2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月30日 (木)

金沢の旅3日目(5)

3日目の朝。 部屋の半露天風呂でゆったりまったり。部屋にお風呂があるっていいですよねぇ・・・

朝食をばっちりいただいた後、チェックイン前にまた大浴場にさっと入ってしまいました(笑)
Img_8160_r Img_8147_r
Img_8146_r
私が座った席からは庭が見渡せました。素晴らしい環境です。

Img_8210_r
チェックアウト後、バス停まで自家用車で送ってくださいました。
バスの時間に合わせてちょっと余裕があるという事で、ちょっと遠回りになるけれどと犀川や田園風景の広がる気持ちのいいルートを通ってくださいました。 別れ際には金箔入りの袋入り飴のお土産までくださいました。
本当に素敵な接客ぶりでした。この旅館の滞在、とてもとても満足です。今後も繁盛しますように。

バス停「末」から金沢駅へ。
当初、駅のコインロッカーに荷物を預けてどこかに行こうと思っていました。でも駅に着いたのはほとんど11時近くで新幹線は1時少し前発、
2時間ぐらいしか時間もない。「にし茶屋」は行ってなかったけど規模も小さく少し遠いので時間的にも無理、開いている主なところは行ったし。おなかが空いていればまた近江町市場もいいけどおなか一杯だし・・・ということで、駅で時間を過ごすことに。
Img_8222_r Img_8232_r
鼓をイメージした鼓門。大きい。

ゆっくりとお土産をみて選んだあとはとりあえず駅ビル「あんと」内にある「黒百合」で軽く名物のおでんを。
Img_8245_r_20210930104701
竹輪とだいこん、つみれの3品を注文。
あとでわかったのですが、バラで買ったので結局定食より高くついちゃったみたい。
味は・・・結構薄味。うまい!というほどではなかった(;^_^A
そして金沢駅のスタバでコーヒーを飲んだりしてすごしました。

今回の旅行で購入したものは・・・
Img_8258_r Img_8271_r
金箔入りのネックレス、ひがし茶屋にて購入。九谷焼の小皿。
Img_8265_rImg_8266_r
九谷焼の徳利とおちょこ。

Img_8269_r
金箔入りのハンドクリームとアイシャドウ。ひがし茶屋にて。

Img_8274_r_20210930104701 Img_8273_r
近江町市場で買ったエビのほしたものとシジミ、ふぐ。

Img_8260_r Img_8264_r
金箔入り七味とスイートポテト(駅にて)
Img_8263_r Img_8275_r
金箔入りきんつば。(駅にて)
Img_8253_r
おまけ。金沢プリン。赤い部分は珍しいブドウ「ルビーロマン」の味。石川県農業総合研究センター砂丘地農業試験場が14年の歳月を費やして育成した新しい品種だそうです。

以上でした。やっぱり旅はいいですね!!

2021年9月23日 (木)

金沢の旅2日目(金沢犀川温泉 滝亭)(4)

「南町・尾山神社」から約25分ほど。中心部からさほど離れていないのにそこまでくると、あたりはガラッと変わってくる。
田んぼや畑、そして山々。とてものどかな雰囲気。

バス停「末」で下車、宿泊旅館がバンでお迎えに来てくれている(バスに乗る前に電話連絡)。

Image0_20210926203401 

HPより撮った写真。この写真の奥が旅館。田んぼの真ん中の道をずっと行った先、右側は犀川(さいがわ)。

金沢犀川温泉 「滝亭」

【公式】金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭|石川県金沢市の料亭温泉旅館 (takitei.co.jp)


Img_8057_r
中からお出迎えして頂き荷物を持ってくれ、広々としたロビーに案内される。ゆったり座りウエルカムのお茶とお菓子をいただきながらチェックイン。 接客もすばらしい。
するとなんと!キャンセルが出たとかで、部屋が和室から洋室の半露天風呂付特別室ツインのシングルユースに変更してくれていた!
とてもうれしい(^-^)/ ちゃんと部屋まで案内してくれる。フロントからちょっと歩く。

