2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

海外現地オプショナルツアーならここがお勧め!私も何度か利用しました!

無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月14日 (火)

なにわ大阪くいだおれうまいもんまつりat 京王百貨店

なにわ大阪くいだおれうまいもんまつりat 京王百貨店
http://info.keionet.com/shinjuku/event/naniwa.html
http://info.keionet.com/shinjuku/ebook/pdf/shi_170309.pdf#view=FitH

これ、明日の4時までなのでただの感想レポになります(^^;
新宿に行ったのでお昼過ぎ頃に寄ってみました。

さほど混んではおらず、蓬莱の551(豚まん)のお店は列を作っていましたがその他の売り場は特に並んでいないようでした。
イートインの串カツやお好み焼きなどもスペースは余裕。

ざっと見て回りましたが、知っているお店があまりない。
デパートのご当地イベントって同じお店が出店していることが多いですね。
スイーツも、前回どこかのなにわ市でも来ていたなぁというところも。

たこ焼きは会津屋(たこ焼き発祥のお店と紹介されていましたがほんと?)、串カツはくしよし、お好み焼きは味乃家、うどんは道頓堀今井が出店。
会津屋は有名で私も大阪で食べたことがあり、確か前回のなにわ市のときも出店していましたね。
でも「くしよし」や「味乃家」ってよく知りません。私が知らないだけだとは思いますが(^^;
実際、出店しているお店は大阪ではどの程度知られたお店なんでしょうか?

出店には及び腰の有名店とかも多いでしょうし、なかなか出張出店するお店の新規開拓は難しいんでしょうね。

Img_3796_r Img_3797_r
今回買ったのは浪芳庵のわらび餅と玉出木村屋のふわふわパン、そして圭佑屋のまぐろ揚げでした。帽子とメガネとマスクをしてたので顔がよくわからなかったのかお姉さんと呼び止めてくれた、それで買ったわけじゃないけど(^◇^;)

やっぱりおいしいものは大阪に食べに行きたいですねf(^_^)

2017年3月11日 (土)

コロニアルガーデン at 吉祥寺

もうおつきあい15年以上になる長年のフラ友達4人で行ってきました♪

今もフラを続けているのは二人。
私自身は数年前にやめてからすっかりフラはご無沙汰していましたが、つい先日、久しぶりにフィットネスクラブの中のお手軽フラにちょっとだけ参加したりもしました。
一時期結構はまっていたので懐かしい。

フラハラウ(スクール)は3か所通ったことがあるのですが、それぞれで今でもおつきあいできる友達がいることは私自身の財産でもあります(^^♪

というわけで。昨日久しぶりにランチでおしゃべり。

コロニアルガーデン
http://www.opefac.com/colonial/

Img_3738_r

吉祥寺のコピス3階の空中庭園内にあります。コピスという商業施設自体はA館7階、B館8階+屋上なのですが、3階には広々とした中庭があり(ママキッズテラス)そこに併設されている一軒家風のレストランがここ。
ママキッズテラスというだけあって、ターゲットは子ども連れのママたちかな?!
実際小学校以下のお子さんを連れたママグループが多く、来店客の年齢層はかなり若いです(^◇^;)。

お昼時は結構な賑わい、満員でちょっと待ちました。

ランチタイムはランチの1品注文+数々のパンは食べ放題、ソフトドリンクも飲み放題。

Img_3739_r Img_3740_r
食べ放題のパン。サンドイッチやピザ風、ブラウニー風など多種類。

Img_3741_r Img_3742_r
豆腐と根菜の入ったハンバーグを注文(^^♪

パンはパンそのものがおいしいというよりも、サンドイッチ、ピザトーストパンなどのおかずパン、そしてジャムやクリームのかかった甘いデザート風パンという品ぞろえ。
ハンバーグは柔らかい。豆腐が入っているとは言われないと気が付かないかも。

コスパはいいと思います。お店の雰囲気も店内は明るくリゾート感もあり、外も暖かい日は気持ちがいい。(日焼けを避けながら(笑))

さて、ここを出てからお茶をしようと、前に2度ほど行った「茶の愉」に行ってみたらなんと昨年いっぱいで閉店していました。
いいお店だっただけに残念。
で、定番?!ともいえる老舗カフェの多奈加亭でお茶して帰りました。
買い物等で2週間に1度ぐらいは行く吉祥寺ですが、飲食店も含めてお店の入れ替わりが結構あるなぁと改めて思ったのでした。

2017年3月 2日 (木)

箱根1泊旅行2日目♪(大涌谷、箱根神社、はつ花そば)

さわやかな朝、天気も上々。朝食前に露天風呂でゆったり(^^♪。
前日もこの日も、浴場はさほど混んでいなかったのでよかった。
露天風呂は開けた展望ではないものの、湯舟からも山の木々がちらっとのぞいていて気持ちよかった。(大浴場の方は時間帯で男女入れ替え)

朝食のバイキング。8人で座れる席がキープされていなかったのでちょっとバタバタ。
8人掛けられる長テーブルにただ一人悠々と座っているおじさんがいて、もうほぼ食べ終わっていると思われるのに鈍感なのかなかなか察してくれず。
結果的にその人が退散するまで待ってしまって時間の無駄をしてしまった。
バイキングは和食・洋食あり、特に焼き立てのクロワッサンがいい匂いをさせていておいしかった(^^♪

