2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 函館2日目-1(朝市) | トップページ | 函館2日目-3(トラピスチヌ修道院、ルートイングランティア函館駅前) »

2017年8月 4日 (金)

函館2日目-2(五稜郭タワー、箱館奉行所、スペイン料理「バスク」)

駅近くの宿泊ホテルロビーで夫と待ち合わせ(^^♪

市電で函館駅から五稜郭公園前へ。
五稜郭は新タワーが2006年4月に完成、以前のタワーより高く展望台は高さ90m、函館市内や津軽海峡など360度見渡せる。

Img_7622_r
混まないうちにと先にその五稜郭タワーへ。

五稜郭は日本で初めての西洋式の城塞。海の近くにあった箱館奉行所(江戸幕府の役所、函館ではなく箱館)が異国への防備強化ということで移転、ヨーロッパの城郭都市を参考に星形の城塞が考案された。
のちに旧幕府軍と政府軍による箱館戦争の舞台となる。

Img_7588_r Img_7614_r
桜の季節は綺麗らしい。見てみたいなぁと思う。真ん中は再現された奉行所。

Img_7615_r Img_7617_r
あの赤い建物、ちょっと景観を損ねてるような(^^;.....。
エレベーター内では昇降の際、ちょっとした映像が映し出される

Img_7597_r Img_7599_r
ちょうど函館山と反対側から函館市内を見ている感じ。
こちらのほうが函館山よりは低いけどここも夜景がきれいかも。

そして五稜郭の真ん中に位置する箱館奉行所は平成22年に復元工事が完了、公開したばかり。

Img_1705_r Img_7632_r
当時の写真や文献、発掘調査などを参考に全国から終結した職人の匠の技で当時の姿が再現された。
その復元工事の様子の動画があり、忠実に再現するための技や工夫がすばらしい。

Img_7633_r Img_7648_r
襖を開けると72畳の広さになる大広間。右は3種の釘隠し。部屋の格式によって分けられている。

奉行所は実際にはもっと広かったようだが、写真などの資料が乏しく、全部を忠実に再現するのは困難と判断され現在の部分のみの建設となったとか。
建物自体は新しいとはいえ、当時の伝統建築の佇まいを感じることができた。

そして、ランチは予約していたスペイン料理のバスクへ。
Img_7666_r Img_7672_r
閑静な住宅街にある。

メニューは季節に合わせて用意している感あり。1皿目~3皿目を、それぞれの中から選ぶ。

Img_7674_r Img_7677_r
王様しいたけのニンニク油煮(アヒージョ)、はこだて夏の野菜冷製スープは畑で採れた野菜を使っているとか。
Img_7685_r Img_7689_r
はこだて男爵黒豚のすね肉のリヨン、肉がめちゃ柔らくて美味。
デザートは裏の畑のキイチゴのアイスも。


素材の味を生かしたスペインのバスク地方の料理、函館で頂けるとは思わなかった(^^♪
美味しかったです(*^^*)

« 函館2日目-1(朝市) | トップページ | 函館2日目-3(トラピスチヌ修道院、ルートイングランティア函館駅前) »

2017.07.28~30 北海道(函館)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585189/65619924

この記事へのトラックバック一覧です: 函館2日目-2(五稜郭タワー、箱館奉行所、スペイン料理「バスク」):

« 函館2日目-1(朝市) | トップページ | 函館2日目-3(トラピスチヌ修道院、ルートイングランティア函館駅前) »

海外現地オプショナルツアーを予約するならここがお勧め!私もよく利用しています!