一人では本当にもったいない特別室「雪うさぎ」。
Img_7994_r 
Img_7993_r Img_8090_r
広々とした部屋。ツインベッドの横にテーブルとイス、その左側(ドア側)にお茶などや水道と冷蔵庫。
その奥は洗面と半露天風呂、シャワー(洗い場)。
ベッドの頭の上のところにはミニコンポがあり、癒し系のCDが備え付けてある。 

Img_7997_rImg_8007_r
並々とお湯がはってある。

最高です!ここに泊まることにしてよかった! 金沢があちこちの施設が閉まっていて時間を持て余しそうなので急遽1泊をこちらに変えたのが正解でした。 もうのんびりと温泉を楽しむ1日です。

Img_8013_r Img_8017_r Img_8021_r
大浴場に行く途中にあるまくらのコーナー。部屋の枕が合わないかなと思う人はこの枕をもっていっていいそうです。
宿の庭園、とてもゆったりしている。あちこちにウサギや鹿など動物の置物。
Img_8015_r Img_8039_r_20210926205601
この建物が大浴場。本館側のその手前に、庭園の滝を見ながら浸かる足湯のコーナーも。
Img_8031_r Img_8023_r
こちらが大浴場の内湯。広々としているし景観もよい。その横の露天風呂もすぐ近くに滝が見え気持ちがいい。
いやぁ~~疲れも一気に取れます。温泉はいいですね、特に自然に囲まれた中で貸切状態は素敵!

Img_8043_r Img_8194_r
廊下のあちこちに美術品が飾られている。チェックインしたときに頂いた館内案内図に解説してある。

夕食は食事処にて。仕切りもあるしかなり間隔をあけていて個室状態。他のお客さんと顔を合わせることもなかった。
Img_8106_r_20210930104401 Img_8108_r
おしゃれな虫かご風のふたがされている。

Img_8112_rImg_8113_r
松茸土瓶蒸し 鱧など。
Img_8115_r_20210930104501Img_8116_r_20210930104401
秋鮭と銀むつのエリンギ絹かつぎ(名前がおしゃれ(笑)) レンコンのカニあんかけ
Img_8117_r Img_8118_r
エビなどの揚げ物 能登豚

Img_8121_rImg_8119_r
 Img_8124_r Img_8125_r
この旅館、ご飯がとてもおいしかった。お米も炊きぐあいもいいのかな。

ひとつだけ気になったのは一つ一つ出てくるのが遅かったこと。待っている時間が長くておなかがいっぱいになってきてしまうのでさすがに途中でもう少し早くお願いできないかと伝えました。

Img_8136_r Img_8138_r
夜もまた露天風呂へ。ローションが金箔入りなのはさすが金沢(^^♪

その後、部屋の半露天風呂も堪能しました。満足の1日でした~

2021年9月19日 (日)

金沢の旅2日目(近江町市場(いきいき寿司),主計町界隈(暗がり坂,あかり坂),ひがし茶屋,長町武家屋敷跡(九谷焼窯元鏑木)(3)

2日目の朝。朝食は部屋でと思っていたが、徒歩数分で行ける近江町市場で朝早くからやっている寿司屋があり、しかもミニ海鮮丼があるというので行ってみた。

いきいき亭
近江町市場の武蔵交差点にほど近い武蔵口を入ってすぐ右側にあり(^^♪
Img_7692_r
Img_7684_r_20210919154801
マグロ、アジ、いか、海老、カサゴ、あぶったふぐなど。ふぐは厚みもあり歯ごたえ、甘みがちゃんと感じられた。
Img_7689_r
あらのお味噌汁付き♪

Img_7693_rImg_7694_rImg_7698_r
そのまま近江町市場をざっと歩く。まだ時間が早いので閉まっているお店も多い。おいしそうだったエビ、ふぐの干したものなどを購入。

この日はまずひがし茶屋に行くつもりでいて、ホテルに戻るより距離的に近いのでそのまま行こうかとも思ったが、そうするとチェックアウトの11時までにホテルに戻らなければならず、ちょっと時間的にきついのでやめて一度ホテルに戻る。

チェックアウトし、荷物を預かってもらってから徒歩にてひがし茶屋へ。徒歩だと結構な距離(ホテルから北にある近江町市場まで約7分前後?!、近江町市場から東方面へ約20分ほど)。
ホテルからひがし茶屋に直に行くバスだと本数も少なく、近江町市場まで歩いてそこのバス停からだと本数は格段に増える。
でも王寺町市場からは徒歩でたかだか20分ほどなので、そこまで歩いたならもうバスに乗ることもないかなぁと。。
天気もちょっと暑いかなぁとは思うものの雨が降るよりずっといい。