さて、その日のミッションは2つ、「大涌谷で黒卵を食べること」「箱根神社にお参りすること」
大涌谷の黒卵は1つ食べると7年長生きするとか。
また、メンバーのうちの一人が九頭龍神社で運気がアップするという情報をゲット、その新宮がある箱根神社に行こうということに。

普通、大涌谷に行くにはまず昨日の登山電車で強羅、そこからケーブルカーで早雲山、ロープウェイで大涌谷というルートが考えられるけど、今現在早雲山~大涌谷のロープウェイは4月14日まで設備改良工事のため運休中(代行バスあり)。
結局路線バス1本で桃源台に行って逆方向から大涌谷に向かおうということになった。

オレンジシャトルバスで箱根湯本に出て、箱根湯本から路線バスで芦ノ湖湖畔に近い桃源台へ向かう。

Img_3462_r
バスからの眺め

桃源台からロープウェイで大涌谷へ。これが結構長い。
8人が向かい合いで座れなかったところ、私たちのパワーにプレッシャーを感じたのか、カップルが後ろの席と替わってくれる。
どーもすいません、ありがとうございますぅ♪と喜んでまとまって座る私たち(^◇^;)。

Img_3463_r Img_3467_r
ロープウェイからはだいぶ高度が上がってくると富士山の頭がくっきり見えた。そして大涌谷近くまで来ると、その全体像を少し離れたところから見下ろせる。

大涌谷到着。
あちこちでかなりもうもうと白煙がでていてなかなか壮観。
Img_3471_r Img_3475_r

噴煙を前に、誰かにみんな一緒の写真を撮ってもらおうかなどと言ってるとちょうどさっきのカップルが通りかかったのでシャッターを押してもらう。
おばさんのいうことをきくとご利益があるよぉ~などといいつつお礼を。
こちらもカップルの写真を撮ってあげる。

大涌谷は、噴火の影響で噴煙の近くには行けないようになっていた。寒い。
いつのまにか天候も変わり、とても細かい雪がちらほら降っていた。

Img_3477_r Img_3478_r
神泉の湯の列に並んで手を清めてから延命地蔵尊をお参り。富士山も裾野しか見えなくなっていた。

そしてくろたまご館でさっそく黒卵購入
Img_3479_r Img_3480_r
5個売りで500円。

何度か大涌谷に来ている同僚が、黒い卵の殻をむくと手が黒くなった記憶があるという。
でも今回、ほとんど手に色はつかなかった。さほど硫黄のにおいも感じられない。
卵の製法過程も変わったのかもしれないなぁ・・・

さて、大涌谷を後にし、再びロープウェイで桃源台まで戻り、今度は芦ノ湖を走る海賊船で元箱根港へ
http://www.hakone-kankosen.co.jp/

Img_3483_r Img_3485_r
船は3隻運行していてカラフルでなかなか雰囲気をだしていて立派。窓の上には鉄砲の模型も。

芦ノ湖は3100年ぐらい前に起きた箱根火山の噴火による土砂で当時の川がせき止められできたカルデラ湖。
満々と水をたたえているが、その水は周辺に降る雨が集まることで保っているそうだ。

海賊船では8人で向かい合いの席を確保し、ほとんど景色も見ないままおしゃべりに興じていたらいつの間にかあっという間に元箱根港に到着してしまった。
実際は50分ほど乗っていたようだが(^◇^;)。

Img_3487_r Img_3490_r
徒歩数分で箱根神社へ。
箱根神社は「着実に事業や物事を進める力をもたらす」「大きな志にパワーが働く」関東屈指のパワースポットとのこと。

Img_3491_r Img_3493_r
箱根神社の境内は箱根の大地のエネルギーのみなぎる場所で、龍神水は不浄を洗い清める箱根山の霊水。

う~ん、聞けば聞くほど霊験あらたか(*^^*)。しっかり参拝。満足して神社を後にする。

元箱根港から箱根湯本までは2路線のうちのルート的に無駄のないほうの路線バスに乗る
通常だと960円もかかるが箱根フリーパスで乗れる。今回、2日間を通してパスの恩恵を充分受けられたルート選択だったように思う。

箱根湯本につくと早もうすぐ3時。ここで夕方から用事のある先輩1人が先に帰宅の途へ。
遅めのランチは有名なお蕎麦屋さんで。

はつ花そば
http://www.hatsuhana.co.jp/

始め本店に行ったがお昼をとうに過ぎているにもかかわらず結構並んでいた。それをみて、またここでもう一人の用事があるお仲間も並ぶのを諦めて帰ることに。お二人とも残念。
残り6人で、少し離れたところにある新館の方へ行くと、こちらは並ばずすぐ入れた。
Img_3495_r Img_3496_r
貞女そばをいただく。麺は結構細目でゆで方も固め。自然薯と卵がかかっていたので、せいろそばにしたほうがそばの味がよくわかったかなぁ・・・

