2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

« 2021年10月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月24日 (金)

BAR de ESPANA Muy at 丸の内 東京ビルTOKIA

もう今月上旬のことですが、結婚前に勤めていた会社の仲間4人で3年弱ぶり?!(コロナ禍前)にランチしてきました。
場所はオフィス街丸の内。
このあたりも新しいビルが次々と建って、当たり前ですが昔とはまったく違う雰囲気になっています。

ランチは駅前のKITTEビルのすぐ前の東京ビルTOKIAの2階にあるスペインバルにて。

BAR de ESPANA Muy at 丸の内 東京ビルTOKIA
BAR de ESPANA MUY バル デ エスパーニャ ムイ 丸の内 東京店【公式】 (owst.jp)

Img_0120_rImg_0122_r
Img_0129_r Img_0134_r
パエリアは大きなプレートで焼き上げたものを見せてくれ、それを取り分けてくれる。
味がしっかりしておりとてもおいしかった。
Img_0136_rImg_0139_r
フォアグラ入りのプディング。4人とも飲める口なのでワインは2本空けました(^◇^;)。
お勧めのお店です!個室を予約していたのですが、線路下のに平行しており街の景観もよくとても居心地のいい空間でした。
ランチコースをゆっくりいただき、久しぶりにおしゃべりをしたあとは街をちょっとだけ歩きました。
日曜だったんですが、結構人手がありちょっとびっくり。(オミクロン株がさほど騒がれていない時です)
Img_0143_r

Marunouchi Bright Christmas 2021
“Marunouchi Bright Christmas 2021「ハリー・ポッター」魔法ワールドからの贈り物“開催決定! - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

Img_0144_r Img_0149_r_20211224114701
丸ビルのメインツリー、Tree of Hogwarts Magicーホグワーツの魔法の樹。

もっと早くご紹介すればよかったですね。もう今日はクリスマスイブです(^^♪・・・

メリークリスマス!!

2021年12月16日 (木)

ワールド・ブレックファスト・オールデイ

先日、娘と変わったところでランチしてきました。


ワールド・ブレックファスト・オールデイ 吉祥寺店
https://www.world-breakfast-allday.com/

Img_0178_r Img_0179_r

日経新聞の記事で知りました。
東急デパートの通りを隔てた北側、セブンイレブンの奥に地味にあります(笑)。
お店は外苑前店と吉祥寺店。

世界各地の朝ごはんがメニュー。
消えつつある世界各地の伝統的な朝ごはんを通して旅にでよう!
というコンセプトで、2か月ごとに国を変えて世界の朝ごはんを紹介しています。

12月1月はポーランド。まだ行ったことのないポーランドですが、コロナ禍になってチェコやハンガリー、ポーランドへの旅行も夢見ているので多少なりとも興味がありました。

というわけで、私はポーランドの朝ごはん。
Img_0180_r Img_0181_r
Img_0184_r_20211216113801 Img_0185_r

リンゴの入ったパンケーキ「ラツーシュキ」。カッテージチーズのような白いチーズにラディッシュ、ネギ、胡椒などが入っている「トゥファルグ」。ジャガイモを焼いたパンケーキ「プラツキ」がワンプレートに。

娘は台湾の朝ごはん。
Img_0182_r Img_0183_r

台湾の朝ごはんは豆乳スープ、もち米のおにぎり、台湾風たまごやき(クレープの様。中にチーズとハム)
台湾、アメリカ、イギリスの3か国の朝ごはんはレギュラーメニュー、いつでも注文できます。

ちょっと気分が変わって面白かったけど・・・
めちゃ美味しいって感じでもなかったかな(^◇^;)。 
私たちはおなか一杯になったけど、たくさん食べる人にはちょっと足りないかも?! 
個人的にはトゥファルグ、おいしかったです(^^♪。


前回はエジプト料理だったような。 2か月ごとに替わるので、興味のある国の朝ごはんを食べてみるのもいいかも?!

2021年12月13日 (月)

チームラボプラネッツTOKYO

先日、お久しぶりのネット友達と豊洲にある「チームラボ」に行ってきました。
それってなんですかって感じかと思います、私も全く知りませんでした。


チームラボプラネッツTOKYO
https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/

Img_9902_r

チームラボとは「集団的創造によってアート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団で、様々な分野のスペシャリストから構成されているアートコレクティブ」とのこと。
ますますなんのことかよくわからず(^◇^;)。

まぁ一言でいうとここは「体験型ビジュアルアトラクション」みたいな感じかな?!