Img_7713_r Img_7716_r_20210923162001
途中こ~んな古い感じの家も。

Img_7721_r_20210919155801 Img_7724_r
ひがし茶屋に行く途中の浅野川近くに主計町(かずえまち)茶屋街がある。
お茶屋さんはほとんど閉まっている。

Img_7734_r Img_7755_r
裏手は細い路地が続きなかなかいい雰囲気(^^♪。ほとんど人もいないのでなおさら。

Img_7761_r Img_7765_r Img_7772_r
暗がり坂。かつて旦那衆がこの坂を通って茶屋へ通ったとか。昼でも暗いのでこの名が。画像右、階段を上から撮る。

Img_7779_r Img_7781_rImg_7783_r_20210919155901
こちらはあかり坂。暗がり坂と並行している。金沢ゆかりの作家五木寛之が命名。

そして浅野川の大きな橋を渡って右側に行くとひがし茶屋に着く。

そのちょっと手前にある九谷焼のお店と金製品を扱うお店2件を覗いてみる。

Img_7794_r Img_7799_r
九谷焼は色鮮やかなイメージだけど、そうではないものもあり。

Img_7805_r 
金製品のお店、この展示がとても目を引いたのでつい入ってしまい・・・

Img_7810_r Img_7815_r_20210919160101 
数々の金製品を拝見し・・・(写真は許可を取りました)。そして小さいけれどラブリーな感じの金が入った水晶のネックレスを購入(^^♪

ひがし茶屋到着。このレトロな街並み、いいですねぇ~人も少ない。
Img_7819_r Img_7823_r
Img_7825_r Img_7830_r
Img_7891_r
Img_7832_r Img_7835_r
国指定重要文化財 志摩。1820年に建てられたお茶屋を公開している。2階は客間のため、天井も高めとか。
物入れなどもない。

Img_7840_r Img_7845_r
左は通りに面している廊下。

志摩を出た後、ひがし茶屋街のメインの通りのお店を覗きながら歩く。
Img_7873_r_20210919160201 Img_7874_r_20210919160101
Img_7878_r Img_7887_r
通り突き当りにある麩のお店、左側の小さいほうのお店で白玉生麩をいただく。黄な粉、餡、みたらしをつけて。
麩のイメージと違って意外と弾力があった。

最後に茶屋街の入り口に近いところにある、これも金を使った商品を扱っているお店へ。

Img_7899_r Img_7894_r 
金箔が貼ってあるソフトクリームもあり。食べなかったけど。 金を使った掛け軸なども展示されていた。

金沢は金を使った商品が多く売られていてお土産品にも多い。アクセサリーだけではなく美術品、化粧品、食べ物に至るまで。
国内で生産される金箔のほとんどが金沢で作られているそう。金沢は1年を通して湿度が高いため、静電気を起こしにくいという事で金箔の製造には適しているらしい。そして
北陸地方は浄土真宗の信仰が厚く仏壇を持つように加賀藩が勧め、華やかな加賀文化もあったことから金箔をふんだんに使った仏壇や仏具も盛んにつくられたため金箔の需要が高まったことも一因とか。


さて、時刻は1時ごろ。ひがし茶屋を後にし次どこに行こうか。近くのバス停からとりあえずランチはまた近江町市場にまた行ってもいいかと思っていたら、ちょうど香林坊経由金沢駅行のバスが来たのでとりあえずそれに乗車。
香林坊あたりは買い物やグルメが充実している繁華街ということで、ショッピングなどはいいやと思ったものの、路地に入ると行こうと思っていた長町武家屋敷跡があるので香林坊で降りてそこに行くことに。

「水曜どうでしょう」ファンとしては、絵葉書の旅でどうでしょう班が訪れた長町武家屋敷跡は外せないなぁと。(忘れていましたが、前日金沢城公園で「どうでしょうのスマホカバー」をしながらお城跡を盛んに写真を撮っていた人をちらっとみて、あれ?なにかどうでしょうと関係あるのかしらんとたまたま検索して気が付きました(笑))

