウンガルン、ハイリゲンシュタット、レオポルツベルク(ウィーン5日目-2)

ウィーンに戻ってきた。
コンビチケットの終点はウィーンフランツヨーゼフ駅だけど、手前の地下鉄が繋がっている駅ハイリゲンシュタットで下車。
予定ではこの時にここで外に出て観光するつもりだったが、デュルンシュタインでの買い物で荷物が結構重くなっていたのでまずはホテルへチェックインすることに。

48時間フリーチケットを購入、地下鉄に乗り換え、U4U1と乗り継いで街の中心シュテファンスプラッツへ。
Img_7681_r
今度のホテルはウィーンのリンクの中心シュテファン寺院のすぐ近く。

ホテル・ケーニヒ・フォン・ウンガルン
このホテルは元ハンガリー貴族の館で1746年創業。
全33室のホテルの部屋はひとつひとつのインテリアが違うらしい。
寺院の近くにもかかわらず、1本入ったところにあるので静かでした。

http://www.kvu.at/
https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g190454-d192271-Reviews-Hotel_Konig_Von_Ungarn-Vienna.html

Img_7684_r Img_7686_r

Img_7697_r
案内された部屋は角部屋で明るく、白地に模様が入った壁に赤のソファ、赤と白を基調としたセンスのいいインテリアの部屋。ウエルカムのチョコレートも(^^♪
洗面所も広く、洗面台は2台あった。


Img_7985_r Img_8583_r
Img_8586_r Img_7701_r
写真左上はホテルの正面ではなく横側の入り口、この入口の上が私たちの部屋でした。廊下もなかなか趣があるし、建物の真ん中は天井がガラス張りの吹き抜けになっていて明るい。 

さて、やはり今日行っておこうと、さっきのハイリゲンシュタットまで地下鉄で戻る。
ウィーンの北のこの辺りはウィーンの森にも近く、ベートーベンの散歩道があったり近くのグリンツィングにはホイリゲも集中している(自家製新酒を飲ませるという、純粋なホイリゲは少なくなったらしいが)

ベートーベンという人は、かなりの引越魔だったらしく、彼が元住んでいたというところはウィーンじゅういたるところにあるらしいが、ここハイリゲンシュタットにはベートーベンが遺書を書いたことで有名な遺書の家があり、記念館として公開されている。

Img_7710_r
カール・マルクス・ホーフ

地下鉄降りたところに建築物として面白いカール・マルクス・ホーフ、そのすぐ近くのバス停から38AのバスでArmbrustergasseで下車、徒歩5分で「ベートーベンの遺書の家」へ。

Img_7724_r Img_7715_r
いつもしかめっつらのベートーベン(^^ゞ こんなところなの?というほど地味な建物で、しかも一部が工事中だった

Img_7717_r
デスマスクも(^◇^;)・・・

記念館は本当に小さく、実質2部屋しかなかったかな。

気を取り直して?!先ほどのバス停に戻り、バスで、終点のレオポルツベルク、ウィーンを見渡せるという展望台まで行く。(展望台は2つあり、手前がカーレンベルク、先がここ。
カーレンベルクが終点のバスは10分おき、レオポルツベルクまで行くバスは30分おき)

Img_7732_r
なんでもレオポルツベルクの方が景観がいいらしい。きたバスがレオポルツベルク行きでラッキー(^^♪

Img_7775_r Img_7753_r
Img_7765_rImg_7766_r
すばらしい景色。ドナウ川も見える

わざわざ行こうか迷ってたけどここはくる価値ありでした(^-^)/

2016年8月17日 (水)

ケーンリンガー城跡、デュルンシュタイン→クレムス→ウィーンへ(ヴァッハウ渓谷5日目-1)

朝早く目が覚める。
ホテルはチェックアウトは11時まででかなり余裕があるし、帰りは船ではなく12:33のバスに乗ってクレムスへ行く予定にしていたので特に早起きする必要もなかったのだけど、せっかくなので娘を寝かせておいて、7時ごろ朝食前にひとり散歩に出てみた。

Img_7324_r
バックシュトゥーベ・シュミードル(パン屋さん)
http://www.schmidl-duernstein.at/
ホテルを出たメイン通りのすぐにこのパン屋がある。
ここはなんでもウィーンのホテルや東京のオーストリア大使館御用達のパン屋さんで、国内でも有数のおいしさだとか。

あたりはパンの焼けたいい匂いがぷんぷんしていた。もう開いていたので入ってパンを2つ、そして日持ちするかも気にせず持ち帰り用に大きめの、美味しそうなぶどう入りのパンを購入。

Img_7326_r Img_7499_r
朝は閑散としている通り。ここを入ると・・・

Img_7329_r Img_7342_r
そのままこんな道へ・・・

そして、そのままなんとなく流れでこの村の観光ポイント、山を登った高いところにあるケーンリンガー城跡へ。

ケーンリンガー城はイギリスのリチャード王が十字軍遠征後、その帰りにオーストリアのレオポルトの怒りに触れて1年間幽閉されていたというお城
城跡が山の上に残されている。 でもこの王、身代金で開放されるまで、この風光明媚な地をホリデー気分で楽しんでいたとか(^◇^;)・・・

登ってみると結構な急こう配!
Img_7334_r Img_7339_r
Img_7344_r Img_7398_r

Img_7335_r Img_7347_r
そして高くなりどんどん景色が素晴らしくなっていく・・・

Img_7330_r Img_7325_r
途中、買ったばかりのまだ温かい出来立てパンを食べてみるとこれがまためちゃくちゃおいしい!シンプルな写真左のパンが特においしい(^^♪(後で知ったがオリジナルのこれが名物らしい)
周りがパリッと中はもちっとしていて焼きたてですごく香ばしい。
このパン、冷めてもおいしそうだし水分少なそうだから帰りにお土産にたくさん買っていけばよかったなぁ・・・


Img_7348_r_2 Img_7352_r_2
Img_7359_r_2 Img_7377_r_2
デュルンシュタインの村が見渡せてとても気持ちがいい!
ここはまだまだ中休みの場所♪

Img_7423_r_2 Img_7384_rImg_7383_r Img_7390_r
これは泊まっているホテル

Img_7389_r Img_7393_r
小さい窓から外をみて王は何を思ったんだろう

Img_7433_r Img_7442_r
帰りは左に分かれるここをくぐっていく道(行きと違う道)で降りた(こちらの道の方が広い、行きの道はいかにも山道という感じだった。でもどうだったろう、行きの方が途中の景観はよかったかな?!)