裸足で水に入ることで体験する音と映像の世界、刻一刻と色が変わっていく美しい空間などを自分が入り込んでいって体験するといった思考の、ちょっと変わったミュージアムでした。

撮影はフラッシュをたかなければ自由なんですが、暗いし動きがある映像のためあまりうまく撮れませんでした。

まずスマホ以外の荷物を全部ロッカーに預ける。
そしてミュージアムに入るといきなり水が流れている緩やかな坂。スマホ落としたらアウトなので気をつけながら歩くあせあせ(飛び散る汗)
そして、暗闇の中めちゃくちゃ沈むクッションの上を歩く・・・運動不足を痛感。
(暗すぎて写真は撮れず)

Img_9927_r Img_9929_r
Img_9940_r Img_9944_r

天井からつるされたイルミネーションのライトが美しい空間や・・・

Img_9969_r_20211213162101 Img_9971_r_20211213162101
Img_9963_r  

カラフルな映像の魚が泳ぐ水の中を歩いたり・・・

Img_9978_r Img_9989_r

色が変わってゆく大きなバルーンをつついたり・・・

Img_9993_r

これは圧巻、壮大な音と共に天井全体にカラフルな花の映像が流れる空間・・・


そしてラストは「花と一体化する庭園」
小宇宙のコケ庭と題した空間や・・・

Img_0044_r_20211213162101 Img_0047_r

さかさまにつるされた蘭などの花が上下して花に囲まれた空間を作り、その中心で写真を撮ったり(^^♪・・・

なんだか童心にかえって楽しみました。こういう体験型のミュージアム、歳は関係なく面白いものなのかもしれません。 色遣いがとてもきれいでした!

その後、RF1でサラダ中心のヘルシーなランチを(^^♪

Img_0060_r Img_0061_r

ドリンクのコップ、2重になっていて持っても熱くない。面白い形。
周りに人はいない状態の席で居心地よかった。

番外編。
Img_0062_r

地下鉄豊洲駅。今現在上りと下りのホームが線路を埋めた状態でつながっています。

こちらの友達と会ったのもほぼ2年ぶりでした。こうやって少しずつでもコロナ前に戻っていってほしいなぁ・・・

2021年12月 5日 (日)

やっと会えた(^-^)/~

学生時代の友人とものすごく久しぶりに5人で集まりランチしました。
そのうちの一人は昨年春に5年ほどいたフランスから帰国していましたが、コロナ禍で彼女も含めてみんなとも全く会えず・・・
そうこうしているうちにもう2021年も12月。コロナがちょっと落ち着いてきたので今のうちに久しぶりに会おうということになりやっと実現しました。

予約サイトで予約していたレストランが連絡もなくコロナで休業になっていて手間取りましたがなんとか同じビル内(渋谷東急プラザ)で居心地のよさそうなお店の個室で食事できてラッキー(^^♪
コーヒーも含めてゆっくり2時間ほど滞在。
その後はマークシティ内のホテルのラウンジでお茶(^^♪

ケーキセットを食べてしまいました(笑)・・・
Img_9858_r Img_9859_r
まぁ~まったく久しぶりという感じがしなかった。次から次へと話題が続き、話が尽きず本当に楽しいひとときでした!

話はまったく違いますが。先日オーストラリアの長年のペンパルにクリスマスプレゼントを出したのですが、テロ対策で手書きの郵送はできなくなっていたのですね。
そしてなんと!オーストラリアは今現在船便しか受け付けていないと・・・しかも、今混んでいるので2,3か月かかるかもと。
全然クリスマスには間に合わない!愕然としました~こんなことならもっと早くにだせばよかった。
まったくコロナのせいでいろんなことにしわ寄せがきていますよね・・・あげたらきりないけど。
まず健康でいられることに感謝しなければなりません。
が、本当に早く早く事態がノーマルに向かってほしいです、来年こそ!