それがここ!新家邸長屋門。。
Img_7932_r
何の変哲もないここは、「水曜どうでしょう」の絵はがきの旅ロケ地。絵はがきの旅は数ある絵はがきのなかから1枚を引き、その地に行って同じアングルで写真を撮ってこようというミッションの旅。
ここの絵はがきを引いたので、大泉さん鈴井さんたち一向はここを訪れたのでした。

ここ、意外とすぐ見つかりました。長町武家屋敷跡界隈に入るともうすぐ。目立つので探すことなく到着。

Img_7919_r Img_7925_r
Img_7944_r
コロナの影響で有名な野村家なども閉まっていて閑散としてます(^◇^;)
そんななか、九谷焼の窯元鏑木商舗いっぷく鏑木へ。
Img_7965_r
ここでランチにしま~す(^^♪
Img_7946_r
庭には結構な樹齢の木や武家屋敷の古い井戸などが。
Img_7953_r Img_7959_r  
武家屋敷のハントンライスというものにしてみましたが・・・オムライスでした。加賀野菜カレーにすればよかったか(;^_^A?!
量がちょっと多かったかなぁ。 デザートのソフトクリームとコーヒー。庭を眺めながらまったりと。

その後、九谷焼の窯元という事で、九谷焼の食器などを物色(^^♪
家族分の小皿5枚と徳利を一つ購入。

長町武家屋敷跡を出ると鞍月用水沿い。用水はその昔藩の中心部を外敵や火災から守る目的で400年前に作られたもの。
こちらの用水は菜種油を絞ったり農業用水として使った。

Img_7976_r
10分ほどの徒歩でホテルへ。

預かってもらっていた荷物を引き取って「南町・尾山神社」バス停へ。あらかじめ調べておいた「東部車庫行き」のバスに乗る。
この日に泊まるのは金沢市内からさほど遠くないところにある温泉です!

続く・・・

2021年9月18日 (土)

金沢の旅1日目(加賀本多博物館、しいのき迎賓館、金沢城公園、尾山神社、再び三井ガーデンホテル金沢、夕食は「鉄板屋燈(ともしび)」にて)(2)

加賀本多博物館は加賀藩の筆頭家老だった本多家の家宝や武具などを展示している。
赤煉瓦の建物は重要文化財指定。
 Img_7501_rImg_7527_r
手前は歴史博物館、こちらは休館中。

Img_7505_r Img_7511_r
五万石から十万石への加増を辞退した際に拝領した家宝、「村雨の壺」。
写真は一部の展示物のみ可。

Img_7516_r Img_7519_r
実際に使用されたとされる法螺貝、扇子、采配など。
前田家から嫁いできた姫君の愛用品なども展示されていて興味深い。

その後は兼六園横を歩き石川県しいのき迎賓館へ。
Img_7530_r Img_7531_r
道沿いにある正面玄関ではない兼六園入り口。ここまで来て入れないとは残念。リベンジしたいなぁ。

Img_7533_r Img_7536_r
玄関前に樹齢300年のしいのきが2本。大正時代に建てられた旧石川県庁舎。

Img_7537_r Img_7541_r
今は観光案内所、フランス料理店、ギャラリーなどがある。鉄道写真展が開催されていた。

迎賓館前、広範囲には金沢城公園観覧できる門や長屋など、ほとんどが閉園。。
公園の一角を歩く。

Img_7551_r
Img_7557_rImg_7577_r
Img_7589_rImg_7576_r
金沢城の石垣にはさまざまな形式のものがあり、石垣の博物館ともいわれている。

Img_7568_r Img_7572_r
2020年に再建されたばかりの鼠多門。この門をくぐり、橋を渡って公園を出る。

すぐ前は尾山神社。
Img_7606_r Img_7608_r
神社らしからぬベンチ?!蓮の上にはカエルが数匹。面白い。前田利家像。
Img_7616_r Img_7618_r
前田利家と正室お松の方を祀る。神門には五彩のギアマン(ガラス)が輝く和洋漢折衷。
夜はライトアップされるそうだが、それも今は休止中。