Img_7487_r Img_7486_r
下に降りてくると民家から子供の声が聞こえてきたり(^^♪
この道は下では城壁を出たあたりにでます。

だれにも会わなかった。
朝からいい汗をかいてしまった。
余談・・・自撮り棒を使って写真を数枚撮ったりしたが、誤ってiphoneをコンクリートの地面に落とした時があった。が、カバーが衝撃を吸収していて無傷でした。
スマホカバーは柔らかいのがお勧めよん(笑)

部屋に戻ると娘はまだ寝ていた。ゆるゆると起こし、ゆっくり朝食。
Img_7523_r Img_7524_r
Img_7508_r Img_7513_r
美味しかった!パンはあのパン屋さんのパンで、またまた美味しかった(*^^*)
また朝から食べ過ぎです(^◇^;)

Img_7548_r Img_7551_r
食べ終わって1段落してからまたお土産屋さんが並ぶ通りを端まで行ったり。
で、今度は城壁をくぐってぶどう畑を通って電車の駅まで行ってみた。

Img_7560_r Img_7567_r
街はずれにあるデュルンシュタイン駅。メイン通りからは7,8分離れている

ここデュルンシュタインからウィーン方面に帰るにはひとまずクレムスという街に出ることになる。

持っているコンビチケットはクレムスまでは船だが、ドナウ川の見どころはデュルンシュタインより先はあまりないらしく、バスの方が本数が多いし時間的にも早いしクレムスについてから駅まではすぐそばだし便利
そしてクレムス行きの電車はほとんど走っていない。

11時少し前に戻りチェックアウト。オーナー女主人さんもわざわざ出てきてくれました。
ありがとう!
(でも12時まで荷物を預かってもらったが(笑))

Img_7582_r Img_7586_r
Img_7591_r Img_7619_r
おなかは空いていないので、ちょっとの時間、デュルンシュタインのドナウ川沿いを散歩したりアプリコットジュースを飲んだりしてすごす。

12時に荷物を受け取って街を抜けて城壁をくぐってバス停へ(ホテルから5分ぐらいかな?!)。
デュルンシュタイン、来てよかった!素敵な1泊でした。このラブリーな村ともお別れ・・・
Img_7629_r
12時33分発のバスはちょっと遅れてきたが無事乗車。チケットは船のみなので別途バス代€2.20。
予定では12時53分にクレムスにつくのだが、ちょっと早く着き、12時51分の電車にギリギリ間に合うかというところだったが結局間に合わず残念。

Img_7647_r
次の電車は1時43なのでクレムス駅前のカフェでまったり時間をつぶす。

次の電車に間に合わなかったらシャレにならないので少し余裕をもって駅へ。

Img_7649_r Img_7653_r
Img_7655_r Img_7659_r
今度は普通の座席の車両、2階席に座る。
その車両には私たちしかいないぐらいがらがらでした。
ウィーンへ戻ります・・・

2016年8月16日 (火)

ホテル・リチャードローレンハルツ、デュルンシュタイン(ヴァッハウ渓谷4日目-3デュルンシュタイン泊)

Img_7152_r Img_7157_r
Img_7160_r Img_7162_r
ドナウ川沿いを少し歩き、左の坂道に入り突き当りをまた左へ。
城壁のトンネルをくぐるとそこはデュルンシュタイン(^^♪

まずはホテルへ(川辺からホテルへの近道があったけどこの時はトンネルから)。

ホテルリチャードローレンハルツ

http://www.richardloewenherz.at/en/

このホテルはもと修道院で、泊まった部屋は新館のドナウ川が見えるラブリーなお部屋(^^♪
Img_7168_r Img_7181_r
Img_7179_r Img_7184_r

Img_7183_r Img_7301_r
廊下の調度品など、とても歴史を感じる

Img_7169_r Img_7537_r
部屋全体も広いし、バスルームもゆったり。すごく贅沢気分。何より、窓を開けるとドナウ川っていうのが嬉しい、、、頭にヨハンシュトラウスの「美しき青きドナウ」が流れる(^^♪・・・まぁ青くないけど景観は美しい!

荷物を置いて村を散策。
中心のハウプト通りの賑わいもほんの2,300mほど。
趣のある石畳の道の両側にお土産屋さんやレストランが並んでいる。
1日に数回の船の到着時にはにぎわう通りだけど、乗客が去った後は極端に人が減る。

Img_7188_r Img_2928_r
Img_7189_r Img_7547_r
Img_7500_r Img_7550_r
自転車で来た人をここでもよく見かけた

Img_7596_r Img_7606_r
Img_7185_r Img_7162_r_2
Img_7604_r Img_7601_r
古城ホテル シュロス・デュルンシュタイン。このホテルも魅力でした(^^♪
通りの北西のはずれにある。


Img_7215_r Img_7502_r
ホテルのすぐ隣の、ブルーの塔が特徴的な教会にも行ってみた

Img_7245_r Img_7249_r
Img_7259_r

通りを南東に行き商店街をすぎ城壁をくぐるとすぐぶどう畑。
この地方の白ワインは有名。


夕食は地元のホイリゲ(今年出来たワインを飲ませる酒場)にするか迷ったが、せっかくなのでホテルのレストランで食べることに。

Img_7271_r Img_7272_r
ワインはお勧めをいただきました(^^♪
Img_7274_r Img_7280_r
Img_7272_r_2

Img_7273_r_2 Img_7284_r
またしてもこれを頼んでしまった(^◇^;)・・・今にして思うとオーストリア名物グラーシュ(シチュー)や魚料理を頼めばよかったかもしれないけどガッツリ肉好き親子なのです(^^ゞ
一応鶏肉と子牛肉の2種頼みました(笑)
レモンは手が汚れないように、このおしゃれなこと(*^^*)


夢のような場所にいる1日でした。余力?!を残して4日目終了(*^^*)・・・

2016年8月15日 (月)

メルク修道院、ドナウ川クルーズでメルクからデュルンシュタインへ(ヴァッハウ渓谷4日目-2デュルンシュタイン泊)

メルク修道院、入るといきなり想像しない光景に・・・ここって修道院だよね?!

Img_6946_r
なんか近代的(笑)

Img_6961_r Img_6963_r

Img_6965_r  Img_6970_r
これは宮殿などにもよくあるけど昔のストーブだそうです。
天井画はやはりいい感じ、見慣れちゃったけど(^^♪


Img_6977_r Img_6990_r
修道院屋上からの眺め。メルクも小さい町、人口約5200人だとか。

Img_6997_r  Img_7023_r_2
このらせん階段は面白かった。下に鏡もあって上の階段が写って上も下も無限のらせんのように見える。

修道院を出た後、先ほど通った広場まで戻り、角のお店の外で昼食。
自転車でこの村にきたと思われる人を結構見かけた。

Img_7032_r Img_7033_r
またシュニッツェルを食べる懲りない私たち(^◇^;)・・・

Img_7034_r
肉の煮込みの薬味、細かいチーズに見えるけど食べてびっくり、わさびなんですよね。
擦らないでこういう形状、おもしろい。

その後、時間もあるのでまた商店街へ戻りショップをみて歩く。

Img_7050_r Img_7051_r
アイスクリームを通りのベンチで。

Img_7052_r Img_7054_r
そして15分弱ほど歩いて1:50発のヴァッハウ(ワッハウ)渓谷のクルーズ船へ。
修道院の下を過ぎていきます。

ドナウ観光船DDSGのサイト
http://www.ddsg-blue-danube.at/eng/cruises_wachau_sightseeing_cruises_wachau

