2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« カフェ ラントマン 青山店 | トップページ | わらべ館(鳥取1日目-2) »

2016年10月19日 (水)

海鮮村上水産(食事処)、鳥取城跡、仁風閣(鳥取1日目-1)

鳥取へ行ってきました(^-^)v
飛行機は1時間15分ほど、あっという間に到着。

Img_0149_r Img_0150_r_2
鳥取砂丘コナン空港といういささかしつこいネイミング。バスにもコナンと砂丘が(^^;

空港から鳥取市内への連絡バスは30分弱でJR鳥取駅に到着。

さっそくランチは検索で評判のよさそうな店へ 。
海鮮問屋村上水産鮮魚部
http://murakami-suisan.hp.gogo.jp/pc/

Img_0151_r 
Img_0152_r Img_0159_r
お店には大漁旗やレトロなポスターも(^^♪

Img_0165_r Img_0160_r
特上海鮮丼1620円也。ご飯もちょうどいい酢加減、うまい!
ビールのつまみにカキフライを。でも海鮮丼の刺身も立派なつまみなのでしたf(^_^)


食後、すぐ近くにあった市場へ。
Img_0167_r Img_0168_r
Img_0169_r Img_0170_r
安くて新鮮な魚が並ぶ。が、残念ながら持ち帰れないので買えない(^-^;
あんこうが丸ごと売ってたりする。こんなのうちでさばけるのかしらん・・・


鳥取駅からは、普通の路線バスの他に3種類の100円巡回バス「くるり」、そして土日祝日はループ麒麟獅子バスがある。(後者2つは一方方向のみで循環している)

その100円巡回バス「くるり」の緑コースに乗り10分弱、鳥取城跡へ。

鳥取城といえば、秀吉の兵糧攻めで有名だ。そして関が原合戦後の江戸時代には池田氏の32万石の居城だった。
(池田氏は徳川家一門に準じて厚遇され、外様大名の居城としては唯一葵紋の瓦を許されている)
城が撤去されたのち、跡の敷地一部には仁風閣が建てられ、大正以降は仁風閣を含む城の敷地全体が久松(きゅうしょう)公園となる。
仁風閣(じんぷうかく)は赤坂離宮などの宮廷建築設計の第一人者片山博士の手による明治洋風建築で、大正天皇の山陰地方での宿舎として使用された。命名は東郷平八郎。

Img_0186_r Img_0193_r



Img_0200_r Img_0207_r
とってもおしゃれ、らせん階段もあったりする。洋館は天井が高いのでとてもゆったりした気分になる。寝室が狭いのにはちょっとびっくり。

仁風閣を出る。と~ってもいい天気。お城跡もちょっとだけ登ってみるが、暑いし疲れるので途中まで(^◇^;)・・・
Img_0190_r Img_0222_r

Img_0226_r Img_0227_r
石垣は立派。仁風閣を見下ろす。

仁風閣のすぐ横には鳥取県立博物館もありせっかくだから行ってみる。
Img_0234_r Img_0245_r_2
Img_0239_r Img_0245_r
常設展は化石やら海の生物の展示やら(^o^;・・・

特別展でピカソを中心としたキュビズム展もみたが・・・見ながら途中から、せっかく鳥取に来たのに東京の美術館的な展示をなんでわざわざここで?という考えが頭に浮かんできて早々にでる(;^_^A

ここでしかみられないもの、いけないところに行かなきゃ(^◇^;)・・・

« カフェ ラントマン 青山店 | トップページ | わらべ館(鳥取1日目-2) »

2016.10 鳥取(鳥取、三朝温泉、倉吉)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/64370262

この記事へのトラックバック一覧です: 海鮮村上水産(食事処)、鳥取城跡、仁風閣(鳥取1日目-1):

« カフェ ラントマン 青山店 | トップページ | わらべ館(鳥取1日目-2) »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!