2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

« 三朝温泉街歩き(^^♪(8) | トップページ | 鳥取お土産編(^^♪ »

2016年10月24日 (月)

倉吉の赤瓦・白壁土蔵群(鳥取最終日)(9)

今回の地震で大きな被害を受けてしまった倉吉の白壁土蔵群
お世話になった方々、被害はどの程度だったんだろうか。
Img_3631_rKurayoshi
行ったばかりのところが無残に壊れている画像はショッキングです
右の画像はネットから。

旅行記を続けます~~

前日2回、この日も朝食前と朝食後で2回、宿の温泉でゆったりくつろぎました。

Img_0990_r
朝食もしっかりいただく。

帰りのバスはすぐ近くの「観光商工センター」から。
チェックアウト後周辺や川向うをちょっと見物。

Img_1031_r Img_1016_r
三朝神社。川沿いの柿の木、コケがすごい。

三朝温泉を後にし、バスで約20分、赤瓦・白壁土蔵へ。

Img_1045_r
鳥取の川近くはこの黄色い花(ルピナス??)がよく咲いていて綺麗。
ススキも混じっていていい感じ。


運転手さんは、帰りの倉吉駅方面に行くバス停の位置は別だと、親切にそのバス停の位置を教えてくれた。

倉吉白壁土蔵群
城下町・陣屋町として発展してきた、江戸から明治にかけて建てられた古い土蔵群や商家の街並みが残っている。「漆喰の白壁に焼き杉の黒い腰板、屋根は赤い石州瓦」が特徴。
http://www.tottori-guide.jp/tourism/tour/view/159
http://www.apionet.or.jp/kankou/

とりあえず荷物を預けに「倉吉白壁土蔵群観光案内所」へ。

観光案内所の方が、30分ほどでざっと観光案内に連れて行ってくださるというので時間もたっぷりあるしお願いする。

Img_1058_r Img_1098_r
Img_1064_r Img_1316_r
詳しくて興味深い話を聞いたり撮影スポットを教えてもらったりしながらいくつかの見どころを歩く。鳥取の仏師のうち3人が倉吉に在住だとか。その仏師が彫った像。

その後、珈琲で一休みしたあと、まずは観光案内所近くの琴桜記念館へ。

Img_1134_r Img_1140_r
部屋から張り出してる琴桜さん。あまり似てない(^^;

Img_1152_r Img_1147_r
この行司さん、なかなか凛々しい?!

Img_1155_r Img_1160_r
ここは琴桜の生家ではないのですが雰囲気あってよかったです。

Img_1167_r Img_1171_r
西洋アンティークのお店や郷土玩具はこた人形のお店によったり。

角の白壁倶楽部(有形文化財)にて洋食のランチ。

Img_1117_r Img_1186_r
1908年に建てられた元銀行だそうです。

Img_1187_r Img_1184_r
銀行のカウンターの面影を残す。テーブルの可愛いつぼみ

Img_1178_r Img_1179_r
Img_1181_r Img_1182_r


そして角を北方向に曲がった先にある、さきほど案内の方が勧めていらしたたい焼きやさんでたい焼きを買っちゃう(^◇^;)。

米澤たいやき
Img_1200_r Img_1201_r
Img_1205_r
昔ながらの白いたいやき、100円。金型でひとつひとつ丁寧に焼いている。
これ、めちゃおいしい!お勧めです!外側はぱりとしていてあつあつの餡もおいしい!
お代わりも購入、玉川沿いを歩きながらほおばる。
おなかいっぱいだったはずなのに(^◇^;)・・・

Img_1110_r Img_1106_r
Img_3633_r Img_3621_r
Img_1119_r Img_1101_r
杉を焼いて作った壁がよくみえる。右は寅さんの映画のロケで使われたところ。

Img_1073_r Img_1311_r
結納用品という言葉がなんとも古風(^^♪。右はお醤油醸造店

Img_1281_r Img_1280_r
ボーシってf(^_^)・・・まんまですよね(^^♪

赤瓦1号館をはじめとする商店や手作り工房、酒屋さんをのぞきながら街の西の端の方の倉吉淀屋にも行ってみる。

Img_1252_r Img_1257_r
そこの方が大阪の豪商「淀屋」との密接な関係などを詳しく説明してくれる。

大阪「淀屋」が今だと国家予算並みのものすごい富を築いていて、その額に改めてびっくり。
その豪勢ぶりに結局は幕府に潰されるが(武士の淀屋への借金を帳消しにするためともいわれる)、その前に元番頭が倉吉に逃れ、ひそかに「淀屋」を再興するべく動いていた話はなかなか面白かった。
再興した「淀屋」はその富を討幕資金援助に寄付したそうだ。結局幕府への恨みを晴らしたのではないかと・・・

Img_1320_r Img_1331_r
お別れは白壁土蔵群に建つ琴桜像
バスで倉吉駅へ、そして空港へ。

Img_1355_r Img_1360_r
左は倉吉から空港までの海沿い、バス中より。
強く明るい光はイカ釣り漁船かなぁと。空港は砂丘よりもコナンだらけ(笑)

鳥取空港は米子鬼太郎空港よりさらに小さく飲食店も1軒だけ。

倉吉の白壁土蔵群。落ち着いた佇まいがとても素敵なところでした。
地震の被害がかなりでているようで被害が最小限にすむこと、そして復旧を願うばかりです。

« 三朝温泉街歩き(^^♪(8) | トップページ | 鳥取お土産編(^^♪ »

2016.10 鳥取(鳥取、三朝温泉、倉吉)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉吉の赤瓦・白壁土蔵群(鳥取最終日)(9):

« 三朝温泉街歩き(^^♪(8) | トップページ | 鳥取お土産編(^^♪ »