Img_7055_r Img_7059_r
左がチケット販売所。コンビチケットのバウチャーをチケットに交換。

Img_7073_r Img_7086_r
甲板席に座ったはいいけど気持ちいい・・・というか、あっつい(^◇^;)
甲板は風があるのでいくらかはいいんだけど、さすがに日差しが強くて帽子をかぶっても首が痛いのでハンカチを巻く。もう日焼け、ひらきなおっちゃいました(^◇^;)・・・


Img_7078_r Img_7105_r
Img_7113_r Img_7119_r
ドナウ川沿いの村の教会やお城跡などが時々見られます。ドナウ川、聞いた通り全然青くないです(^^;。写真右下は途中のSpitz

Img_7130_r Img_7132_r
船の中も快適、ほとんど上にいましたが。自転車を置くスペースもしっかりありました

Img_7137_r Img_7148_r

いよいよデュルンシュタインに到着、上陸です(^^♪

2016年8月14日 (日)

ウィーン→メルクの電車、メルク(ヴァッハウ渓谷4日目-1デュルンシュタインへ)

さて、前の日記で不安のもとになったという出来事。
日本で計画を立てているときに、考えていた行程はこれ。

ウィーン西駅8:20発REX1914→メルク9:20着、メルク修道院見学&ランチ、
メルク午後1:50発のクレムス行きクルーズ船にのりデュルンシュタイン3:10に途中下船

ところが、ホテルに帰ってお風呂なぞ入った後、前日もらっておいたクルーズ船のパンフレットを何気なく見たら・・・コンビチケットのモデル行程がのっていたがなんと、出発がウィーン西駅ではなくウィーン中央駅8:55発→メルク9:57となっていた! 焦りました~

ウィーン中央駅はまだ改装後出来立てほやほやということは知っていたが、最新のウィーン観光局のサイトなどを見て(意外とネットって古い情報が上がってくるのよね)そこにはウィーン西駅発でメルクに行くルートしか載っていなかったので西駅の時刻表しか調べていなかった。

ウィーン中央駅の方がホテルからは近く、出発が西駅より35分も遅い。
もし西駅発の情報が古くて電車がなくなっていたらどうしよう、中央駅の方が朝がゆっくりできるが・・・などといろいろ悩んでしまった。

そこで念のためにもらっていた時刻表が役に立った。
両方の電車があることはある、そして中央駅からだと途中乗り換える必要があることがわかった。
せっかく前日に西駅の下見をしてホームの場所が分かっているし、始発だからほぼ確実に座れるだろうと思い、モデルルートではないけど当初の予定通り西駅発で行くことに決めてから寝た。

朝。早めに起きて朝食、そしてホテルベートーベンをチェックアウト
スーツケース2つをホテルで預かってもらい、1泊分だけの身軽な荷物を持って地下鉄でウィーン西駅へ。

Img_6847_r Img_6853_r
国鉄の出発時刻表でホームを確認 
余裕をもって駅に行ったが、電車はもう駅にとまっていてさっそく乗り込んだ。
Img_6855_r Img_6856_r
ホームより入口が高い。寝台車の通路みたいになっている、この右側に6人座れるコンパートメントが並んでいる

Img_6858_r Img_6867_r
横に3人掛けの椅子が向かい合わせになっていて通路側の透明の扉を閉めると一部屋に。テーブルもこれが2台出せる

Img_6890_r
これでも2等車!6人乗りのコンパートメントを占拠(^◇^;)。扉を閉めると同時に冷房も作動するようになっていてすごく快適(^^♪

電車は8時20分定刻になると音もなく発車。

Img_6879_r Img_6869_r
快適な電車の旅。十字の飛行機雲が見える。日本でも見かける壁のいたずら書き

1時間2分でメルクに到着。
Img_6907_r Img_6908_r
メルク駅

Img_6915_r
修道院が見える方向にのんびりと歩く。
都会のウィーンにいたのでメルクの郊外っぽい雰囲気に和む。
Img_6919_r Img_6922_r
Img_6924_r Img_6926_r
Img_6933_r Img_6934_r
少し行くと広場に出た。お土産屋さんが並ぶ通りの方かなぁと右方向へ曲がってみる。
そして商店街のはずれあたりにメルク修道院に向かうらしき小さな登り道があったので曲がって登っていく。


Img_2906_r Img_6939_r

メルク修道院に到着しました(^^♪

アマーリングバイスル、モーツァルトコンサート(ウィーン3日目-3)

ウィーン西駅からU3ひとつめのZieglergasseでおり、王宮家具博物館に行こうとしたが、地図もリンクから外は詳しくかいておらず、地下鉄をでたところがどのあたりだかよくわからなかった。

Img_6749_r Img_6748_r
地下鉄をでたところはこんな感じ

なのでもう博物館はやめて、とりあえずにぎやかで楽しそうな歩行者天国風通りをショップをみながら歩く。

Img_6752_r Img_6754_r
こんなチョコレート屋さんがあった。いろんな形のチョコ。写真許可とりました♪

途中、トラムが通っていて場所の位置関係もわかり、通りがかりのスーパーで買い物してからトラムに乗りStiftgasseで降りて、そこからすぐ近くにあるレストランへ。

アマーリングバイスル
Img_6791_r Img_6767_r
ここが入口、目立たないからここでいいのか?という感じ。緑が溢れる店内の屋外席

雑誌フィガロでみていきたいと思っていたこのお店、緑たくさんで落ち着いた居心地のいい雰囲気です(^^♪

Img_6786_r Img_6777_r

Img_6778_r Img_6782_r
サラダ、かぼちゃのドレッシング?がおいしかった。しかもここ、割と安い。これだけ食べてビールも飲んで、€29.30。

その後トラムと地下鉄で1度ホテルに戻る。

その日の夜はウィーンフィルの本拠地、楽友協会の黄金のホールで行われる観光客向けのモーツァルトコンサートに行く予定にしていた。

このコンサート、ウィーンの街中のいろんなところでモーツァルトのかつらをかぶったチケット販売人がいるという話はきいていたがそれです(^^ゞ
実際その通りでシュテファン寺院前広場をはじめとしていろんなところで見かけた(^◇^;)。

夏の間は有名なオーケストラやオペラはお休みだし、完璧に観光客向けだけど黄金のホールでやるのでそれが魅力で申し込んでいた。

コンサート自体は音楽に詳しい方には満足できる内容ではないと思うけど、誰しも知っている曲を中心に演奏され、十分楽しめた。
Img_6826_r Img_6836_r
それにしてもひどかったのは観客のマナー。
私達は2階一番前の席だったのだが、後ろの中国人たち、スタッフに何度注意されても演奏中に写真を撮りまくっていたしおしゃべりするし椅子はガタガタ動かすしで本当にひどかった。
まぁそういうグレードのコンサートだったんだろうけど呆れてしまった。

終わったのは10時過ぎ、次の日が早いので、どこにもよらずにホテルに戻る。
3日目やっと終了です(笑)

ウィーンの街角(^^♪

ちょっとブレイクです♪

今回の旅行、ウイーン中心部の移動は結構徒歩がメインになりました。
トラムも地下鉄も縦横網羅されているというほどではなく、近くの停留所や駅に行って降りてから目的地まで歩くよりも始めから全部徒歩の方が早い方が多かったのです。