一日よく歩きました。宿泊ホテルはここからすぐ。

三井ガーデンホテル金沢
https://www.gardenhotels.co.jp/kanazawa/

Img_7627_r Img_7628_r
エレベーターロビー前のオブジェ。ビジネスホテル範疇でありながら高級感がある。

Img_7630_rImg_7634_r
モデレートクィーンシングルユース。
Img_7635_r Img_7632_r
冷蔵庫にはミネラルウォーター。
Img_7674_r
癒しの音楽を映像とともに流してくれるチャンネルが用意されていました。

そして、ここのお勧め、この大浴場。最上階13階にあり金沢の町を見渡せる。
Gents-bath_night_1 Ladies-bath_day_3
画像はHPより。

さて、夕食は肉が食べたい!ということで事前に予約していたお店へ。(海鮮は次の日という事で)
ホテルからは駅方面に20分ちょっと歩いたかなぁ。。

鉄板屋 燈(ともしび)

Img_7645_r Img_7647_r
いやぁ、やっぱり飲食店は厳しいですね。入店から出店まで誰も来ませんでした・・・

Img_7650_r Img_7653_r
コースをアレンジして頂きました。サラダも茸など、焼いているので香ばしい。

Img_7656_r Img_7659_r
タコに白髪ねぎ、そして待望の能登牛ステーキ!

Img_7660_r
ミディアムレアの焼きぐあい、柔らかくて最高でした!!

Img_7665_r Img_7668_r  
〆はミニお好み焼き。 この建物の3階で営業中!
今の金沢の状況など、少しお話しました。とても気さくなご夫婦、お二人で切り盛りしていらっしゃいます。
メニューは好みでアレンジしてくれます。内容が充実しているしリーゾナブル。
金沢でおいしい肉を食べたいと思ったらぜひ! 柔らかくて上質な能登牛でした、お勧めです!!

宿に戻り、大浴場へ。
誰もいなかったので独り占めで堪能できました。疲れもとれる~~
1日目終了です(^^♪

金沢の旅1日目(8番らーめん、三井ガーデンホテル金沢、金沢21世紀美術館、成巽閣)(1)

9月14~16、2泊3日で金沢へ行ってきました。リフレッシュという事でなんと一人旅です。当初緊急事態宣言も金沢の蔓延防止措置も解除後だったんですが、やはりというか、金沢も主な観光地はほとんど休業という事態。その中、開いているところを探しつつそれなりに楽しんできました。長崎と同じく、こちらもいつかリベンジかもしれません(;^_^A。

東京発10時24分、金沢着12時51の新幹線「かがやき」にて。車内は案の定前後左右開いていてガラガラ。2人席の窓側をとっていたけど日が当たらない3人席の方でもよかったかも。

Img_7376Img_7379Img_7380_r
到着し、金沢駅ビル「あんと」内で八番らーめんを。一番隅の席に案内され、注文はタッチパネルにて。8番らーめんは金沢発のソールフードで炒めた野菜が沢山のっている。味は味噌、塩、しょうゆ、とんこつ、バター風味(チャーシューなし)のなかから選べる。ちょっと迷ったけど無難に塩にしてみる。麺は太目。ちょうどよいあっさり目の塩味でした。とんこつなんか、合うかもしれません。

Img_7382_r
兼六園側出口から駅を出ると向かって左側にバスロータリー。8番線にちょうど到着していたバスに乗る。近江町市場の次の「南町・尾山神社前」にて下車。ホテルへ。(近江町市場まではどのバスも行くが、その先は分かれるので注意)

三井ガーデンホテル金沢
https://www.gardenhotels.co.jp/kanazawa/
Img_7386_rImg_7390_r
縦に並ぶ木が目隠しになっていておしゃれな外観。金に輝く自動ドア前。
Img_7389_r
Img_7388_rImg_7387_r
落ち着いた佇まいのロビー。コーナーにはこんなかわいらしい鹿。

まだチェックインには早いので荷物を預かってもらい、さっそく外へ。

閉まっているところも多いので、まずは金沢城公園方面へ。開いている数少ない見どころが閉まる前に向かいます。
Img_7393_rImg_7394_r
時折薄日が差し、暑い。左側なんと結納屋とか。結納品を扱うお店なんて珍しいなぁ。左は2020年に再建したばかりの鼠多門と鼠多橋。
こちらに行くのはまた後にして、まずは先に歩きます。

