2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

« シダとキーウィの国NZ(マウントクック(ボーウェンブッシュウォーク))11 | トップページ | 南十字星の国NZ(レイクテカポ)14 »

2019年11月26日 (火)

南十字星の国NZ(レイクテカポ)13

2019.11 ニュージーランド|旅って楽しい!Amyのlet's enjoy life♪ (ameblo.jp)

 Img_2914_r
微妙な天気の中、のどかな牧場が広がる道をバスは走ります・・・
羊も牛もいろんな種類がいて、顔だけ色が違ったりブチだったり毛の質が違ったり。容姿が違う羊、牛もみんな一緒に草原に放たれていたり、親子だけで分けられていたり。
牧草を食べていたり座ってくつろいで(いるように見える(笑))いたり。。。

4時前、レイクテカポのホテル到着。

バスは他のホテルに泊まる人、そのままレイクテカポをちょっと観光してからクライストチャーチまで行く人、レイクテカポ観光の後マウントクックへ引き返す人などいろいろで、ここで降りたのはσ(^_^)一人でした(^◇^;)

ペッパーズ・ブルーウォーター・リゾート
https://www.peppers.co.nz/bluewater/


Img_2919_rImg_2926_r
部屋はまぁまぁ。ただこのベッド、なんちゃってキングベッドで、シングルベッドにセパレートするものだったので寝心地がイマイチでした。結局真ん中に寝られないし💦

荷物を置いて落ち着いたところでさっそくレイクテカポへ。
湖畔の商店・レストランが並ぶこじんまりとした通りは歩いてすぐ。そこをつっきり湖畔へ。

Img_2942_r_20191126112301Img_2955_r
この橋を渡る。河原からみた橋。ルピナス満開の季節(^^♪  

Img_2968_rImg_2999_r
善き羊飼いの教会。この地を開拓した家族のために周りの石を集めて建てられたもの。中は写真不可。右はバウンダリー犬の像。開拓時代の犬たちの働きをたたえて1968年に造られたもの。  

Img_3028_rImg_2991_r_20191126112301
春にはルピナスが咲き乱れる。ルピナスはもともと外来種で繁殖力が強く牧場が荒れる原因になったりするのでNZでは雑草扱いされていて、一部駆除もされているらしい。湖の周りも例外ではないようで時々減らしているらしい・・・

Img_3054_rImg_3018_r
テカポ湖の水は澄んでいてきれい。雲が多いせいか、この日は湖の色も白っぽく見える。

ホテルに戻り、ホテルレストラン「Rakinui」でコースディナー(ツアーに含まれている)。

Img_3075_r Img_3067_r
ワインは重くない飲みやすいものを選んでもらう。
Img_3068_rImg_3071_r
本日のスープ。野菜系、濃厚でおいしかった。メインは肉か魚で、魚のサーモンをチョイス。テカポ湖はサーモンの養殖で有名。 脂がのっていて肉厚、皮もパリッと焼いてありおいしかった。
Img_3073_r Img_3074_r  

食後は部屋へ。天気は雨模様・・・晴天率が高いらしいのに(~_~;)・・・
その日は夜9時半からの天文台星空ツアーを申し込んでいた。
レイクテカポは世界でも有数の美しい星空がみられることで有名で、なんでも星空を世界遺産にする動きもあるらしい。
レイクテカポ周辺は灯りをできるだけ抑えている。

チェックインの時に、ホテルの人が「昨日も中止だった、ただ2時とか、夜中晴れてくれば星は雲の切れ目からみえることもありますよ」と。
そして星空ツアーはやはり中止に・・・

ネットで夜の天気予報を検索すると、夜中すぎあたりから雨の確率は0になっていた。
よ~し、早めに寝て夜中起きてみよう。。

結局ベッドに入ったのは10時半過ぎ。2時半に目覚ましをセットしたけれどほかの部屋の何かの音が響くしなかなか寝られず。なんとなく12時半ごろ目が覚めたので防寒着を着て外をみにいくが、まだ全く見えず、部屋に戻る。
次に目が覚めた2時15頃、確認しにでたけどまだ月と2つの星しか見えず。

さて次は目覚ましで3時45分に起きる。3度目の正直、部屋着で外に出てみると雨は完全にやんでいてちょっとだけ星がみえた。 

よし、防寒具を着て湖へ行ってみようと部屋に戻ろうとすると、なんとポケットに入れていたのは部屋の鍵ではなくスーツケースの鍵だった(^◇^;)・・・
あわててフロントまで行き、事情を説明して部屋の鍵をまたもらったのでした。
フロントが24時間対応でよかった(^◇^;)・・・

Img_3092Img_3098 
こんな時間に一人歩きはやっぱりちょっと不安があったが、、、
湖畔近くまで行くと同じようなことを考えてきている人がちらほらいた。

Img_3129
この日は月も満月の数日前で明るかったので、月明かりが目に入らぬよう、教会で月を隠して空を見上げる。

雲が多いものの、切れ目に、スペースがすくないものの少しだけだけど星が見えた。少しだけといっても日本よりはやっぱりよく見えていた。結局1時間近く星を眺めて過ごしました。星空って飽きないなぁ。。

  Img_3111

iPhoneの普通の設定で撮ったオリオン座。日本と逆向き。真っ黒だけど見えますか(^◇^;)??
実際はこの周りにも小さい星が見られました。写真には写らないけどね。

満天の星も天の川も見られず非常に残念だったなぁ・・・
でも根性で少しでも見られたから一応よしとしよう(笑)・・・

« シダとキーウィの国NZ(マウントクック(ボーウェンブッシュウォーク))11 | トップページ | 南十字星の国NZ(レイクテカポ)14 »

2019.11 New Zealandニュージーランド(Auckland,Queenstown,Mt.Cook,Lake Tekapo)」カテゴリの記事

コメント

>大樹さん
テカポ湖に行かれたんですね(^-^)/
σ(^_^)はなによりも「満天の星空」が見られなかったことが非常に残念でした。
ずいぶん昔、アメリカに行ったときに某所で見た星がそれはそれはすばらしかったので、、、
天の川や流れ星、、、そんな星空をまたぜひ見たいと思っていたのです。
晴天率が高い場所だっただけに本当にがっかりでした。
いつかどこかで星空、リベンジしたいです。

テカポ湖編、拝見しました。
同じところに泊まられていますね。自分みたいなプロレタリアートはこのようなリゾートホテルに汗をかいてしまいます。
テカポ湖と言えばルミナス、やっぱり鮮やかな色合いがいいなあ、と見ていて思ってしまいます。
夜空の星、やっぱり天気に左右されてしまう故に辛い所ですよね。
お月様が北側から上がってきたことにちょっとした感動を覚えた自分です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シダとキーウィの国NZ(マウントクック(ボーウェンブッシュウォーク))11 | トップページ | 南十字星の国NZ(レイクテカポ)14 »