地図はもっぱら「地球の歩き方」の始めの方の切り取れる「中心部詳細図」を活用。

現地、ホテルでフリーの地図をいただいたんですが、場所が現地表記なので現地ではその場所と照らし合わせるのにはいいものの、どうも外国のフリー地図は距離感と目的の場所の位置がアバウトすぎてわかりにくい。
Img_8753_r
こんな感じ。

Img_6540_r Img_6543_r
トラムの停留所。トラムの行先番号を表示。右側通行なので気を付けて(笑)。そして停留所によっては次に何番のトラムが何分後に来るなどの情報電子掲示板があります。
トラム番号の右のマークは車いすで乗れるかどうかだそう(つまり新型車両)


Img_6614_r
観光の見どころとされる場所や歴史的な建物などにはこの旗が掲げられています
ウィーンの街中では割とよく見かけます(笑)
Img_6763_r Img_6795_r
これは古い形のトラム。これにのったら次の駅の文字表示が車内ではないので降りる停留所を間違えないように確認するのが大変(^◇^;)
タバコを吸っている人をレストランでも外でもよく見かけました、意外。街中にもこんなものが。


Img_6796_r Img_6798_r
アムステルダムほどではないように感じましたが自転車専用道路や駐輪場所もよく見かける

Img_7843_r Img_6271_r
こういう、街の中心に大きな歴史的建造物(これはシュテファン寺院)があってその周りが広場、ここを中心に街があるって素敵(^^♪。メイン通りなどでは時折観光用の馬車を見かけます

Img_7864_r Img_8035_r
こんな風な、小さなアーケード風?!の、道と道をつなぐような歩行者のための小道が多い。ちょっと入ると石畳の路地、これだけでヨーロッパらしい雰囲気。

Img_8355_r Img_8484_r_2
街中は夜も比較的安全なようでした。
観光用のリンクトラム。このトラムはリンクを一周してくれますが(今回乗りませんでしたが)、普通のトラムは乗り換えないと一周はしないそう。


まだ付け足しそうな気もするけど今回はこの辺で(*^^*)

旧カールスプラッツ駅舎、シェーンブルン宮殿(ウィーン3日目-2)

さて、カールス教会の広場を横切った先に昔Sバーンの駅として建設されたオットー・ヴァーグナー・パビリオン・カールスプラッツがあったが月曜は展示室はお休み。

Img_6648_r Img_6653_r
でも外観がメイン(^^♪

そしてすぐ横からカールスプラッツ駅へ。地下鉄U4直通で、シェーンブルン宮殿へ。

Img_6654_r Img_6655_r
地下鉄ホームはこんな感じ

Img_6664_r Img_6658_r
電車の中。優先席もあります

Img_6666_r Img_6668_r
駅を降りてから正門までちょっとだけ歩くが観光客がたくさん。
途中、子供の頃のマリアテレジアをみて思わずパチリ
Img_6671_r
結構混んでいたがシシィチケットを持っていたので並ばず入場。(シシィチケット以外は窓口でチケットを買うと入場時刻が指定されていてその時刻にならないと入場できないらしい。シシィチケットは東側の部屋も含む見学可能な40室すべて見学可能。オーディオガイドつき。)

シェーンブルン宮殿はもともとは14世紀初頭のある修道院の所領だった。その後次々と所有者が変わり、マリア・テレジアが父である皇帝から贈られ所有してから輝かしく発展した。マリアテレジアは夏の離宮としてここをこよなく愛し、娘のマリー・アントワネットも15歳で嫁ぐまでここで育っている。

部屋数は1441室とか。そのうちの2階の皇帝らの豪華絢爛の部屋(たった40室(^^ゞ)を公開している。写真不可。

Img_8747_r Img_8750_r
皇帝フランツヨーゼフの謁見の間、エリザベートのサロン(図録より)

質素なベッドを使用していた皇帝の寝室、シシィの化粧室、皇室家族の食堂などなど、豪華絢爛な部屋をじっくり見学。

宮殿を出た後は宮殿向かって左の小さな庭園に入ってから(入るつもりもなかったのに入ってしまった、有料)高台にあるグロリエッテをめざす。(宮殿向かって右から入れば無料)
Img_6676_r
横から見た宮殿

宮殿正面の庭園を歩き、ネプチューンの泉の先の緩やかな坂を頑張って登る。

Img_6678_r Img_6687_r
丘の上にあるのがマリアテレジアお気に入りだったグロリエッテ
 
Img_6691_r Img_6693_r
こんな坂道を歩いていきます。振り返ると宮殿がすこしずつ遠くなっていく。グロリエッテはもうすぐ・・・雲もあるもののさすがに暑い(^◇^;)・・・

Img_6696_r
グロリエッテ到着。

カフェグロリエッテでケーキとアイスティーで一息。
お客さんの数に対して店員が2,3名と圧倒的に少なく、注文も持ってくるのもチェックもかなりのんびりぎみ。
が、かえってゆっくりできてよかったかも?!

お茶の後はせっかくなのでグロリエッテ展望台にも上った(ウィーンカード割引あり、いくらだったかメモが見当たらず(^◇^;)2ユーロぐらい?!)

Img_6716_r Img_2883_r
遠くまで見わたせて気持ちがよかった。横に長い展望台は、ローマの「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂」の屋上展望台をちょっと思い出してしまった、景色は全く違うが。

さてさて。
なかなか楽しんだシェーンブルン宮殿を後にする。

Img_6734_r Img_6740_r
駅までの道で、子供たちが民族衣装で踊りを披露していた。可愛い(^^♪

シェーンブルン駅からU4でLangenfeldgasseでU6に乗り換えてウィーン西駅へ。

この日の翌朝にオーストリア連邦鉄道(国鉄)でメルクへ行き、そこから船でドナウ川流域のデュルンシュタインという小さな村に行き、そこで一泊するつもりでホテルをブックしていた。
朝早いので、切符などで窓口が混んで時間がかかったりトラブったり乗車に手間取ったりすると嫌なので、事前に切符購入とウィーン西駅の国鉄の出発ホームなどを確認したかった。

地下鉄駅のホームすぐ下のインフォメーションにいくも、それは地下鉄専用で、国鉄のはもうちょっと離れたところにあった・・・いきなりのボケ(^◇^;)

ウィーン西駅は最近改装されて綺麗になったらしい。

Img_6746_r
国鉄の駅のホームはこんな感じ

日本でいうみどりの窓口みたいなインフォメーションで無事翌日のワッハウコンビチケット€53を購入(「ウィーン→メルクは鉄道、含メルクの修道院の入場料、そしてメルクからクレムスへのクルーズ船、クレムス→ウィーンまでは鉄道」の行程のコンビチケット。明日の日付で8月2日から5日まで有効)

この時、一応電車の時刻表や船の運航会社DDSGのパンフを頼んでもらっておいた(結果的にもらってよかった。が、まぁこれがちょっとした不安の引き金ともなったのだけどそれは次回に(^◇^;)・・・)

2016年8月13日 (土)

ナッシュマルクト、カールス教会(ウィーン3日目-1)

ゆっくりと朝食をとってから、すぐ近くにあるナッシュマルクトに行ってみた(日曜・祝日は休み、9時ごろから6時半ごろまでの営業の店が多いとか)。

Img_6588_r Img_6589_r

Img_6590_r Img_6592_r
ココナッツなんかもある。スイカは日本のより長細い、朝食にもあって食べたが甘かった。道幅はこのくらい。こんな通路が隣にもう1本平行している。

Img_6594_r Img_6596_r

Img_6598_r Img_6604_r
子供用のかわいらしい民族衣装。左は焼く前のパン?その上も焼く前のパン?豆腐?チーズ(^◇^;)?!

2本の狭い通路がリンクから外側に伸びるように平行に並んでいて、リンクに近い方はレストランやお土産店が多く、リンクから離れていくと野菜やパンやチーズなどのお店の他に、奥の方はインド系の香辛料を売っているお店が目立つ。
そして一番奥はテントを組み立てた、市場らしいお店が並ぶ。

市場って楽しい。買い物するのも、買わずにみてるだけなのも楽しい♪
買い物して一度荷物をホテルに置きに戻ってから、徒歩で近くのカールス教会へ。(ここはウィーンカード割引率が割と高い方で、8ユーロのところが5ユーロ)
Img_6612_r Img_6613_r
堂々とした佇まい。

ここ観光ポイントとしては地味ながら面白かった♪

現在内部の天井画などが修復中で、足場が組まれていてエレベーターで上へ、そしてそこから簡易階段を上って天井画のすぐ近くまで行くことができるようになっている。

Img_6617_r Img_6639_r
入ってすぐ右側にエレベーターがある

Img_6621_r Img_6624_r
エレベーターを降りたところにある階段。下を見るとかなり高くてちょっと足がすくむが一番上まで行ってみる。

Img_6623_r Img_6622_r
天井画、美しい。それよりも面白かったのは壁。なにやら模様を描いているではないか。しかも、下から見えるとこまで?しか描いていない(^◇^;)・・・

Img_6626_r  Img_6628_r
この辺も大理石模様を描いてるみたいに見えますねぇ。一番てっぺんの丸いところ

Img_6627_r Img_6629_r
一番高いところからみた眺め、ここが頂上(^^♪

下から見ると、いかにも丸い天井の周りも全部大理石みたいに見えるけどだまされてはいけません、大理石ではない石に大理石模様を描いているみたいですよぉ(^^ゞ

教会の天井画などをこんなに近くで見られるなんてなかなかないかも?!
面白い経験でした♪

つづく・・・

2016年8月12日 (金)

美術史博物館、ホテルベートーベンのハウスコンサート、ミュラーバイスル(ウィーン2日目-3)

オペラ座の後は、徒歩で美術史博物館へ。
1881年フランツ・ヨーゼフ1世の命で建てられる。

Img_6446_r Img_6447_r
マリアテレジア像を真ん中に、左右似た建物、美術史博物館と自然史博物館がある。左は自然史博物館。美術史博物館と見た目同じなので美術史の方の全体像は写真割愛(^◇^;)

広い美術館によくあるような、真ん中を部屋が取り囲む形というか、大きな長方形の隅をぐるっと部屋が四方八方繋がっているつくり。
Img_6451_r Img_6467_r
Img_6469_r Img_6476_r
世界でも上位に入る美術館ってどこも規模が半端ない。部屋が多すぎるし有名どころの絵を見るだけでも少なくとも3時間はないとじっくりみるのは難しいなぁ・・・

Img_6461_r Img_6497_r
美術館内の素敵なカフェ(ゲルストナー)で冷たいドリンクを飲む。ドーム型の天井で、教会の中みたい♪  右は上から見たカフェ。

Img_6465_r Img_6474_r
地味な小部屋にいきなりフェルメール、心構えもなかったのでびっくり(笑)「絵画芸術の寓意」。右はラファエロの「草原の聖母」

Img_6477_r  Img_6480_r
これってマグダラのマリアだっけ?!日本でどこかの美術展で見た気がするけど思い出せない(^◇^;)・・・。右は王女マルガリータbyベラスケス

Img_6488_r_2 Img_6489_r_2
バベルの塔、農民の婚礼byブリューゲル

Img_6505_r Img_6522_r
古代ギリシャのコレクションも

きりがない(^^ゞ
日本で開催する**展では大物として取り扱われる作品が無造作?!においてある偉大な美術館(博物館)でした(^◇^;)

さて、トラムと徒歩でホテルに戻り、ホテル2階の”ベートーベンラウンジ”でホテルの目玉、ハウスコンサート!
さすがウィーンらしい(^_-)-☆
Img_8741_r Img_6203_r
コンサートのリストと普段のラウンジ。机やいすが並んでいる場所に椅子がこちら向きに並べられ、ピアノの横(写真で言うと手前のスペース)にチェロの方が座って演奏

ラウンジには3列ほどの席が用意されていて、集まったのは宿泊客(客室は47)で30人ほどだったろうか、ラッキーなことに最前列に座ることができて間近で鑑賞。
チェロとピアノの2人による約1時間のスモールコンサートだったがすばらしいパフォーマンスだった!速い曲もミスもなくすごかったしゆったりとした曲の白鳥もしっとりと心にしみる演奏でした(写真不可)
ブレイクタイムにはシャンパンのサーブも(^^)。
間に合うよう戻ってきてよかった。
そして夕食に出かけるときにお二人にたまたまロビーで出会った!写真を一緒に撮ってもらっちゃった、ラッキー(^^♪

さて、美術館帰りに微妙だった雲行き。夕食でホテルを出ようとするとどしゃ降りの雨に(^◇^;)・・・ちょっと待ったら割とすぐやんできた。

夕食は15分ほど歩いたところにある(意外と遠かった)ウィーン郷土料理屋さんへ。

Img_6548_r
リンク内だがなんとなく落ち着いたこんな街並みを歩いて行く。ただ街を歩くのも雰囲気を肌で感じられるから好き

ミュラーバイスル

Img_6550_r
http://www.muellerbeisl.com/

Img_6554_r Img_6555_r
クルトンたっぷりのポタージュ系のスープと千切りのクレープみたいなものが入ったコンソメ味のスープ。両方なかなかおいしい、私はポタージュ系の方が特によかった

Img_6556_r Img_6557_r
牛肉のローストに炒めた玉ねぎがのっている。これ、玉ねぎも香ばしいし美味でした♪
右はゆでた白アスパラガス。こんなに食べきれるかと思ったらいけた。
これ、両方とも結構大きいお皿なのよぉ~(^^ゞ
しかも肉の方はひとりずつ頼みました。
全部で€69.40(チップ含まず)。
歩いた甲斐もありました、おいしかったです(^-^)

おなか一杯になったのでカフェはやめ(笑)。
夜、夏の間に市庁舎前で開催しているフィルムコンサートに行こうかなぁと思っていたけどまた雨が降り出していたのでやめてホテルに戻る。

盛りだくさんの1日でした(^^♪

2016年8月11日 (木)

