2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ラスベガスお土産編(^^♪ | トップページ | 秋田1日目-2(秋田市民市場、比内地鶏「本家あべや」、竿燈) »

2017年7月11日 (火)

秋田旅行1日目-1(秋田市内(千秋公園の御隅櫓、ねぶり流し館、旧金子家住宅、秋田市赤れんが郷土館))

夫の出張に便乗で秋田に行ってきました。
秋田を訪れるのは2度め、ずいぶんと昔に田沢湖、乳頭温泉郷に行って以来で**年ぶりです(笑)

新幹線は秋田方面に向かうこまちと青森方面に向かうはやぶさが盛岡まで繋がっています。東京から秋田まで約3時間50分。

Img_6377_r Img_6397_r
盛岡までは新幹線らしい速度で、その後は一部単線になるためすれ違いなどでスピードが落ちます。でも在来線ほど遅くなく思ったよりも早い印象でした。

秋田駅到着。

Img_6401_r Img_6402_r

荷物を預けにホテルへ。

リッチモンドホテル秋田駅前
http://richmondhotel.jp/akita/

Img_6542_r
ビジネスホテルとしてはとても高級感があるリッチモンドホテル。
シングルでも広めの部屋、デスクもゆったり、椅子も快適。洗面所やバス・トイレも段差がない。女性にはアメニティのサービスがあり。

さて、まずはホテルからもさほど遠くない秋田藩主佐竹氏の居城、久保田城跡へ向かう。
途中、市内中心地にあるエリアなかいちに寄る。
商業施設、県立美術館、交流館、そして広場がある。
Img_6584_r
「にぎわい交流館AU」。ちょっとした多目的ホール・図書館のような感じで椅子・机が並べられていて地元の人も調べものに勉強にと使っているようだった。

県立美術館はちょうどお休み期間内だった。

Img_6408_r Img_6448_rImg_6409_r
城跡へ向かう坂道をのんびり登っていきます。マンホールは竿燈(^^♪
途中佐竹史料館があったので見学。

佐竹氏は源氏の流れをくむ名門で、関ヶ原合戦の後、常陸から秋田に転封された。
源氏から中近世大名、華族として現代まで残っている名門。

城跡は千秋公園として整備されていて、お城は残っていないが見張り台として使われていた御隅櫓(おすみやぐら)から秋田市街地が展望できる。
(秋田市内は巡回バスが1時間に3本程度運行されているが、徒歩で充分回れる範囲。「ゆらら」という秋田のフリーペーパーには詳しい地図も乗っていて便利でした)

Img_6411_r Img_6415_r
観光客もまばら、落ち着いて周れる。立派な表門。
気温は高めだけど日影は風が気持ちいい。秋田市内の気温は同じ秋田の街の中でもちょっと低めのよう。この時は25度弱。

Img_6419_r
初代藩主と思いきや12代藩主佐竹義堯(よしたか)公銅像、久保田藩最後の藩主。

Img_6424_r Img_6440_r
Img_6430_r Img_6435_r
御隅櫓からの眺めはとても気持ちがよかった。
遠く男鹿半島あたりの風力発電機が見える。

さて、公園を後にし、次はねぶり流し館へ。
秋田の民俗行事竿燈まつりは今年は8月の3~6日。

Img_6453_r Img_6456_r
この芸能伝承館は3階までの吹き抜けになったホールに竿燈が展示されている。
大中小の竿燈は、それぞれ大人用、中若(中学1~3年生用)、小若(小学校4~6年生用)

受付の女性が教えてくださったがその日はラッキーなことに、七夕なので竿燈が7台、さきほど通ったエリアなかいちの広場で7時から本番さながらの練習があるという。
やった、実演がみられる(^^♪ ここでのこの情報はありがたかった。

伝承館のすぐ隣は旧金子家住宅
こちらは江戸時代後期の商家で主屋と土蔵が残されている。

Img_6487_r Img_6485_r
土蔵。中はかなり広い。

Img_6489_r Img_6493_r
横長に広く2階建て、店、客間、使用人部屋等当時の伝統的な商家の建物を垣間見ることができる。

Img_6496_r Img_6486_r
右は天水甕(てんすいがめ)。屋上に配置された防火用の甕で秋田の町家の特徴。
実際に使用されていたものを展示している。意外と大きい。重そう・・・

そして徒歩数分、秋田市赤れんが郷土館へ。

Img_6497_r Img_6500_r
途中、道路沿いにこんなな~んにもない場所があったりする。広い(^◇^;)・・・
七夕の飾りが可愛い。「秋田美人と結婚できますように」なんて短冊もあった(^m^)

こちらは旧秋田銀行本店。明治42年着工45年完成。
Img_6503_r Img_6509_r
Img_6513_r
外観の1階は磁器白タイル、
2階は赤煉瓦。内部もバロックの手法をとりいれていて階段も大理石。

Img_6530_r Img_6534_r
Img_6519_r
2階には秋田の誇る木版画家勝平徳之記念館、人間国宝の鍛金家関谷四郎記念室があり。 (市内のこういった見学場所はほとんどが夏場でも4時半までが多いようなので注意)

« ラスベガスお土産編(^^♪ | トップページ | 秋田1日目-2(秋田市民市場、比内地鶏「本家あべや」、竿燈) »

2017.07.07~9 秋田(秋田、角館、鷹の湯温泉)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/65521121

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田旅行1日目-1(秋田市内(千秋公園の御隅櫓、ねぶり流し館、旧金子家住宅、秋田市赤れんが郷土館)):

« ラスベガスお土産編(^^♪ | トップページ | 秋田1日目-2(秋田市民市場、比内地鶏「本家あべや」、竿燈) »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!