塩原温泉郷 湯宿「梅川荘」

日本人の心の友?!、温泉に家族で行ってまいりました。
紅葉にはもう遅いかなぁというタイミングですし、このぐらいの時期になってくると寒い地方は普通タイヤではどうかなという場所もちらほら。
ぎりぎり行けそうな那須塩原にしてみました。

Img_9454

期待通りの秋晴れ(^^♪の中のドライブ、気持ちいいです。

Img_9474

お昼は那須塩原の胡桃亭
予約をしていき、奥の落ち着いた椅子の部屋に案内されました。
Img_9464 Img_9461
天ぷらそば。透明感のある手打ちのそばです。
つゆも濃くもなく薄くもなくちょうどいい。蕎麦湯も濃厚、てんぷらも熱々。おいしかったです。

Img_9476 Img_9538
那須塩原の国道沿いは紅葉がちらほら。
宿までもうすぐという場所にあるもみじ谷大吊橋に寄ります。空気は澄んでいるけどさすがにピリッと冷たい。
http://www.takahara-shinrin.or.jp/mori-no-eki/

Img_9482 Img_9488

Img_9505  
全長320mのつり橋は横風もありさらに寒いあせあせ(飛び散る汗)・・・
Img_9526
紅葉も少し残っていてきれいだったけど、やっぱり寒くて早めに退散。

さぁ温泉温泉っと(^^♪・・・

湯宿梅川荘
http://www.umekawasou.com/

Img_9559_r Img_9562_r_20211205121901

名前はちょっと地味なんですが、小さいながらも(部屋数16)なかなか頑張っている穴場的な?温泉宿です。
男女入れ替え制ではないのでチェックインからアウトまでいつでも入浴可能(^^♪


露天風呂もちょうどいい温度で長く入っていられるし、なにより食事がおいしかった。

この日は満室だったそうです。 旅行業界もこうでなくては困りますよね。

Img_9563_r_20211205121901 Img_9565_r_20211205121901

部屋と、部屋からの眺め。

Img_9567_r_20211205121901 Img_9569_r_20211205121901
Img_9579_r_20211205121901

内風呂と露天風呂。はじめは貸切状態、出るころに他の方が入ってきました。

そしてお待ちかねの夕食。部屋食でした。
お部屋で食べられるのってだらだらできて楽でいいよね~
Img_9600_r Img_9610_r

Img_9620_r_20211205121901 Img_9622_r
Img_9623_r Img_9626_r  

ひとつひとつ丁寧に調理している感じです。イワナのお造り、歯ごたえあり美味。ヤマメの塩焼きは塩分控えめでした。

日付変わって次の朝、朝早い時間に目が覚めたので温泉に向かうとなんと、雪が!!

Img_9652_r Img_9639_r

いやぁ~、びっくりです。雪見風呂、初めてでした(^◇^;) 

Img_9657_r_20211205121901

朝食もおいしかった・・・

雪が降っているので、もう早めに帰ることに。

宿の場所は少し高度があるので雪も下に降りると大したことはないのでしょうが、ノーマルタイヤだし。。
で、外は寒いし雪なのでまたまた帰りに行こうといっていた滝などの観光はパス。
前回の玉子湯の時もそうでしたが、次の日に行こうと思ってるとこういうことがあるんですよね・・・
中学の時に習った「明日ありと 思う心の仇桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは」
を思い出してしまいました。まさにその通りの展開(;^_^A

途中、めちゃくちゃ品物豊富な大きい道の駅によって野菜をしこたま買い込み・・・
Img_9718_r_20211205121901 Img_9719_r
結構賑やかでした。

Img_9742_r Img_9746_r
宇都宮インターでおりまさしの餃子を購入し・・・

再び高速に乗り、ランチは羽生インター「鬼平江戸処」へ。鬼平犯科帳の世界観を再現したそうで、江戸時代をほうふつとさせる佇まい。
Img_9749_r Img_9777_r
Img_9779_r Img_9783_r

 
室内の天井はビーナスフォートのように空の絵が。日が沈んだ後の空。
Img_9751_r Img_9764_r

Img_9755_r Img_9760_r
Img_9763_r_20211205122001  

ここならではのお勧めメニュー五鉄の「しゃも鍋定食」
船橋屋のくずもちを食しました♪

旅行の〆のランチ、雰囲気もあったしおいしかったです! 
この旅行で朝も昼も夜もばっちりおいしいものをいただいてしまって・・・さらに体重も増したのでした(;^_^A


お土産は食べ物のみです。
Img_9796_r Img_9586_r
宿の温泉饅頭と大つり橋の大きな瓦せんべい。
Img_9799_r
Img_9795_r
Img_9802_rImg_9797_r 
Img_9798_r
その他、道の駅で買った野菜や漬物など・・・
いやぁ~本当に旅ができるっていいですね(^_-)-☆

« 2021年10月 | トップページ | 2022年1月 »