セセッシオン、オペラ座見学ガイドツアー(ウィーン2日目-2)

王宮を出た後は王宮近くのランチならぬカフェ、デーメルへ。
Img_6344_r Img_6352_r
席を確保してからオーダーと言われ、そこそこ混んでいたが無事に2階に居心地よさそうなソファーの座席を確保♪そのあとケーキを選び、書いてもらったオーダーメモを店員に渡し、同時にドリンクもオーダー。 いる間にだいぶ空いてきた。

フルーツケーキがおいしかった。二人で3つも食べて、案の定おなかいっぱいでランチはいらない状態に(^◇^;)

時刻は1時過ぎごろ。
前日買った交通機関の48時間フリーパスをまだ使っていなかった。
天気もよすぎて暑いしお土産もちょこちょこ買っていたので、一度荷物を置きにホテルに戻ることにする。

地図をみて、近くにトラムが走っていてその停留所があるはずの道に行ってみるもそれらしき路面電車の線路が見当たらず。
おかしいなぁと思いつつ、しかたないのでもうちょっと先の地下鉄Herrengassse駅からU3でシュテファンスプラッツに、そこでU1に乗り換えてカールスプラッツに戻る。(あとで気が付いたが、トラムではなくバスだった。道理で線路などないはずでした(^◇^;)・・・)

ついでにカールスプラッツ駅からホテルの途中にある、ウィーンの芸術家グループ「分離派」のアールヌーボーの至宝セセッシオンによってみる。(芸術についてはよく知らないのですが(^^;)

Img_6364_r Img_6367_r
なんだか現代美術のよくわからない作品が展示されていた(^◇^;)・・・

Img_6377_r Img_6369_r_2
奥の部屋の壁にはクリムトの絵がある。右はセセッシオンの外観の模型

Img_6211_r Img_6384_r
てっぺんに「金色のキャベツ」と呼ばれる黄金のドーム。扉の上の3人の女性、よく見ると髪の毛が蛇・・・メデューサか?!

細かいところをよく見ると、建物横に変な植物が描かれていたりと、摩訶不思議な感じの装飾の面白い建物だった。

さて、ホテルに荷物を置き、ちょっと休んでから次はどうしようかなぁと出発前に書いた覚書を見ると、オペラ座では3時から日本語見学ガイドツアーをやっているかもしれないことに気が付く。
時間は不定期で変更もあるそうだが、もしやっているとしたら時間もちょうどいいころなので徒歩でもさほど遠くない国立オペラ座に行ってみる。

するとちゃんと3時からスタートだった(^^♪(その日は1日2回、1時からと3時からだった)参加しちゃうことに。(チケットはその場で窓口購入)

日本語がペラペラのガイドさんがオペラ座の観客席、待合、舞台裏などを案内してくれる。
Img_6387_r Img_6392_r
ロビーで「言語」ごとに時間になるのをまつ。右は日本語ガイドの**さん(名前忘れた(^◇^;))

Img_6398_r Img_6403_r
Img_6406_r
幕間にくつろぐ部屋も昔の造りの部屋と、戦争で燃えてしまったあとに再建された予算の関係?!で現代風になった部屋とがある。
下は誰だったか、有名な作曲家が(^◇^;)遠征のときに持ち歩けるようにと使っていた、折りたためるようになってるピアノでちょっと小ぶり。


Img_6415_r Img_6418_r
左の部屋は皇族休憩室。現在€500払えば使わせてもらえるそう。右は正面の上の席からみたオペラ座会場

Img_6430_r Img_6435_r
左は舞台裏。つまり、舞台の後ろだが、思ったより広くてびっくり。舞台装置のセッティングが大変で、大量に裏方さんが働いているとか。そしてこの下には奈落がある。
右は舞台のすぐそばからみた観客席


解説をメモしなかったのでうろ覚えだらけ(^◇^;)・・・
普段入れない舞台装置を設置する広い空間も観ることができ、なかなか興味深い内容だった。
このツアーは必見かも。

王宮(銀器コレクション、シシィ博物館、王宮宝物館、国立図書館プルンクザール)ウィーン2日目-1

朝早く目が覚めてしまったけど主要観光地は10時から、早くても9時からというところが多いので、急がずゆっくりと朝食をとる。

Img_6178_r Img_6180_r
Img_6184_r Img_6195_r

Img_6197_r Img_6194_r
朝食、種類も豊富でおいしい、朝から1時間弱かけてゆっくり。控えめにとりましたf(^_^)

8時半前にホテルを出てまずは9時からの王宮へ徒歩で。

事前にネットでシシィチケット(王宮、シェーンブルン宮殿、王宮家具博物館に入場可能、有効期限は購入後1年)を購入していた。
シシィチケット購入サイト
https://www.imperial-austria.at/?___store=english

このチケット、シェーンブルン宮殿に行くつもりなら購入した方がちょっとだけ割安。
それにこのチケットを持っているとここもシェーンブルン宮殿も並ばずに入場できる。これだけでも価値ありだと思う。

まずは王宮内の銀器コレクションへ。

Img_6230_r Img_6232_r
Img_6238_r Img_6243_r

Img_6251_r_2 Img_6263_r
膨大な数のコレクション。絵が素敵で食器にするにはもったいない感じ。
日本の有田焼などもあった。食器ってみてると面白い(^^♪


そして続いてシシィ博物館と皇帝の部屋へ(写真不可)。

Img_6268_r

Img_8745_r Img_8746_r
シシィの化粧&体操室、右は大サロン(画像は両方とも図録より)

シシィこと皇妃エリザベートはオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に一目ぼれされて結婚。
並外れた美貌で、身長172㎝にウエスト50センチ、体重50キロだったという(しかも髪の重さが5キロだったとか)。展示されたドレスを見てもそのウエストの細さに唖然(^◇^;)。

結婚後すぐシシィは姑マリア・テレジアらに常に見張られている状態にノイローゼ気味になってしまう。(テレジアがボヘミアびいき、シシィがハンガリーびいきだったことも一要因)

そんなシシィはプロポーションを維持するためにダイエットに励み運動を欠かさなかった。
彼女の王宮の部屋にはぶら下がり健康器具のような棒や吊り輪が残されていて、きらびやかな部屋におよそ似つかわしくないと感じてしまった。
晩年シシィは60才で、ただ王族の有名人を殺したかっただけだった男に旅行先で暗殺される。

さて、せっかくなので隣の王宮宝物館にも行ってみる。
Img_6278_r Img_6282_r
Img_6286_r Img_6291_r
う~ん、ゴージャス(^^♪こんなのを身に着けた王族や、こんなベビーベッドにお休みになったりベビー服をおめしになったやんごとなき王族のお子ちゃまがいたのねぇ(笑)・・・

そして隣の国立図書館プルンクザールへ。

Img_6314_r Img_6315_r

Img_6325_r Img_6330_r
Img_6337_r Img_6216_r
世界一美しい図書館と言われている。実際、天井画が美しい教会に図書があるみたいなイメージ(笑)。
蔵書、背表紙が似てるけど、探すの大変そうだし高いところの本を取ろうとして落ちた人いるのでは?とか考えてしまった(^^ゞ
地球儀があると図書館っぽい感じがしますよね(*^^*)


650年も続いたハプスブルグ家の栄華をきわめた様を堪能いたしました(^^♪

つづく・・・

2016年8月 9日 (火)

空港から「ホテル ベートーベン」へ(ウィーン1日目)

7月30日 オーストリア航空 成田1:45pm発→ウィーン5:50pm着
時差はサマータイムで-7時間。(日本からの直行便は9月でなくなるらしい)

Img_6097_r_2 Img_6102_r_2
機内食はまぁまぁ。機内では「海街ダイアリー」など、2本映画をみる。

Img_6106_r Img_6107_r
到着後、空港インフォメーションにてビエナカード(Vカード)48時間券CAT(シティエアポートトレイン)を購入。(CATはVカード割引で-€1)
ビエナカードとフリーパスについて

Img_6111_r Img_6112_r

Img_6116_r
CATでウィーンミッテ駅へ。

そこから市内地下鉄の切符を購入し、宿泊ホテルに近いカールスプラッツ駅へ。(48時間の市内フリーパスは次の日から使うつもりにしていたので。しかし!この市内地下鉄の切符、CATのチケットに含まれていたことがあとでわかりました、買う必要なかった(^◇^;))。

Img_6125_r Img_6127_r
地下鉄に犬を連れて乗り込む人をよく見かけた。そういえばラッシュ時をのぞけば自転車もOKとか。街中でも駐輪場所をよくみかけた。自転車専用レーンも(^^♪

オーストリアの鉄道は入る時も出るときもいちいち改札で切符をチェックしない。
フリーパスは使い始めに日時を刻印、その時刻から有効になる。
検札があったときに有効なチケットを提示できないとかなりの罰金を取られる。
が、どうも検札って本当に稀みたいだ。あらかじめ告知するみたいな情報もどこかでみた覚えがある。でもいくらでもないし、ちゃんとチケットを持ってる方が安心♪

Img_8161_r
しいて言うならこの枠が改札のようなもので、このブルーのボックスに切符を通すと刻印される

ウィーン中心部はリンクという環状道路に囲まれていて、そのリンク内側のほぼ中心にシュテファン寺院があり、見どころもリンク内側や周辺に集中している。
ざっと直径1.5キロぐらいなので歩いてあちこち行くのも可能ではある。

Img_6129_r
地下鉄の出口って地図のどこに出るのかがすぐわからないので困る。一番近くの出口からでてみたらカールス広場で、ホテルからはちと遠い場所だった(^^;

Img_6130_r Img_6132_r
再び地下道に入り、ホテル近くの出口の目印セセッション方向へ。
地下道のホームが楽しい。
円周率が壁に表示されていたり足元は作曲家の名前があったり。


ホテルはトラベルアドバイザーのランキング、宿泊費、ロケーションなどの兼ね合いで検討。
このホテルは日曜にホームコンサートを催してくれるのも決め手となった(*^^*)

ホテルベートーベン
Img_6135_r Img_6142_r
http://www.hotel-beethoven.at/home.php?lang=en&r=4470026&gclid=Cj0KEQjw2ua8BRDeusOkl5qth4QBEiQA8BpQcMYhjPqxtrVneszMfFCG7wy_YLm7C4MKf34AhSbyBSsaAjEi8P8HAQ

https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g190454-d227179-Reviews-Hotel_Beethoven_Wien-Vienna.html

名前がいいでしょう~いかにもウィーンっぽくて(*^^*)
いろんな路線と交わっている便利なカールスプラッツの近く。美術史博物館やオペラ座、王宮も徒歩圏内だし、すぐ近くにナッシュマルクトという市場やスーパーもあってとても便利な立地でよかった。
部屋も広めだしホテルのスタッフも感じがよく、朝食も品数豊富、おいしかった。
大正解のホテルでした、お勧めです(^^♪

チェックインし、観光するにはもう遅いので、さっそくホテルから近いカフェシュペールへ。
時差でそんなに食べられないと思ってカフェに直行しちゃったけど、やっぱりケーキだけじゃ物足りなかったので、ガイドブックではもう閉まっているかもしれないナッシュマルクトに行ってみたらレストラン街があり、まだまだ開いていた(^^♪
Img_6164_r

Img_6166_r Img_6168_r
さっそくビールと、ウィーン名物シュニッツェル。1枚は大きいが2つに分けてくれた

ウィーンは、フィンランドやロンドンと違って8時ごろではまだなんとか明るいけど9時ではもう暗い。
10時前頃ホテルにもどって1日目終了です~

ウィーンカード(ヴィエナカード)とフリーパスの比較(2016年現在)

旅行者に便利なウィーンカードとフリーパス。

・ウィーンカード

https://www.wien.info/ja/travel-info/vienna-card

Img_8723_r
ウィーンカード。写真の上が、表のウィーンカード、下がウィーンカードの裏で「交通機関のフリーパスになっている。駅のインフォメーション窓口等で買えます。自販機では買えません。

48時間(€21.90)または72時間(€24.90)、ウィーン市内交通機関(地下鉄Uバーン、バス、路面電車、エリア内Sバーン)が乗り放題+主要博物館の割引などの特典付きのカード。
特典の方は自分でスタートの日を決めて書き込む(日単位)。
ですから例えば48時間ウィーンカードの場合、8月1日の夕方からの観光で1と書き込んでしまうと、それでもう1日分カウントされてしまい、有効期限は次の日の2日まで。

交通の方はスタート時に刻印し、その時間からカウント。例えば48時間だと8月1日の午後5時に刻印したら、8月3日の午後5時まで使えることになります。

・フリーパス

http://www.wienerlinien.at/eportal3/ep/tab.do?tabId=0  (ラインのHP)

Img_8724_r
フリーパス。Uバーンなど、普通の駅の自販機で買えます。

ウィーン市内交通機関(地下鉄Uバーン、バス、路面電車、エリア内Sバーン)乗り放題のパス。 
24時間€7.60、48時間€13.3、72時間€16.5。
同じくスタート時に刻印し、その時間からカウント。これは上の交通の方と同じですね。

   ******

48時間と72時間は両方ありますが、その差額が48時間が€8.6、72時間が€8.4。
あまり大きくないので特典付きのウィーンカードをと思ってしまいがちですが、ウィーンカードの割引率は割と低いです。
割引についてのクーポン帳はこちら(これは参考資料、ダウンロードしたものは使用不可)
https://www.wien.info/media/files-b2b/wien-karten-kuponheft-2016-17.pdf

たとえばある美術館で€1などの割引、あるショップでの買い物で10%の割引、「リンクトラム」(観光用の黄色い路面電車)の割引などがあります。
が、該当する美術館博物館は全部ではありませんし、あっても割引は€1,€2程度が多いです。
買い物もごく一部のショップ(カード支払いより現金の方が割引率が高い場合が多い)ですし、レストランやカフェもラントマンやカフェモーツアルトなどのごく一部が€1割引がある程度です。