Img_7398_r_20210918122001Img_7399_r
金沢城の石垣はいろいろな形式のものが含まれていて必見だそうだ。この辺りは広々としていて気持ちがいい。

Img_7403_r
兼六園は残念ながら閉園。

金沢に来たら必見の金沢21世紀美術館も休館中。でも美術館周りの屋外展示(無料ゾーン)は見学できる。

Img_7406_r_20210918122101Img_7404_r
何気ない椅子もおしゃれ。
Img_7407_r
Img_7411_r_20210918122101Img_7415_r
カラー・アクティヴィティ・ハウス。3原色「シアン、マゼンタ、イエロー」が渦巻き状に並んでいて、見る場所によってさまざまな色を体験できる。色の重なり具合だったり光の当たり方だったりで微妙に色が変わるのでなかなか面白かった。

Img_7420_r
まる。ステンレスの球体が集まって球になっている。

Img_7416_rImg_7425_r
これは美術館の周りの芝生エリアに何か所かあり、2つずつが地中を通して繋がっているとか。
自分の声がどこかにつながっていてそちら側に人がいると会話ができるという仕組み。
外から見た館内のウサギ?の耳の形をした椅子。

Img_7427_rImg_7430_r
山宇亭。右側の戸が昔らしい。

さて、ここからさらに南東に歩く。
Img_7434_r
こちらは旧中村邸。周辺の記念館等も閉まっているので奥の
歴史の小径を上がって石川県立美術館(休館)方面へ。

Img_7436_r Img_7440_r
蝉の声も響くマイナスイオンを感じる心洗われる小径(^^♪

美術館の隣の国立工芸館も休館。もう休館だらけです(;^_^A、仕方ない。。

そして、事前に調べてここは開いている!という成巽閣へ。ここがひとつの目的地でした。
なぜか唯一?!開館、ありがたい。
Img_7452_r Img_7453_r
Img_7457_r
第十三代藩斉泰が母のために造営。室内は写真不可、庭のみ写真OK。

廊下は鴬張りになっているところがあり、キュ、キュっと音がする。特に見ごたえがあったのは謁見の間と群青の間。真ん中の堂々としている謁見の間は欄間の彫刻もすばらしい。裏に武士が控えていた控えの間もあったという。ここにはのちに大正天皇が滞在した際に外国に注文してつけられたシャンデリアもあった。
2階にあった群青の間はとても鮮やかなウルトラマリンが映える部屋で、フランス?!だったかで発明された顔料を前田家はいち早く買い付けたとか。何年も経っているのに本当に鮮やかな目を見張るきれいな青、行った甲斐がありました。

Img_7461_r Img_7463_r
Img_7468_r Img_7469_r 
庭を見渡せるように柱を極力少なくしている縁側。
Img_7472_r_20210918122101 Img_7477_r
2階から見た屋根。

さて、成巽閣を見ることができたので一応満足(笑)。
次は来た道を少し戻り、工芸館の隣にある
加賀本多博物館へ。
レンガ色の建物が連なっていて、隣には石川県立歴史博物館があるが、こちらは閉館。。

続く・・・

2021年9月 8日 (水)

元を取ったと思う買い物をしました(^^♪

ずっと自粛気味の今日この頃。

こんなことで稼いじゃっていいなぁと思うyou tuber、、、その妬み?!もあって前はあまりみていなかったんですが(笑)。
最近海外旅行に行けないこともあり時々某海外旅行者のyoutube、みるようになっちゃいました。

その時にうっとうしいのは広告・・・
仕方ないと思っていましたが、最近買ったこのソフトのおかげで広告を見なくて済むようになりました(^-^)/

AdGuard
https://adguard.com/ja/welcome.html

先月ソースネクストで割引をしていたので永年で使える方のソフトを思い切って買ってみました。
すると、ポップアップの広告だけではなく動画の途中の広告までブロックしてくれる!
とても快適にみることができるようになりました(^-^)/
3台まで使えるので、iphoneと夫のipadに入れました~

ブラウザ上のあちこちの広告がうっとうしいと思う方にもお勧めです(^_-)-☆

 

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »