2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 秋田3日目-2 (川原毛地獄、泥湯) | トップページ | 函館1日目-2(旧イギリス領事館、元町教会群、ベイエリア、ウイニングホテル) »

2017年8月 1日 (火)

函館1日目-1(星龍軒、元町(旧相馬邸、旧函館区民公会堂))

7月28~30、夫の出張に合わせて函館に行ってきました。
やっぱり函館、涼しかった。夜は半袖だとちょっと肌寒いぐらいでした。
1日目は雨に降られてしまいましたが、2日、3日目は天気に恵まれました。
函館、私は中学の時以来・・・

10時20分羽田発11時40分函館着。バスで函館駅へ(約20分)。
前日から函館入りしていた夫が函館1番人気のラーメン屋に並んでいて間に合って合流、さらに15分ほど並んでやっと入店。

星龍軒
http://www.seiryuken.com/

Img_7253_r Img_7257_r
函館名物は塩ラーメン。私はどちらかというと濃厚な醤油ラーメンや味噌ラーメンの方が好きだけど、塩ラーメンもあっさりしていておいしい。麺は中細ぐらい?そんなに柔らかくない。

その後ひとまず解散、夫は目的地へ、私は荷物を置きに市電でホテルへ。

Img_7264_r

荷物を預かってもらい、まずはホテルのある末広町から日和坂を登って旧相馬邸へ。

坂が多い。やはり同じ港町の横浜と似ているけどよりこじんまりと落ち着いている感じ。
で、やっぱり中国人観光客を結構見かける(^◇^;)

Img_7268_r Img_7291_r
傘を差さないとぬれるほどの雨。でも気温は心地いいぐらい。正面は函館山。
可愛いマンホール(^^♪ 

旧相馬邸
http://www.soumatei.com/
豪商相馬哲平の館。
相馬哲平は越後(新潟)から28歳の時に大志を抱いて函館にわたり、函館戦争の中、米の価格が上がることを見越して大勝負にでて巨利を得、その後もニシン漁の投資などで北海道屈指の豪商に上り詰めた人物。

Img_7290_r 
客人をもてなす洋間、お湯が出るように水が温められて出てくるように工夫された蛇口のついた箱、当時の最先端だったであろう設備の数々。
高級木材を使った広い和室、函館湾が一望できる風情のある庭。
なかなか見ごたえがありました。


ガイドが日に4回あるそうで、それ以外の時間も音声ガイドで楽しめます。
ここ、面白かった。行ってよかったです、お勧め。

そして元町公園横を通って旧函館区公会堂へ。
http://www.zaidan-hakodate.com/koukaido/
ここも先ほどの相馬哲平の巨額の寄付にも助けられて創設された。
明治40年の大火で「町会所」なども失われ、有志が公会堂建設の寄付を募ったものの足りずだったところを、自身も火事の被害を被ったにもかかわらず相馬哲平が巨額の寄付をしたという。
かつて大正天皇の行啓の宿舎として、また昭和天皇の御来道にも使用された建物。
昭和32年からは函館市公会堂として使用されてきたが、その後保存修理で昔の姿が再現され公開、現在はコンサートホールとして使われている。

Img_1616_r Img_7296_r
堂々とした佇まい。季節柄あちこちで紫陽花が綺麗

Img_7304_r Img_1623_r
Img_1622_r Img_7308_r
ホールの広さは学校の体育館のよう。床がつるつるで光っている。
テラスから函館湾を望む。

« 秋田3日目-2 (川原毛地獄、泥湯) | トップページ | 函館1日目-2(旧イギリス領事館、元町教会群、ベイエリア、ウイニングホテル) »

2017.07.28~30 北海道(函館)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/65607965

この記事へのトラックバック一覧です: 函館1日目-1(星龍軒、元町(旧相馬邸、旧函館区民公会堂)) :

« 秋田3日目-2 (川原毛地獄、泥湯) | トップページ | 函館1日目-2(旧イギリス領事館、元町教会群、ベイエリア、ウイニングホテル) »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!