どちらを使うかは、自分がどこに行く予定かを考え、ウィーンカードでどのくらい割引になるかを計算して決める方がベターです。
案外元をとるほど観光するのは大変かも。ただお目当てのショップで買い物をすると思う場合は現金払い10%割引は大きいかもしれません(^^ゞ

交通機関ですが、これも意外と使わずに歩いていく方が早かったりします。
でも、いちいち切符を買うよりは面倒が少ないので何らかの乗り放題パスは持っておくと便利ですよね。

当然ながらフリーパスとウィーンカードは交通機関乗り放題チケットがダブるので、観光に合わせてどちらかをご購入くださいね(^^♪
(もちろん交通機関乗り放題スタート時間を重ならないようにずらせばダブりません。
ウィーンカードの表の「優待カード」側と裏の「フリーパス」側の有効期限はそれぞれ別と思ってください)

2016年8月 8日 (月)

ウィーンのカフェ(^^♪

先月30日から6泊8日で娘と二人、オーストリアはウィーンに行ってきました。
今回はちと趣向を変えて旅行記の前にカフェの話から(^^♪

ウィーンと言えば頭に浮かぶのが音楽の都♪、ハプスブルグ家
そしてカフェハウス文化は無形文化遺産に登録されているとか!
初めてウィーンにカフェが誕生したのは1685年とのことですが、さほど広くないのにウィーンには伝統的なカフェだけでも140、全体では750ものカフェがあります。

そしてハプスブルグ家とつながりの深いスイーツ。
皇妃エリザベートがケーキを届けさせたという、名店デーメルなど、おいしそうなケーキのショーケースがある元ケーキ店のカフェも多い(カフェ・コンディトライ)。

旅行前に行ってみたいと思ったカフェはなんと15店舗以上、、、でも短い滞在だったし、その店に通りかかった時ケーキを食べたい気分ではなかったり、時間がなかったりで、実際入ったのはやっぱりほんの一部でした(^^ゞ

シュペール
Img_6151_r Img_6153_r
到着したのは夕方、チェックインしてから行ったホテル近くのカフェシュペール。いきなり雰囲気たっぷり♪19世紀の建築様式で、ビリヤード台も。ソファの柄など、インテリアは1880年当時のまま。

Img_6157_r
定番中の定番、メランジュを(モカ+泡立てたホットミルク、€3.90)。コーヒー感がバッチリありつつ適度に甘みもありおいしい。ブラックカフェが好きな人にはちと甘いかな?!水と共にトレーにのってサーブされる

Img_6155_r Img_6156_r
もう今あるのはこれだけといわれた4つの中から選んだチーズケーキとチョコレートケーキ、各€3.30。チーズケーキはさほど濃厚ではなくあっさりめ、チョコレートケーキはちょっと甘味が強めかな

デーメル

Img_6363_r Img_6352_r
Img_6344_r

Img_6350_r Img_6347_r

Img_6345_r Img_6346_r
メランジュ€5、アンナトルテ(チョコ)、フルーツケーキ€4.70、バニラクリームユニッテ€4  アンナトルテ、甘いです(^◇^;)。フルーツケーキがおいしかった。この3つを二人で食べたら満腹でお昼が食べられなくなった(^◇^;)

Img_6360_r Img_6361_r
デーメルのショップ

Img_8710_r
シシィ(エリザベート)の好物だったすみれの砂糖漬け。ちょっとお高かったけど話の種に買ってみました、€19.5ぐらいだったか?!
Img_8620_r
デーメルは空港にお店が入っていました。待ち時間にミニケーキを。
やはり私にはひたすら甘いなぁ(^◇^;)


カフェ グロリエッテ
マリア・テレジア一家の夏の離宮、シェーンブルン宮殿敷地内の高台にあるグロリエッテ内のカフェ。

Img_2868_r Img_6706_r

Img_6707_r

Img_6703_r Img_6705_r
つい定番っぽいシシィトルテとシシィーGugelhupf(よくわからん(^◇^;))を頼むがこれもやっぱり甘い・・・
この時は暑いので屋外席でアイスティー。室内はガラガラ。


ティロラーホフ

Img_8242_r Img_8228_r
知名度は低めみたいだけど、雰囲気抜群。 店内に新聞が置いてあり、常連さんが読んだりしている。時折窓横を馬車が通る。

Img_8230_r Img_8231_r
Img_8232_r Img_8233_r
Img_8234_r
甘くないクリームがのったチョコのケーキはしっとりと、ナイフを入れると肉汁ならぬチョコが少し流れ出す感じ。なかなか美味でした(^^♪ レシートはチェック時に手書きで

オーバーラー
Img_8547_r
人気のカフェ。雰囲気は新しめ。
ウィーンではレストランもカフェもオーダーしてもなかなか来なかったり、会計も座席でするんだけどなかなか店員がこっちをみてくれなかったりして、せっかち?!な日本人の私たちには時間がかかるように思う。
が、ここは注文も会計も早いしきびきびしててそういったストレスはなかった。

Img_8544_r 
Img_8545_r Img_8543_r
食べるケーキの種類にもよると思うが、ここで食べたケーキ、甘すぎずとてもおいしかった、リピしたい(^^♪ メランジュ€3.8、ケーキ各€4.10
Img_8703_r
お土産にマカロンを。10個で€11

そして行きたかったカフェ、通りがかりの名の知れたカフェなどなど・・・

Img_7890_r Img_8226_r
ホテルに一番近かったディグラスと、ティロラーホフ真向いにあるラントマン系のカフェの
カフェモーツァルト
Img_8542_r Img_8559_r_2
左はゲルストナー、王室御用達。ここにもシシィのすみれの砂糖菓子がある。
右はツェントラル。宮殿の一部を利用したカフェで、多くの文豪が常連だった伝統的なカフェ。


Img_8108_r  Img_8256_r
アイーダハイナー。後者は特に伝統的な甘いケーキらしい。

Img_8362_r_2 Img_6461_r
左はウィーンいち小さいカフェ、クライネスカフェ夜はバーみたいな感じでカフェというよりお酒中心だった。右は美術史博物館内のカフェ(ゲルストナー系?!)、入ったものの暑かったのでジュースだけ飲んで退散(^◇^;)・・・

Img_8088_r_2 Img_8357_r_2
フラウエンフーバーこちらもコンサートの帰りに遅くまで開いてるからというので行ってみたがクローズと言われた・・・店内写真、どんどん撮ってOKと言ってくれたが(^^ゞ

最後に。

言わずと知れた有名なザッハー
Img_8224_r

Img_8705_r Img_8707_r

定番ザッハトルテだけど、滞在中もう甘いチョコレートケーキはいいかなと。
でもせっかくなのでお土産に小さめのホールケーキを購入。2週間日持ちするとか。
店内のとはちょっと成分が違うらしいけどまぁいいか(写真はビニールかかってます)(^^♪


やっぱり滞在が短いし少食なもので(^^ゞ、残念ながらいろんなケーキをトライできずでした。
もっといろんなケーキ、おいしそうな甘くないケーキをトライしたかったけど、どうしても定番中心になっちゃって(^◇^;)

でも、いかにも伝統的な古い建物や内装などの雰囲気を肌で感じることができておもしろい経験でした♪

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!