結構おなか一杯。 そして、道すがら温泉饅頭や干物などお土産を買いつつ駅へ。
ロマンスカーは直近の2本は満席だったが約50分後発の指定が何とか取れた。
確実に座って帰れるので一安心でした。

ロマンスカーはひとりなのでここでJR組の皆さんとお別れ。
素敵な2日間をともに過ごせたことに感謝(^^♪
またぜひこういう時を持ちたいと強く思った楽しい2日間でした。

2017年3月 1日 (水)

箱根1泊旅行1日目♪(イトウ・ダイニング・バイ・ノブ、強羅公園、伊東園ホテル箱根湯本)

該当者は少ないもののプレミアムフライデー初回の金曜日の後で、手始めに温泉でも行くかという人で一層混んでいたかもしれない箱根
昔勤めていた会社の同僚総勢8名で土日1泊で行ってきました。

私自身は、もう何年前に行ったんだろう、、、ほとんど記憶に残っていません。
でも関東都心からも近い手軽な温泉地箱根はメンバーの中にはもう何度も訪れている人も。
ゆえに観光というよりまったりと温泉につかるのが目的でした(^^♪

Img_3417_r Img_3415_r
行きは旅行気分が盛り上がる小田急ロマンスカーにて、新宿から約1時間23分。

ロマンスカーの綺麗に響く音階の警笛は、幼稚園年中頃まで住んでいた家の近所の公園の丘の上からよく耳にして、、、幼い私はロマンスカーのことを「ポピンポンの電車」と呼んでいました。
その音色はなんとも懐かしい。騒音問題も絡んで一度撤去しその後復活したものの、今では鳴らすのは発車時と入線時のみだそう。
型は違いますが昔ながらの赤白カラーを使った車両も走っています。

箱根を観光するなら箱根フリーパスがお得。
元がとれるようだったらお勧め。いちいち切符をかう手間が省けるのも楽。
小田急系なので、新宿からの乗車でも使えます。
http://www.odakyu.jp/train/couponpass/hakone/

さて、箱根湯本で横浜方面からくるJR組と合流、箱根湯本駅の同じホームから出発する箱根登山電車で約40分、強羅へ。

箱根登山電車は勾配や急カーブも多い本格的な登山電車で、強羅まではスイッチバックが3か所ある
険しい斜面を鋭角的に進行方向を転換、つまりジグザグに登っていきます。
標高は箱根湯本108m、強羅553m、実に標高差は447m。スイッチバックの際、その都度運転手と車掌が入れ替わるそう。

強羅に到着、すぐケーブルカーで1駅登って、レストランへ。

イトウ ダイニング バイ ノブ
http://itoh-dining.co.jp/hakone/index.html

Img_3418_r
先輩が予約してくれたおかげでばっちり個室、思う存分騒がしく・・・じゃなくにぎやかにランチ(^^♪

Img_3420_r Img_3421_r
食前酒はスパークリングワインを。

Img_3422_r Img_3424_r
歯の治療中だったんですが、神戸肉は柔らかく、楽勝でした。

Img_3425_r_2 Img_3426_r
黒コショウの効いたパスタ。アイスはふわっととろけて柔らかい上品なお味(笑)

またまた昔話に花が咲き、近況報告も盛り上がり、時に大笑いの楽しいひと時。
別のキャリアを積んでいたりお孫さんが出来たり(彼女はとてもお孫さんがいるようには見えない(^◇^;))みなそれぞれの人生を過ごしてきているわけだけど、人物の本質というものは本当に変わらないもので、おしゃべりしているとそんな年月が経ってるとは思えないほど見事に時が戻ります。
でもおのずと親の介護や自らの体の不調など年相応の話題にもなり、、、これが歳をとるってことなんでしょうね。

ゆっくりすぎるほど時間をかけてランチを堪能して記念写真を撮った後は近くの強羅公園へ。

Img_3429_r Img_3435_r
Img_3437_r Img_3439_r

季節的に今満開の花もさほどなく、温室の花をさっと見た後は徒歩で強羅へ。
そして登山鉄道で箱根湯本まで戻り、箱根界隈のホテルや旅館に送迎してくれるオレンジ色のシャトルバスにて宿へ。
http://www.hakoneyumoto.com/news/5

伊東園ホテル箱根湯本
http://www.itoenhotel.com/search_hotel/hotellist/805_hakoneyumoto/tabid/143/Default.aspx

なんと1泊8250円(入湯税込)、めちゃ安い!
朝食も夕食もバイキング。某サイトの口コミにはいろいろ書いてあったけれど値段の割に頑張っているかなと。

温泉は露天と大浴場の2か所。硫黄はほとんど感じられないほどの無色透明な柔らかいお湯。
まず着いてすぐの明るいうちに露天風呂へ。

Img_3451_r Img_3452_r
バイキング形式の夕食。アルコールもビール、日本酒、チューハイ等、飲み放題

夕食後は大浴場へ。
そして夜は空いていた多目的室で、宴会(^^♪
箱根湯本のコンビニで買ったお酒を飲み箱根土産をつまみつつ貸し切り状態で思う存分おしゃべりできたのでした。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »